国際関係学を学ぶ3つのアプローチ

国際秩序平和

国際社会の
ダイナミズムを学び、
新しい国際秩序のあり方を探る

国際秩序の歴史と現在、そして新時代の展望を、国際政治・国際関係論・国際法・国際経済などの分野から綜合的に学修。戦争・平和・人権から、紛争や経済摩擦まで、幅広い問題を解決するための新たな手法を探ります。

国際協力開発

持続的な社会と
経済発展を両立する
国際協力・開発援助
あり方を学ぶ

途上国の現状や国際協力・援助など、国際的な社会・経済発展の条件や貧富の格差の問題を実践的に学修。政府や国際機関による国際協力だけでなく、企業やNGOなどの活動も視野に入れながら諸問題の解決策を探ります。

国際文化理解

高度な異文化理解力
身につけ、
共生社会の実現にアプローチ

グローバル化が進む現代において、多様な文化や価値観を尊重しあい、共生社会を育てて行くことは重要なテーマです。さまざまな文化や社会を比較考察し、多文化共生の道を探ります。

国際関係学科IR専攻国際公務プログラム

国際関係の学びを
国内外の行政キャリアへと繋ぐ少人数教育

外交官をはじめとする国家公務員や国連職員、地域を支える地方公務員など、行政を担うキャリアをめざす学生が切磋琢磨しながら、グローバルな公共政策や国内外の行政に関する実務と理論を学びます。

TOPICS

 

ゲスト講義実施報告(和歌山eかんぱにぃ:理事 中嶋悦子様)

 

ゲスト講義実施報告(筑摩書房:取締役 伊藤大五郎様)

 

ゲスト講義実施報告(JICA国際協力専門員 三次啓都様)

 再入学

2024年度立命館大学【学部】再入学試験要項

 

ゲスト講義実施報告(福岡県教育庁北九州教育事務所:主任指導主事 木谷公祐様)

 

学部の授業で初めて出会った「日本外交」。学生時代の初心を胸に外交官として広い世界を舞台に仕事に励んでいます(卒業生 青木 瞬さん:外務省 在カメルーン日本国大使館)

 

ゲスト講義実施報告「ロシアのウクライナ侵略と国際の安全保障」(元外務省 ウクライナ大使 倉井 高志 様)

 

ゲスト講義実施報告(AI専門家:Dr. Leon Kuan Yew様)

 

「自分にはできないだろう」と諦めていた頃、挑戦する同級生を見て、私も行動的になれました(卒業生 木村 春香さん:富士通Japan株式会社)

 

将来は途上国の教育推進に携わりたい。国際関係学部で育んだ目標、尊敬できる仲間にも出会えた(3回生 内田 有咲さん)

 

ゲスト講義実施報告(元キャリア外交官:二階堂幸弘様)

 

ゲスト講義実施報告(共同通信社:福留佳純様)

数字で見る国際関係学部

開設年度

1988

卒業生

8000+

学生数

1400+

在学中の留学生数

340+

留学生受入れ国・地域

30ヵ国・地域

英語開講科目数

65科目

国際関係学部開講科目全体の
35.5%を占める

海外留学生数

年間140+

外国人教員数

34

外国人教員の国籍

14ヵ国・地域

2021年度10月時点の実績を掲載しています。

Special Contents