国際関係学を学ぶ3つのアプローチ

国際秩序平和

国際社会の
ダイナミズムを学び、
新しい国際秩序のあり方を探る

国際秩序の歴史と現在、そして新時代の展望を、国際政治・国際関係論・国際法・国際経済などの分野から綜合的に学修。戦争・平和・人権から、紛争や経済摩擦まで、幅広い問題を解決するための新たな手法を探ります。

国際協力開発

持続的な社会と
経済発展を両立する
国際協力・開発援助
あり方を学ぶ

途上国の現状や国際協力・援助など、国際的な社会・経済発展の条件や貧富の格差の問題を実践的に学修。政府や国際機関による国際協力だけでなく、企業やNGOなどの活動も視野に入れながら諸問題の解決策を探ります。

国際文化理解

高度な異文化理解力
身につけ、
共生社会の実現にアプローチ

グローバル化が進む現代において、多様な文化や価値観を尊重しあい、共生社会を育てて行くことは重要なテーマです。さまざまな文化や社会を比較考察し、多文化共生の道を探ります。

国際関係学科IR専攻国際公務プログラム

国際関係の学びを
国内外の行政キャリアへと繋ぐ少人数教育

外交官をはじめとする国家公務員や国連職員、地域を支える地方公務員など、行政を担うキャリアをめざす学生が切磋琢磨しながら、グローバルな公共政策や国内外の行政に関する実務と理論を学びます。

TOPICS

 

JDPグローバルキャリアセミナー“Building a career in the world of NGOs”を開催しました。

 

国際関係学部の環境や学びを活かして外務省専門職に内定(4回生 品田 星さん)

 

外務省連続外交講座 4回目「安保理改革」を実施しました

 

外務省の仕事とキャリアについてお話を伺うトークセッション企画を実施しました

 

「日本で学び、自分を見つける」(ジョイント・ディグリー・プログラム4回生 セキネ・ミノリさん)

 

Working as a tutor for the writing tutorial program has allowed me to actively learn about academic writing, which is a good experience for my future papers.(TRAN Ha Duy Khoa)

 

ゲスト講義実施報告(国連難民高等弁務官事務所(UNHCR), 元中央アジア地域事務所所長:織田靖子様)

 

外務省連続外交講座 3回目「TICAD」を実施しました(第4回は11/22開催です)

 

ゲスト講義実施報告(公益産業研究調査会取締役編集長:橋本淳一様)

 

第23回 国際関係学部オープンゼミナール大会を開催しました

 

ゲスト講義実施報告(国連難民高等弁務官事務所(UNHCR), 元中央アジア地域事務所所長:織田靖子様)

 

外務省連続外交講座 2回目「日中関係」を実施しました(第3回は11/15開催です)

数字で見る国際関係学部

開設年度

1988

卒業生

8000+

学生数

1400+

在学中の留学生数

340+

留学生受入れ国・地域

30ヵ国・地域

英語開講科目数

65科目

国際関係学部開講科目全体の
35.5%を占める

海外留学生数

年間140+

外国人教員数

34

外国人教員の国籍

14ヵ国・地域

2021年度10月時点の実績を掲載しています。

Special Contents