THE World University Rankings

Times Higher Education ランキングについて

イギリスの教育専門誌Times Higher Education (THE)が公表している大学ランキング。
三大大学ランキングのひとつといわれており、世界・アジア大学ランキングは他のランキングと比べ論文数や論文の被引用数、あるいは研究収入などのいわゆる研究指標に評価の重点が置かれていることが特徴です。 THEランキングは世界大学ランキングやアジア大学ランキングの他、ベネッセグループ協力のもと2017年から発表しているTHE日本大学ランキングや、国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)に対して各大学がどのように取り組んでいるかを独自にランク付けしたTHEインパクトランキングなどがあります。

THE世界大学ランキング・THEアジア大学ランキング

(THE World University Rankings / THE Asia University Rankings)

立命館大学は、THE世界大学ランキングで1201-1500位、THEアジア大学ランキングで501-600位にランクインしています。THEランキングで重視されている研究者一人あたりの論文数や論文の被引用数は、一般的には医科系・理工系分野が高い傾向にあり、したがって医科系大学(あるいは医学部を持つ大学)がランクインする傾向にあります。医学部を持たない日本の大学のうち、1000位以内にランクした大学はわずか2校しかありません。立命館大学は、「産学連携収入」や「国際性」の項目で高い評価を得ています。

THE世界大学ランキング

THEアジア大学ランキング

THE世界・アジア大学ランキングの評価項目と評価比重

立命館大学は、「産学連携収入」や「国際性」の項目が高く評価されています。

産業連携:R-GIRO
R-GIRO
国際性:スーパーグローバル大学創成支援事業
スーパーグローバル大学創成支援事業

THE日本大学ランキング

(THE Japan University Rankings)

2023年3月に発表されたTHE日本大学ランキングでは、271大学がランキング対象となりました。立命館大学は31位にランクインし、関西の国公私立大学では4位、私立大学に限ると1位となりました。特に「教育充実度」分野においては全国13位にランク付けされました。「教育充実度」とは、教員との交流や協働学習の機会など在学生の声を反映した学生調査と、グローバル人材の育成や入学後の能力伸長など高校教員からの評判調査をスコア化したものです。立命館大学は、教育面において高く評価されていることがわかります。

30th place4

THE日本大学ランキングの評価項目と評価比重

THEインパクトランキング

(THE Impact Rankings)

THE

2023年6月、THEインパクトランキングが発表されました。このランキングは、国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)に対して、大学が研究や社会貢献活動を通じていかに取り組んでいるのかをTHEが毎年ランク付けするものです。
今回で第5回目の発表となる2023年版ランキングでは、世界の1,591校が対象となり、立命館大学は総合評価201-300位にランクインし、西日本の私立大学で最も高い評価を得ました。また、このランキングでは総合評価に加えてSDGs別ランキングも発表され、本学は「SDG1:貧困をなくそう」で世界19位(全国1位)、「SDG2:飢餓をゼロに」で世界42位(全国2位)、「SDG13:気候変動に具体的な対策を」で世界84位(全国5位)となり、世界トップ100入りを果たしました。立命館大学はこれからも、SDGsの達成や国際社会共通の課題の解決に積極的に取り組んでいきます。




総合順位 大学名(下線:私立大学) スコア
22 北海道大学 93.9
=49 京都大学 91.3
101-200 東北大学、広島大学、筑波大学、慶應義塾大学、神戸大学、大阪大学 82.2-88.2
201-300 立命館大学、岡山大学、名古屋大学、早稲田大学、熊本大学、九州大学、大阪公立大学、名古屋市立大学 76.8-82.1
301-400 信州大学、東京理科大学、愛媛大学、茨城大学、山口大学、琉球大学、鹿児島大学 72.7-76.7
401-600 帝京大学上智大学龍谷大学東京農業大学、徳島大学、島根大学、三重大学、金沢大学、富山大学、横浜国立大学、横浜市立大学、秋田大学、山形大学、宇都宮大学 66.9-72.6