English version

原瀬 晋のホームページ

立命館大学理工学部
理工系基礎教育専任講師

立命館大学 理工学部
〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1
mail adress

学位

博士(数理科学) 東京大学 2011年3月
(指導教員: 松本眞教授)

研究職歴

  • 2020年4月〜                  立命館大学理工学部 理工系基礎教育専任講師
  • 2015年4月〜2020年4月 立命館大学理工学部 数学嘱託講師
  • 2012年4月〜2015年3月 日本学術振興会特別研究員(PD)
      受入研究者:東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科 二宮祥一教授
  • 2011年4月〜2012年3月 グローバルCOE特任研究員(東京大学大学院数理科学研究科)
  • 2009年4月〜2011年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
      受入研究者:広島大学大学院理学研究科(2009年度)・東京大学大学院数理科学研究科(2010年度) 松本眞教授
  • 研究分野

  • 擬似乱数発生法の設計と性能評価
  • モンテカルロ法・準モンテカルロ法
  • 統計計算・コンピュータ支援統計
  • 論文 (査読付き学術雑誌)

  • S. Harase, "A table of short-period Tausworthe generators for Markov chain quasi-Monte Carlo", Journal of Computational and Applied Mathematics, Volume 384, 1 March 2021, 113136, 12 Pages. Online access. arXiv. GitHub.
  • S. Harase, "Conversion of Mersenne Twister to double-precision floating-point numbers", Mathematics and Computers in Simulation, Volume 161, July 2019, Pages 76-83. Online access. arXiv.
  • S. Harase, "Comparison of Sobol' sequences in financial applications", Monte Carlo Methods and Applications, Volume 25, Issue 1 (March 2019), Pages 61-74. Online access. arXiv. GitHub.
  • S. Harase and T. Kimoto, "Implementing 64-bit maximally equidistributed F2-linear generators with Mersenne prime period", ACM Transactions on Mathematical Software, Volume 44, Issue 3, April 2018, Article No. 30, 11 Pages (Online Appendix 4 Pages). Online access. arXiv. An appendix. The code in C. 発表スライド.
  • S. Harase, "A search for extensible low-WAFOM point sets", Monte Carlo Methods and Applications, Volume 22, Issue 4 (December 2016), Pages 349-357. Online access. arXiv.
  • S. Harase, "Quasi-Monte Carlo point sets with small t-values and WAFOM", Applied Mathematics and Computation, Volume 254, 1 March 2015, Pages 318-326. Online access. arXiv.
  • S. Harase, "On the F2-linear relations of Mersenne Twister pseudorandom number generators", Mathematics and Computers in Simulation, Volume 100, June 2014, Pages 103-113. Online access. arXiv. The code in C.
  • S. Harase, "An efficient lattice reduction method for F2-linear pseudorandom number generators using Mulders and Storjohann algorithm", Journal of Computational and Applied Mathematics, Volume 236, Issue 2, Pages 141-149 (15 August 2011). Online access.
  • S. Harase, M. Matsumoto, and M. Saito, "Fast lattice reduction for F2-linear pseudorandom number generators", Mathematics of Computation, Volume 80, Number 273, January 2011, Pages 395-407. Online access.
  • S. Harase, "Maximally equidistributed pseudorandom number generators via linear output transformations", Mathematics and Computers in Simulation, Volume 79, Issue 5, January 2009, Pages 1512-1519. Online access. The code in C.
  • プレプリント

  • 口頭発表(国際会議)

  • A Construction of Short-Period Tausworthe Generators with Low Discrepancies over Fb, 13th International Conference on Monte Carlo Methods and Applications, Universitat Mannheim, Germany, August, 2021 (Oneline).
  • Implementing short-period Tausworthe generators for Markov chain quasi-Monte Carlo, 14th International Conference in Monte Carlo & Quasi-Monte Carlo Methods in Scientific Computing (MCQMC 2020), Oxford University, UK, August 10-14, 2020 (Online).
  • An Implementation of Short-Period Tausworthe Generators for Markov Chain Quasi-Monte Carlo Methods, 13th International Conference in Monte Carlo and Quasi-Monte Carlo Methods in Scientific Computing (MCQMC 2018), University of Rennes 1, Rennes, France, July, 2018.
  • On the concatenation of Mersenne Twisters, 11th International Conference on Monte Carlo Methods and Applications (MCM 2017), Universite de Montreal, Canada, July, 2017.
  • A comparison study of Sobol' sequences in financial derivatives, 12th International Conference on Monte Carlo and Quasi-Monte Carlo Methods in Scientific Computing (MCQMC 2016), Stanford University, USA, August, 2016.
  • Implementing 64-bit maximally equidistributed Mersenne Twisters, Tenth IMACS Seminar on Monte Carlo Methods (MCM 2015), Johannes Kepler University and Radon Institute for Computational and Applied Mathematics, Linz, Austria, July 2015.
  • Low-WAFOM point sets with small t-values, Monte Carlo and Quasi-Monte Carlo Methods (MCQMC2014), KU Leuven, Belgium, April 2014.
  • On the F2-linear relations of Mersenne Twister, Monte Carlo and Quasi-Monte Carlo Methods (MCQMC2012), The University of New South Wales, Sydney, Australia, February 2012.
  • An efficient lattice reduction method for F2-linear pseudorandom number generators using Mulders and Storjohann algorithm, Monte Carlo and Quasi-Monte Carlo Methods (MCQMC2010), The University of Warsaw, Warsaw, Poland, August 2010.
  • Fast lattice reductions for F2-linear pseudorandom number generators, Seventh IMACS Seminar on Monte Carlo Methods (MCM 2009), Universit\'e Libre de Bruxelles, Brussels, Belgium, September 2009.
  • Maximally equidistributed pseudorandom number generators via linear output transformations, Monte Carlo and Quasi-Monte Carlo Methods (MCQMC2008), Universit\'e de Montr\'eal, Montreal, Canada, July 2008.
  • 口頭発表(国内) (予定も含む)

  • マルコフ連鎖準モンテカルロ法の使い方, 2021年度統計関連学会連合大会, オンライン, 2021年9月8日.
  • マルコフ連鎖準モンテカルロ法の応用, 日本応用数理学会2020年度年会, オンライン, 2020年9月9日.
  • マルコフ連鎖準モンテカルロ法のための短い周期のTausworthe発生法, 数理ファイナンスセミナー,立命館大学理工学部数理科学科,2020年3月26日.
  • マルコフ連鎖準モンテカルロ法のための短い周期のTausworthe発生法,第1回「乱数・準乱数の数学」研究集会, 東京大学本郷キャンパス, 2019年10月17日.
  • マルコフ連鎖準モンテカルロ法のための短い周期のTausworthe発生法, 2019年度 統計関連学会連合大会,滋賀大学彦根キャンパス,2019年9月10日.
  • 正則連分数展開に基づく短い周期のTausworthe発生法, 日本応用数理学会2019年度年会, 東京大学駒場キャンパス, 2019年9月3日.
  • マルコフ連鎖準モンテカルロ法のための短い周期のTausworthe発生法, JCCA-2019・ 離散数学とその応用研究集会2019,都城工業高等専門学校,2019年8月28日.
  • 64ビット高性能線形擬似乱数発生法の開発, 日本OR学会2017年度中部支部シンポジウム「準モンテカルロ法の理論とOR」, 愛知県立大学, 2017年9月16日.
  • メルセンヌツイスタ擬似乱数発生法の連結について,2016年度応用数学合同研究集会, 龍谷大学, 2016年12月17日.
  • メルセンヌツイスタ擬似乱数発生法の連結について, 日本応用数理学会2016年度年会, 北九州国際会議場, 2016年9月12日.
  • Sobol'列と計算ファイナンスへの応用, 乱数と超一様性集会, 東京大学(本郷キャンパス), 2016年6月23日.
  • オプション価格計算におけるSobol’列の比較, 日本数学会2016年度年会, 筑波大学, 2016年3月16日.
  • オプション価格計算におけるSobol’列の比較, 日本応用数理学会2016年研究部会連合発表会,神戸学院大学, 2016年3月5日.
  • 64ビット高性能線形擬似乱数発生法の開発, 2015年度応用数学合同研究集会, 龍谷大学, 2015年12月19日.
  • Implementing 64-bit maximally equidistributed Mersenne Twisters, 立命館大学理工学部数理科学科談話会, 2015年10月30日.
  • SFMT擬似乱数発生法の統計的検定, 日本数学会2015年度秋季総合分科会,京都産業大学, 2015年9月13日.
  • SFMT擬似乱数発生法の統計的検定, 日本応用数理学会2015年度年会, 金沢大学, 2015 年9月10日.
  • 64ビット高性能線形擬似乱数発生法の開発, 日本数学会2015年度年会, 明治大学, 2015年3月22日.
  • 64ビット高性能線形擬似乱数発生法の開発, 広島モンテカルロ法・準モンテカルロ法セミナー, 広島大学, 2015年2月9日.
  • Sobol'列のプロジェクションについて, 2014年度応用数学合同研究集会, 龍谷大学, 2014年12月20日.
  • Sobol'列のプロジェクションについて, 日本数学会2014年度秋季総合分科会, 広島大学, 2014年9月26日.
  • 準モンテカルロ積分のためのWAFOMの小さい(t, m, s)-net, 2014年度統計関連学会連合大会, 東京大学, 2014年9月15日.
  • Sobol'列のプロジェクションについて, 日本応用数理学会2014年度年会, 政策研究大学院大学, 2014年9月3日.
  • Higher order quasi-Monte Carlo methods (Part III, Quasi-Monte Carlo point sets with small t-values and WAFOM), 数理ファイナンスセミナー, 立命館大学, 2014年7月25日.
  • Sobol'列と関連する話題, 平成26年度RIMS共同研究「デザイン、符号、グラフおよびその周辺」, 京都大学数理解析研究所, 2014年7月23日.
  • On the lattice structure of Mersenne Twister pseudorandom number generators, 第13回仙台広島整数論集会, 東北大学, 2014年7月18日.
  • 準モンテカルロ積分のためのWAFOMの小さい(t, m, s)-net, 日本応用数理学会2014年研究部会連合発表会, 京都大学, 2014年3月20日.
  • Low-WAFOM point sets with small t-values for numerical integration, 日本数学会2014年度年会, 学習院大学, 2014年3月16日.
  • 準モンテカルロ積分のための低WAFOM点集合の探索, 2013年度応用数学合同研究集会, 龍谷大学, 2013年12月21日.
  • 拡張可能性を有する低WAFOM点集合の探索, 第10回「代数学と計算」研究集会 (AC2013), 首都大学東京, 2013年12月19日.
  • メルセンヌツイスタ擬似乱数発生法と格子の最短ベクトル, ワークショップ "Intersection of Pure Mathematics and Applied Mathematics III", 九州大学, 2013年11月21日.
  • Digital construction schemeに基づくWAFOMの小さな点集合の構成, 日本数学会2013年度秋季総合分科会, 愛媛大学, 2013年9月24日.
  • Digital construction schemeに基づくWAFOMの小さな点集合の構成, 日本応用数理学会2013年度年会, アクロス福岡, 2013年9月9日.
  • An efficient lattice reduction method for F2-linear pseudorandom number generators using Mulders and Storjohann algorithm, 科研費シンポジウム 情報化ネットワーク社会に向けた高度な専門的数理技術ライブラリの研究と開発, 東京工業大学, 2012年11月28日.
  • メルセンヌツイスタ擬似乱数発生法の統計的検定, 2012年度統計関連学会連合大会, 北海道大学, 2012年9月11日.
  • メルセンヌツイスタ擬似乱数発生法の線形関係式, 日本応用数理学会2012年度年会, 稚内全日空ホテル, 2012年8月29日.
  • An efficient lattice reduction method for F2-linear pseudorandom number generators using Mulders and Storjohann algorithm, Workshop for Quasi-Monte Carlo and Pseudo Random Number Generation (Workshop for QMC and PRNG), 東京大学, 2012年6月13日.
  • F2-線形擬似乱数発生法の最適化のための高速格子簡約アルゴリズム, 第9回「代数学と計算」研究集会(AC2011), 首都大学東京, 2011年11月7日.
  • F2-線形擬似乱数発生法の最適化のための高速格子簡約アルゴリズム,日本応用数理学会 2011年研究部会連合発表会, 電気通信大学, 2011年3月8日.
  • F2-線形擬似乱数発生法の最適化のための高速格子簡約アルゴリズム, 代数学セミナー, 広島大学, 2011年2月21日.
  • F2-線形擬似乱数発生法の評価に用いる格子の簡約基底計算の高速化, 代数学コロキウム, 東京大学, 2010年11月17日.
  • F2-線形擬似乱数発生法の評価に用いる格子の簡約基底計算の高速化, 数理研究会, 政策研究大学院大学, 2010年11月5日.
  • An efficient lattice reduction method for F2-linear pseudorandom number generators using Mulders and Storjohann algorithm, 日本数学会2010年度秋季総合分科会, 名古屋大学, 2010年9月23日.
  • F2-線形擬似乱数の評価に用いる格子簡約の状態表現による高速化, 日本数学会2010年度年会, 慶應義塾大学, 2010年3月25日.
  • F2-線形擬似乱数の評価に用いる格子の被約基底計算の高速化, 2009年度応用数学合同研究集会, 龍谷大学, 2009年12月19日.
  • F2-線形擬似乱数の評価に用いる格子の縮小基底計算の高速化, 日本数学会2009年度秋季総合分科会, 大阪大学, 2009年9月25日.
  • Maximally equidistributed pseudorandom number generators via linear output transformations, 日本数学会2008年度秋季総合分科会, 東京工業大学, 2008年9月25日.
  • 科学研究費等研究資金獲得状況(研究代表者)

  • 科学研究費補助金 若手研究 2018〜2020年度 「計算統計のための擬似乱数と準モンテカルロ法の研究」 課題番号:18K18016
  • 立命館大学 研究推進プログラム科研費獲得推進型 助成額(A) 2017年度「準モンテカルロ点集合の実装と計算ファイナンスへの応用」
  • 科学研究費補助金 若手研究(B) 2014〜2016年度 「マルコフ連鎖準モンテカルロ法の実装」 課題番号:26730015
  • 科学研究費補助金 特別研究員奨励費 2012〜2014年度 「擬似乱数と数値計算に関連する諸問題」 課題番号:12J07985
  • 科学研究費補助金 若手研究(B) 2012〜2013年度 「格子簡約アルゴリズムと擬似乱数の性能評価への応用」 課題番号:24700003
      (日本学術振興会特別研究員(PD)採用に伴い辞退)
  • 公益財団法人 風樹会 研究奨励金 2011年度
  • 科学研究費補助金 特別研究員奨励費 2009〜2010年度 「擬似乱数とその応用に関する研究」 課題番号:09J04427
  • 所属学会

  • 日本数学会
  • 日本応用数理学会
  • 日本統計学会
  • 学会活動

    日本応用数理学会 学会誌「応用数理」編集委員 2016年4月〜2019年3月
    2021年9月20日現在