政策科学部オンラインテスト受験にあたって
ATTENTION

政策科学部における英語関連科目履修と入学前英語オンラインテストについて


 政策科学部では、英語関連科目としてEPS科目(English for Policy Science)を履修します。EPSは「英語を学ぶ」のではなく、政策科学にかかわるトピックや研究方法を「英語で学ぶ」ための科目群です。政策科学部の学生は、①学習素材の言語、②授業内アクティビティの言語、③試験答案・報告書等の成果物の言語が英語なのか日本語なのかを選択して履修することができます。また、EPSには必修科目はなく、自分の目標や学習計画によって科目を選択しますので、英語レベルによるクラス分けは行いません。

一方で、政策科学部では、入学前に各自が自宅等で受験するTOEIC®L&R IPテスト(オンライン)を新入生全員に実施することになりました。入学前オンラインテストは、現時点でのみなさんの英語習熟度をできるだけ正確に把握してもらうために行われるものです。さらに、早めに受験すると1回生時のEPS科目選択にテスト結果も参考にできるので、早めの受験をお勧めします。自宅にパソコンやオンライン環境がない場合には、大阪いばらきキャンパスで受験できる機会を設けています。(参照:自宅等で受験できない場合はこちら