立命館あの日あの時

<懐かしの立命館> 記憶に残る 末川総長の言葉から

  • 2020年10月20日更新
  • memory

195060年代の立命館大学卒業生や立命館中高卒業生、また現在までの多くの大学卒業生や中高卒業生には、末川総長が語り掛けた言葉が様々に記憶されています。

 

「未来を信じ 未来に生きる そこに青年の生命がある」

「理想は高く 姿勢を低く」

 

でも、その記憶は、世代、中高、大学、学部で微妙に異なっていて、校友の方からも正確にはどのように言っていたのだろうか?などの質問が史資料センターに寄せられることがあります。

 

この項では、みなさんの記憶に残っている様々な「末川博の言葉」の典拠をご紹介させていただきます。

 

1.未来を信じ 未来に生きる そこに青年の生命がある。

 最も多くの校友の記憶に残るのは、この言葉でしょうか。

 1953128日に広小路キャンパスに建立された「わだつみ像」の台石に刻まれたこの言葉は、その後、卒業記念色紙や学生に配布された冊子類に度々掲載されました。

 1981年の衣笠一拠点時には、バスプールに「未来を信じ 未来に生きる」の記念碑も建立され、2006年制定の『立命館憲章』にも織り込まれ現在まで継承されている言葉です。

 


195312月建立のわだつみ像台石 碑文(拓本)

記憶に残る 末川総長の言葉から-1

 「未来を信じ未来に生きる。そこに青年の生命がある。その貴い未来と生命を聖戦という美名のもとに奪い去られた青年学徒のなげきと怒りともだえを象徴するのがこの像である。本郷 新氏の制作。

    なげけるか いかれるか  はたもだせるか きけ はてしなきわだつみのこえ

この戦歿学生記念像は広く世にわだつみの像として知られている。

 一九五三年一二月八日 立命館大学総長 末川博しるす」

 

 校友が記憶している「未来を信じ」の原点はこの碑文なのですが、それでも「もだせ」(黙ること)が「もだえ」になっていたり、「わだつみの像」と記載されていて、よく記憶されている方からは時々質問をいただきます。

史資料センターでは、「もだえは誤記で正しくはもだせ」「わだつみの像もわだつみ像も間違いではない。現在はわだつみ像と呼称している」と回答しています。

 

19613月から19643月の大学卒業生全員に渡された記念色紙

 記憶に残る 末川総長の言葉から2

「未来を信じ、未来に生きる。そこに青年学徒の生命がある。

 その貴い未来と生命を、諸君は自ら汚がしてはならず、他から奪われてもならない。これから諸君の進む道は、ジグザグと時には暗く時には険しいこともあろう。だが、諸君がいつも心に太陽をもって希望に燃えながら前進するとき、脚下の大地は揺ぎなく、頭上の星は黎明の近きに輝く、理想は高く姿勢は低く、学習を終生の業として一歩づつ前へ前へと進もう。かくて、諸君の若い生命は、二十一世紀の平和なすばらしい歴史につながる。諸君の自重と自愛を望むや切である。

 一九六一年三月二一日 平素諸君に語ったことばをつらねて  末川博」

 この色紙はわずか4年間だけのものだったのですが、末川総長が事あるごとに繰り返していたフレーズが入ったもので、記憶にある言葉がほぼ網羅されているものです。

 しばしば、校友の方からは「理想は高く 姿勢“を”低く」であったか「理想は高く 姿勢“は”低く」であったかとの問い合わせもありますが、「一般的には 姿勢“を”低くですが、姿勢“は”低くもあります」とお応えしています。「は」はこの色紙の言葉で使われていますね。

 

 

2.理想は高く 姿勢を低く 

この言葉は、立命館中学校・高等学校卒業生の方のほうが記憶に残っていると思います。

 


①立命館中学校・高等学校 深草キャンパス正面に掲げられた銘板                        

記憶に残る 末川総長の言葉から-3

記憶に残る 末川総長の言葉から-4

「理想は高く 姿勢を低く、大地に足をふんまえて 一歩づつ前へ 前へと進もう。

末川博」

 

1988年、立命館中学校・高等学校が北大路から深草に移転した際、正面階段中央にこの銘板が掲出されました。10月頃であったといいます。

以来、中学高校の生徒は必ずこの前を通って学校に通っていました。自ずと記憶に残ったことでしょう。

北大路キャンパス時代には末川総長(1977年逝去)がよく生徒に講演をしていたのですが、

深草キャンパス時代の生徒にとっては、この銘板の言葉と先生が語る末川総長の話でその人となりを想像していました。

 

この銘板は2014年の長岡京キャンパス移転時に正門横に移設されており、現在の生徒達もまた記憶に残してゆく言葉となっています。

 


②別パターン1 

 記憶に残る 末川総長の言葉から-5

「理想は高く姿勢を低く 大地に足をふんまえて ゆっくりとがっちりと 前へ前へと進もう

未来を信じ未来に生きる 青壮の君におくる 末川博」

 

③別パターン2

記憶に残る 末川総長の言葉から-6

「理想は高く姿勢を低く いつも心に太陽をもって ゆっくりとがっちりと 理論を貫いて実践に生き 実践を通して理論を究め 前へ前へと進もう 

 未来を信じ未来に生きる 君の洋々たる前途を祝福して 末川博」

 

②と③は「理想は高く 姿勢を低く」で始まる言葉の別パターンの色紙です。「いつも心に太陽をもって」や「ゆっくりとがっちりと」という末川総長がよく使った言葉が挿入されています。

この言葉を記憶されている方もおられるでしょうね。

 

 

3.法の理念は正義であり 法の目的は平和である だが 

先の言葉は多くの校友の方の記憶に残っているものと思います。でも特に「法学部」の校友の方が最も記憶しているのは、この言葉でしょう。

 

①衣笠キャンパス存心館1階ピロティの銘板

 

 

存心館入口の銘板

 記憶に残る 末川総長の言葉から-7

 


   法の理念は正義であり 法の目的は平和である だが 法の実践は 社会悪と たたかう 闘争である 末川博」

   

   この銘板は、法学部創立80周年記念(ちょうど1981年の衣笠一拠点の時)で、新たな立命館大学衣笠キャンパスのシンボル棟「存心館」の1階ピロティに掲げられたものです。

   立命館の前身「京都法政学校」は法科学校として1900年に創立されましたから、法学部は立命館の歴史そのものです。そして末川博は戦前戦後を通じた民法の泰斗でありましたから、立命館大学法学部にとって末川博総長は格別の位置でもあったのです。

   現在も存心館1階ピロティにはこの銘板が掲げられ、法を学ぶ学生達に末川の思いを伝えています。

 

                        202010月23日 立命館 史資料センター 奈良英久

238

  • 27
  • 28
  • 29
  • 31
  • 30
  • 6
  • 5
  • 7
  • 8
  • 9
  • 11
  • 10
  • 14
  • 13
  • 12
  • 15
  • 19
  • 17
  • 18
  • 16
  • 20
  • 32
  • 22
  • 23
  • 21
  • 33
  • 24
  • 25
  • 26
  • 34
  • 35
  • 36
  • 37
  • 38
  • 39
  • 40
  • 41
  • 42
  • 43
  • 45
  • 48
  • 46
  • 49
  • 50
  • 51
  • 52
  • 53
  • 54
  • 55
  • 57
  • 58
  • 59
  • 56
  • 61
  • 62
  • 63
  • 66
  • 67
  • 68
  • 69
  • 65
  • 70
  • 71
  • 72
  • 73
  • 74
  • 75
  • 76
  • 77
  • 78
  • 79
  • 80
  • 82
  • 83
  • 84
  • 86
  • 85
  • 87
  • 88
  • 98
  • 99
  • 101
  • 100
  • 102
  • 103
  • 104
  • 105
  • 106
  • 107
  • 108
  • 109
  • 110
  • 111
  • 112
  • 114
  • 113
  • 116
  • 115
  • 118
  • 117
  • 119
  • 120
  • 121
  • 122
  • 123
  • 125
  • 126
  • 127
  • 128
  • 129
  • 130
  • 131
  • 132
  • 133
  • 134
  • 135
  • 136
  • 137
  • 140
  • 141
  • 138
  • 142
  • 143
  • 144
  • 145
  • 146
  • 147
  • 148
  • 149
  • 153
  • 152
  • 151
  • 154
  • 155
  • 156
  • 157
  • 160
  • 158
  • 161
  • 165
  • 164
  • 162
  • 166
  • 167
  • 168
  • 169
  • 170
  • 171
  • 172
  • 173
  • 174
  • 175
  • 176
  • 178
  • 177
  • 179
  • 180
  • 181
  • 182
  • 184
  • 183
  • 186
  • 185
  • 187
  • 188
  • 189
  • 190
  • 191
  • 192
  • 193
  • 194
  • 195
  • 196
  • 197
  • 198
  • 199
  • 200
  • 201
  • 202
  • 203
  • 204
  • 205
  • 206
  • 207
  • 208
  • 209
  • 210
  • 211
  • 212
  • 213
  • 214
  • 215
  • 216
  • 217
  • 218
  • 219
  • 220
  • 221
  • 222
  • 223
  • 224
  • 225
  • 226
  • 227
  • 228
  • 229
  • 230
  • 231
  • 233
  • 232
  • 234
  • 235
  • 236
  • 238
  • 239
  • 240
  • 241
  • 242
  • 243
  • 244
  • 245
  • 246
  • 247
  • 248
  • 249
  • 250
  • 251
  • 253
  • 252
  • 256
  • 257
  • 258
  • 259
  • 260
  • 261
  • 262
  • 263
  • 264
  • 265
  • 267
  • 268
  • 269