NEWS

2021/01/13

  • 大会結果

【体育会日本拳法部】全日本学生選手権 女子トーナメント優勝

2020126()、第65回全日本学生拳法選手権大会がエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)で開催され、本学体育会日本拳法部が女子トーナメントで2年ぶり2度目の優勝を果たしました。

今大会は、全国の強豪15チームがエントリー、各試合の勝敗は3人の「3人制対試合(3分間3本勝負)」で争われました。大阪府が大阪モデルのレッドステージ1(非常事態)に移行した最中ではありましたが、面下のマスク着用や試合前後の円陣や声援の禁止、学歌斉唱の中止など、ガイドラインを遵守した万全の感染予防対策のもとで開催されました。

本学からは、女子主将の坂本佳乃子さん(産業社会学部3回生)、松井萌夏さん(スポーツ健康科学部3回生)、角野円香さん(産業社会学部2回生)、の3人が出場しました。
今年度初めての大会で緊張感のある中、2回戦では優勝最有力候補であった関西学院大学に勝利しました。決勝では昨年優勝を争った強豪、関西大学と対戦し、プレッシャーを跳ねのけ、21で昨年の雪辱を晴らし大学日本一に輝きました。また、女子最優秀選手には坂本佳乃子さんが選ばれました。

【トーナメント結果】

1回戦  
 流通科学大学戦
 ○ 21

先鋒

松井(初段)

中堅

坂本(参段)

大将

角野(参段)

2回戦  
 関西学院大学戦
 ○ 21

先鋒

坂本

中堅

松井

大将

角野

準決勝
 京都産業大学戦
 ○ 30

先鋒

坂本

中堅

松井

大将

角野

決勝
 関西大学戦
 ○ 21

先鋒

角野

中堅

松井

大将

坂本










★女子主将 坂本佳乃子さんのコメント
「昨年は決勝戦で敗れ、連覇することができず悔しい思いをしました。今年はコロナで練習も十分にできず、試合もすべて中止になってしまいましたが、今年度最初で最後の試合で優勝することができて、とても嬉しかったです。来年も連覇を目指して頑張ります。」


2020nikken1
決勝戦 先鋒 角野さん(写真右)


2020nikken2
決勝戦 中堅 松井さん(写真左)


2020nikken3
決勝戦 大将 坂本さん(写真左)


2020nikken4
女子最優秀選手に選ばれた坂本さん

 

<写真提供:立命館大学体育会日本拳法部>