立命館大学 エクステンションセンター

公認会計士講座について

講座の概要

直接通学

約1.5年~2年間の学習期間を経て、公認会計士試験合格を目指します。
提携先の専門学校(大原学園・TAC・CPA会計学院)に直接通学することを基本とし、Wスクールで学習を進めます。専門学校の講座は個人の学習状況に合わせてコースを選択することができます。また、エクステンションセンターを通じて申込むと、「立命館学生」特別価格(※)で会計士講座を受講できます。

※提携先の専門学校(大原学園・TAC・CPA会計学院)では、公認会計士講座が「入学金免除」に加え一般受講料の「25%の割引価格」で受講できる制度があります。なお、卒業生の方も一部の講座で一般受講料より「10%の割引価格」で受講できる制度を設けています。

1.5年 本科生 学内スタート講座 (以下、学内スタート講座)

12月頃~翌年3月までの4ヶ月間、エクステンションセンターの学内講座を開講しており、きめ細やかな試験対策指導を受けることができます(OIC・BKCの2キャンパス)。4月からの専門学校(大原学園)の講座に編入するコースです。
学内講座の受講までに「日商簿記検定2級」レベルまでの理解をしておくと、スムーズに学習に入ることができます。

※対象となるキャンパス・コース・価格などの詳細については、下部「講座申込み」WEBページの募集要項などを確認してください。

講座スケジュール

【例】1回生から会計士の学習をスタートした場合

※公認会計士の学習は、回生問わずに始められます。

※1法学部の「法政特殊講義(企業税務入門)」・スポーツ健康科学部・食マネジメント学部で開講される「簿記入門Ⅰ」は、簿記3級相当の学習にあたります。
経済学部・経営学部で開講される「簿記入門Ⅰ」は簿記3級、「簿記入門Ⅱ」は簿記2級相当の学習にあたります。

※2エクステンションセンター「簿記講座3級・2級」の詳細は、「会計・金融系講座」のご紹介を確認してください。

※3各専門学校の各コースによって開講の時期が異なります。

受講料

参考例:学内スタート講座受講後、大原学園の1.5年オータムコースに合流する場合

学内スタート講座の受講料 101,300円(2021年度実績:対面+Zoom講義)
上記講座を受講後、学外講座に合流する受講料 476,200円(大原学園の公認会計士講座 1.5年 オータムコース)

※上記金額は2022年1月時点であり、変更となる場合があります。

※専門学校の講座は、開始時期・コース内容・専門学校によって受講料が異なります。

講座申込み

学内スタート講座の申込み、提携先専門学校(大原学園・TAC・CPA会計学院)の受講料の割引手続きは、以下のボタンから行えます。

講座を申込む