研究概要

方針
・ 明るく元気に研究と研究室での生活を楽しむ
・ 独創性と協調性のバランスを重視する
・ 研究の前では全員が平等に議論する
 (実生活と研究の場をうまく分ける)
・ 共同研究を通じて研究室外からも学ぶ
・ できるだけ研究成果は論文としてまとめる

インタビュー動画
インタビュー動画1
インタビュー動画2

研究テーマ

光合成二酸化炭素固定回路のしくみの解明Nature Commun 2017; 2017年1月 Yahoo!ニュース掲載)
光合成で二酸化炭素を固定するしくみを解明し地球環境の改善に貢献

・ 産業利用酵素の触媒機能の改良 (Nature Chem Biol 2015
食品加工、化粧品、医薬品合成で利用されている酵素を新しい方法で改良

・ 天然ゴム合成酵素の触媒機構の解明と改良
ゴムは身近な植物の二次代謝物。ゴムの高品質化のための酵素改良

院内感染の薬の開発と細胞分裂タンパク質の働きの解明ACS Chem Biol 2017; 2017年7月 京都新聞掲載; J Struct Biol 2017
主な院内感染の原因菌MRSAの細胞分裂タンパク質の研究から薬の開発へ

・ 抗がん剤の作用機序の解明と新規抗がん剤の開発
抗がん剤イマチニブの作用機構の解明研究から薬の開発へ

・ 核輸送タンパク質の構造と機能の解明 (Cell 2018; ライフサイエンスレビュー
様々な病気に関わる核輸送タンパク質の働きと構造の関係を研究

・ 異分野連携によるタンパク質結晶化技術の開発 (Nature Photonics 2016