文字サイズ

卒業生インタビュー

一覧へ戻る

卒業生インタビュー 02

臨床経験と研究実績を高め、医療の現場に貢献したい

鋒山 香苗KANAE HOKOYAMA

薬学部薬学科 2015年度卒業
京都大学医学部附属病院薬剤部職員医薬品情報室、
呼吸器内科病棟兼任

在学時のエピソード

薬剤師に必要な「問題解決能力」、
「コミュニケーションの能力」を学ぶ

立命館大学薬学部の授業では低回生時から小集団でグループ討論を行い、自主的に考え、学生と教員がコミュニケーションをとる機会が多くありました。薬学の知識はもちろんですが、特に薬剤師に必要となる「問題解決能力」、「コミュニケーション能力」について学ぶことが出来たので、その点が現在の職務に活かされていると感じています。

卒業後のエピソード

提供した情報が活用される喜び

医薬品情報室にて、医師、看護師、薬剤師等からの医薬品に関する問い合わせに対し、情報提供を行っています。その際、「相手が必要としている情報とは何か」を適切に把握し、薬の専門家として膨大な情報の中から適切な情報を収集・評価・判断して的確に伝える能力が必要です。提供した情報が活用される喜びを日々感じ、業務に取り組んでいます。

今後の目標・夢

信頼される存在に

将来は患者さんはもちろん、医療従事者からも信頼される存在になりたいと考えています。しかしながら、まだまだ未熟者の私は毎日が勉強です。お薬の知識はもちろんですが、患者さん、他医療従事者から薬剤師として何を求められているか、何をすべきか、何ができるかを考え、自己研鑽に励もうと思います。

MESSAGE後輩へのメッセージ

総合大学だからこその出会い

総合大学だからこそ、多くの仲間と出会い、新しい考え方・生き方を知り、心を豊かに出来ると思います。薬学部は多忙なイメージがあるかもしれませんが、サークル、海外旅行、留学、アルバイト…全部可能です!ぜひ、立命館大学で自分だけの「大切な何か」を見つけて下さい。