文字サイズ

薬学部のカリキュラム CURRICULUM

カリキュラム

濃密な学びで培った多様な知識が実践で生きる

総合的なライフサイエンス教育に加えて、化学系、生物系、医療系薬学のバランスの取れた専門科目、医療現場を重視した実習プログラムを配置しています。

学びのフロー

教養科目で幅広い知識を身につけるとともに、薬学導入科目で薬学の基礎に触れ、年次ごとに化学系、生物系、医療系薬学を基礎から高度なものまで系統的に学びます。また、卒業研究では特定のテーマに基づき研究を行い、論文として発表を行います。

薬学科学びのフロー図

1・2回生

早期体験学習

1・2回生から薬剤師や薬品に関わる仕事を体験して、将来のビジョン形成につなげる

入学後、事前学習を経て、全員が企業・病院・薬局の3施設を訪問して、現場で働く人の声を聞きます。最終講義日に実施する報告会では、グループごとにプレゼンテーションを行い、活発な意見交換を通じて理解を深めます。自分たちが卒業後薬剤師として活躍するさまざまな職場を見学・体験することで、薬学部生としての意識と大学6年間の学習意欲を高めます。また、医療現場において、思いやりの心とコミュニケーションの重要性を認識し、医療における薬剤師の役割の重要性を確認します。

小集団での実践型教育

医療人としてふさわしい態度や倫理観を養う

薬剤師に必須なコミュニケーション能力を身につける第一歩として、1回生で「コミュニケーション演習」を履修し小集団での実践型学習を行います。また、2回生では医療人である薬剤師に必須な倫理観などを身につけることを目指して、「薬学応用演習」を履修します。ここでは、福祉施設の訪問やハンディキャップ体験のほか、人体解剖実習見学を実施し、小集団でのグループ討論などを経て、通常の講義では到達することが難しい内省的な思考や自発的な気づきを促します。

3-6回生

アドバンスト科目

薬剤師としての力量を高め高度な専門知識と技能を備える

病院・薬局実務実習の前後にあたる4回生および6回生では実践的で多様な内容を含むアドバンスト科目を履修します。アドバンスト科目は、卒業後に希望する進路に応じて科目選択を行い、職業人として活用できるより高度な知識を修得します。科目選定の参考として以下4つの履修モデルを設定しています。

  • 病院内の医療チームで活躍する薬剤師
  • 病院内の臨床研究・治験の分野で活躍する薬剤師
  • 地域薬局において地域医療の担い手となる薬剤師
  • 企業や行政等の医療薬学分野で活躍する薬剤師

実習プログラム

約5カ月間の病院・薬局での実務実習を通じて薬剤師の仕事や責任を学ぶ

4回生後期からは学内の模擬薬局内で「実務前実習」を受講します。実務家教員および医師免許を有する教員の指導のもと、薬剤師としての行動や倫理観について実践を通してしっかりと学びます。また、4回生後期にある「薬学共用試験」に合格した学生は、5回生から病院で2.5カ月、薬局で2.5カ月、計5カ月にわたり「病院・薬局実務実習」を体験します。医療現場の第一線で、薬剤師に求められるスキルや役割についてより具体的に学び、薬剤師として相応しい技能や態度についても実践を通じてしっかりと学びます。

薬学総合演習と卒業研究

6年間の学びの集大成。
勉学と研究の両面を実践的に理解する

6回生時には、3回生後期より3年間実施する「卒業研究」の成果を卒業論文にまとめ発表します。また、6年間の学びについて総合的に理解を深めるため、演習「薬学総合演習」を開講しています。薬学部全専任教員による講義と演習が実施され、入学時から学習した内容について総合的に復習することができます。医療現場で必要となる知識・技能を確実に修得して卒業します。

カリキュラムは
下記をご覧ください。

薬学科(6年制)
カリキュラム[PDF]

創薬科学科学びのフロー図

1回生

創薬に関する基礎知識の獲得

数学や物理学、化学などを学び、科学的な思考力を育成

英語科目や総合大学ならではの幅広い分野にわたる教養科目の履修に加え、数学・理科の基礎科目により、土台を築きます。また、並行して化学系薬学を中心とした専門科目も開始されます。「創薬科学基礎演習」では、Small Group Discussion (SGD)を通して製薬企業や研究機関でどのような仕事、研究、あるいはその他の業務が行われているかを調査・議論した後、企業や研究機関を訪問して実際の創薬のプロセスや研究機関の役割について学び、結果をまとめてプレゼンテーションを行います。

2回生

化学系薬学科目・生物系薬学科目

専門領域を学ぶ科目が本格的にスタート

化学系薬学、生物系薬学の専門領域を系統的に学習し、3回生から始まる卒業研究の基礎を整えます。

3回生

履修モデルに沿った系統的履修

専門科目の系統的履修

専門科目に医療系薬学科目が加わり、各専門科目をバランスよく学習します。「医薬品化学実習」などの創薬に直結する(リンクする)専門的な実習にも取り組みます。科目選択の参考として化学系創薬研究者、生物系創薬研究者、臨床開発・医薬情報担当者の3つの履修モデルを設定しています。モデルに沿った履修をすることで将来の進路を見据えた確かな知識・技能を修得します。また、後期から各自研究室に配属し、自らの関心あるテーマに沿って卒業研究に取り組みます。

4回生

卒業研究

4年間の学びの集大成

より高度な知識の修得を目指して大学院進学。これまでに修得した知識や技術を活かし、卒業論文の完成を目指します。また、より専門性の高い科目も受講可能です。卒業後は多くの学生が大学院(創薬科学系の大学院を設置構想中)に進学し、「薬を創る」分野・領域をより深く学び、高度な専門知識と研究能力を身につけ、企業や研究機関におけるグローバル人材として活躍することが期待されます。

カリキュラムは
下記をご覧ください。

創薬科学科(4年制)
カリキュラム[PDF]