文字サイズ

NEWS & TOPICS

2017.11.15

2017.11.15

小関大地さん(精密合成化学研究室)が反応と合成の進歩シンポジウムにおいて「学生が選ぶ富山学生ポスター賞」を受賞

薬学研究科4年制博士課程精密合成化学研究室2回生の小関大地さんが、11月6,7日に富山で行われた反応と合成の進歩シンポジウムにおいてポスター賞を受賞しました。

日本薬学会が主体とする本シンポジウムは今年で第43回を迎え、ライフサイエンスを志向した理論、反応及び合成を討論主題とし、富山国際会議場で開催されました。今回、小関さんは「μ-oxo超原子価ヨウ素種を利用するシリルエノールエーテル類の酸化的カップリング反応」という演題で発表を行い、そのプレゼンテーションが優れたものと参加者より認められました。ハーバード大のBaranらが開発した方法に対し、反応に金属酸化剤を必要としないことが画期的で、生物活性物質の合成における独自の発展や応用が今後期待されます。


精密合成化学研究室ホームページ



2017.11.14

2017.11.14

上村真由さん(臨床分析化学研究室5回生)が優秀発表賞を受賞

上村真由さん(臨床分析化学研究室5回生)が第113回日本食品衛生学会学術講演会(11月9~10日)において、「安定同位体培養法による13C標識テトラサイクリン類の生成技術の開発」という演題でポスター発表を行い、優秀発表賞を受賞しました。

一般演題(ポスター発表)87題中、うち4演題(学生2演題)に優秀ポスター賞が授与されました。


公益社団法人日本食品衛生学会HP

立命館大学薬学部/大学院薬学研究科│臨床分析化学研究室HP




2017.11.13

2017.11.13

森本功治助教が平成29年度日本薬学会化学系薬学部会賞を受賞

この度、森本功治薬学部助教が日本薬学会化学系薬学部会賞を受賞しました。本賞は、有機化学の基礎および応用に関し、めざましい研究業績をあげ、今後の活躍が国内外から期待される若手研究者に贈られるものです。

なお授賞式および受賞者講演は、11月6日(月)に富山で行われた反応と合成の進歩シンポジウムにおいて行われました。




■「日本薬学会化学系薬学部会賞」を受賞した森本助教の研究テーマ

「ヘテロ原子を有する芳香族化合物類の革新的なメタルフリー酸化的結合形成」

公益財団法人日本薬学会化学系薬学部会ホームページ


関連情報

森本功治助教研究者データベース

精密合成化学研究室ホームページ

2017.11.07

2017.11.07

上島智助教(医療薬剤学研究室)が日本医療薬学会年会の優秀演題賞を受賞

医療薬剤学研究室の上島 智助教が第27回日本医療薬学会年会において、「心房細動患者におけるアピキサバン服用の母集団薬物動態/薬力学的解析」という演題で口頭発表を行い、優秀演題賞を受賞しました。

一般演題(口頭発表)315題中、講演要旨に基づく選考によって優秀演題賞候補に50題がノミネートされ、うち10演題に優秀演題賞が授与されました。


MORE