文字サイズ

NEWS & TOPICS

2018.9.28

2018.9.28

柳瀬伽奈さん(薬品分子化学研究室4回生)が 最優秀学生ポスター賞を受賞

柳瀬伽奈さん(薬品分子化学研究室4回生)は、第21回ヨウ素学会シンポジウムで最優秀学生ポスター賞を受賞しました。  

本学会は、貴重な天然資源で、且つ人間の成長に不可欠な元素である「ヨウ素」の更なる探求と高度利用を目指した団体で、大学・国公立の研究機関、企業の研究者・技術者、企業が均等に参加していることが特徴のひとつです。 薬品分子化学研究室ではこれまでに3価の超原子価ヨウ素反応剤を用いた新規グリコシル化反応の開発研究をおこなっており、今回はその研究の一環である「チオグルクロニドをグリコシルドナーとするグルクロニル化反応の開発」のポスター発表が評価され、受賞に至りました。本手法では、グルクロニル化反応が嵩高い基質においてもα選択的に進行すること、有害な金属触媒を使用しないこと、室温で容易に反応が進行すること等が評価されました。

2018.08.01

2018.08.01

小早川達貴さん(薬効解析科学研究室5回生)が Junior Investigator Poster Awardを受賞

小早川達貴さん(薬効解析科学研究室5回生)は第41回 日本神経科学大会
( 2018年7月26~29日、神戸)において、
「MEK/ERK signaling regulates regeneration of dopaminergic nerve circuit
in planarian Dugesia japonica」という演題でポスター発表を行い、
「Junior Investigator Poster Award(ジュニア研究者ポスター賞)」を
受賞しました。


本研究はMEK抑制薬がプラナリア脳のドパミン神経ネットワークの再構築を抑制する
ことを明らかにし、神経再生に関する基礎研究が評価されました。


2018.06.20

2018.06.20

教員の募集(2019年度)を開始しました

教員募集(2019年度任用)を開始しました。詳細は学校法人立命館採用情報ページをご参照ください。

「学校法人立命館 採用情報」 へ

2018.06.04

2018.06.04

川口高徳さん(分子生理学研究室 大学院薬学研究科4回生)が優秀発表賞を受賞

川口高徳さん(分子生理学研究室 大学院薬学研究科4回生)が第65回日本生化学会近畿支部例会(5月26 日)において「MoesinによるNKCC2のエンドサイト―シスと電解質再吸収における役割」という演題で口頭発表を行い、優秀発表賞をを受賞しました。
本研究は、腎臓において電解質再吸収に働くトランスポーターNa+K+2Cl-輸送体(NKCC2)について、細胞骨格タンパク質Moesinによる機能制御を証明したことが評価されました。


MORE