文字サイズ

2017.11.15

2017.11.15

小関大地さん(精密合成化学研究室)が反応と合成の進歩シンポジウムにおいて「学生が選ぶ富山学生ポスター賞」を受賞

薬学研究科4年制博士課程精密合成化学研究室2回生の小関大地さんが、11月6,7日に富山で行われた反応と合成の進歩シンポジウムにおいてポスター賞を受賞しました。

日本薬学会が主体とする本シンポジウムは今年で第43回を迎え、ライフサイエンスを志向した理論、反応及び合成を討論主題とし、富山国際会議場で開催されました。今回、小関さんは「μ-oxo超原子価ヨウ素種を利用するシリルエノールエーテル類の酸化的カップリング反応」という演題で発表を行い、そのプレゼンテーションが優れたものと参加者より認められました。ハーバード大のBaranらが開発した方法に対し、反応に金属酸化剤を必要としないことが画期的で、生物活性物質の合成における独自の発展や応用が今後期待されます。


精密合成化学研究室ホームページ