文字サイズ

2020.01.21

2020.01.21

薬学科5回生の柏原彩帆さんらの学会発表内容が薬事日報にて紹介されました

薬学科5回生の柏原彩帆さん、6回生の吉川夏未さん、丹羽今日子さんらが
薬局での実務実習期間中に実施した研究内容について、薬事日報に紹介されました。
https://www.yakuji.co.jp/entry76778.html

滋賀県草津市のパスカル薬局において調査研究を実施し、一包化を行う際に遮光や防湿などの
保存時の注意が必要な内服薬が調剤数量の約6割に達することを示しました。
一包化調剤を行う際に薬剤師の薬学的専門知識が必要であることを示す研究成果となっております。

発表演題名:地域の薬局において一包化を行う際に薬剤師の製剤評価が必要な薬剤の調査
発表者:柏原彩帆、中村早紀、吉川夏未、丹羽今日子、田城孝雄、平大樹、蓮元憲祐、横井正之
学会名:第33回 日本プライマリ・ケア連合学会近畿地方会(姫路)

(柏原さんら薬事日報)20200121