第8回みなくさまつりに参加

立命館大学Sustainable Week実行委員会は、体験型SDGsイベントに向けて段階を踏みながら企画を実施し、SDGsの認知度向上と理解浸透を図るために活動しています。2018年11月18日、南草津駅周辺で開催された第8回みなくさまつりに参加しました。 地域の方々と大学生が体験型SDGsの企画を通して互いの交流を深め、立命館大学ブースでは総勢500名を超える来場者の方にSDGsを知っていただくきっかけを作ることができました。

輪投げでつなげる、人の輪、知識の輪

今回、私たちは、輪投げでつなげる、人の輪、知識の輪をテーマに企画を実施しました。 立命館大学ブースではRitree、内燃機関研究会、ヘルスポ+R、SOIL&SOUL、ロボット技術研究会の5つの団体がそれぞれの活動に関する体験型SDGsの企画を実施し、1つ1つの企画が参加者の知識の輪を広げることに繋げることができました。 また、Sustainable Week 実行委員会は立命館大学ブースの終点として輪投げの企画を行いました。地域のたくさんの子どもたちに輪投げを楽しんでもらい、SDGsを通して地域と大学を結ぶ人の輪を広げる良い機会となりました。 また、11月9日にはFM草津(78.5MHz)18時台からの コーナーに出演させていただき、今後ますます活動を広めていきたいと考えています。

団体の公式サイトも是非ご覧ください。https://sustainableweek.org/

※SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals-持続可能な開発目標)とは、世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために世界各国が合意した17の目標と169のターゲットです。

一覧へ戻る