経済支援型奨学金

経済支援型奨学金とは

 経済支援型奨学金は、意欲あるみなさんが、経済的な理由により学業をあきらめることなく、自らの意志と責任で夢を追い求められるよう応援するためのものです。
 奨学金の種類は、「給付型(返還義務なし)」と「貸与型(返還義務あり)」があります。立命館大学独自の奨学金はほぼ全てが給付型です。貸与型で代表的なものは、日本学生支援機構奨学金です。それぞれにメリットとデメリットがありますので、上手く組み合わせながら活用し、有意義な学生生活を過ごしてください。

 ★大学院生の方へ
 本ページでは学生オフィスが扱う【経済支援型】の奨学金制度を紹介しています。
 大学院生に対しては、経済支援型以外にも研究科や大学院課が扱う奨学金や研究助成制度があります。
 それらに関しては、
⼤学院キャリアパス推進室をご覧ください。

  <Q&A>
  よくある質問と回答を掲載しています。
 


 <重要>

■ 新型コロナウイルスの影響により、2020年度に奨学金関連で予定していました
 説明会については、 全て中止といたします。(2020.05.11)
  奨学金関連各種説明会の中止について

■ 高等教育の修学支援新制度に係る2020年度の授業料減免と学費等納入についてはこちらをご覧ください。
■ 授業料減免に係る学費納入金額の確認方法はこちらをご覧ください。

What's new

  • 奨学金ガイド

1. 日本学生支援機構 給付奨学金とは

国の高等教育の修学支援新制度のひとつとして、意欲と能力のある若者が経済的理由により進学及び修学の継続を断念することのないよう支給される、原則として返還義務のない奨学金です。国費を財源としており、学業成績や家計に係る基準が設けられています。
原則、4月と10月の定期採用と、家計状況に急変が生じた場合の家計急変採用(随時募集)があります。

詳しくは日本学生支援機構Webサイトをご確認ください。

2. 立命館大学学費減免とは

国の高等教育の修学支援新制度に基づく授業料等減免制度と、本学の独自制度を包括した授業料減免制度です。

b_e_decision_flow
①日本学生支援機構 給付奨学金の募集に出願されると、成績判定は大学で、家計審査は日本学生支援機構で行います。
②日本学生支援機構 給付奨学金が採用となり支援区分が決定すると、高等教育の修学支援制度に基づく授業料等減免制度の支援区分も同様の区分で決定されます。支援区分決定後、支援区分による国の減免上限額と、大学で定める減免割合を比較し、より減免額の大きい方を適用します。
③日本学生支援機構給付奨学金の基準を満たさず不採用となった場合、提出された所得証明書の収入・所得に基づいて、本学の独自区分に該当するか確認します。該当する場合は年間4分の1の減免、該当しない場合は減免の対象とはなりません。

3. 定期採用(春)<学部生>

「日本学生支援機構 給付奨学金および立命館大学学費減免」の学部生対象の春学期定期採用について掲載しています。

概要

【日本学生支援機構 給付奨学金】
給付型であり、原則返還の義務はありません。受給期間は修業年限(4回生、薬学部薬学科は6回生)まで、奨学金は毎月学生名義の指定口座への振込となります。
世帯の所得金額に基づく支援区分に応じて以下の金額が支給されます。

     自宅通学        自宅外通学
第Ⅰ区分 38,300円(42,500円)  75,800円
第Ⅱ区分 25,600円(28,400円)  50,600円
第Ⅲ区分 12,800円(14,200円)  25,300円

※私立大学における金額。
※生活保護世帯の人および進学後も児童養護施設等から通学する人は、自宅通学の( )内の金額。

【立命館大学学費減免】
●学費請求時に決定した減免額を授業料から差し引く方法で給付されます。
●日本学生支援機構 給付奨学金の支援区分による授業料減免額と、本学の減免割合による年間授業料2分の1または4分の1、いずれかの大きい額の減免となります。

 日本学生支援機構    入学金     授業料      授業料
給付奨学金の支援区分  国の減免額   国の減免額   大学の減免割合
  第Ⅰ区分       200,000円*   700,000円     年額1/2
  第Ⅱ区分       133,400円    466,700円     年額1/4
  第Ⅲ区分       66,700円    233,400円     年額1/4

 本学の独自区分      -       -        年額1/4

*国が定める入学金減免の上限額は260,000円だが、本学の2020年度入学金は200,000円のため、最大で200,000円の減免となる。また、入学金減免は入学年度1回限りの適用となり、2回生以上については入学金減免の対象とならない。
採用定員 基準を満たす方全員
募集・出願
【郵送出願について(2020年4月7日更新)
※新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、郵送での出願のみと変更させていただきます。
※角2封筒(A4サイズが入る大きさ)に『郵送出願宛先用紙』を貼り付け、提出書類を特定記録郵便で送付してください。
出願締切:2020年4月15日(水)消印有効 受付終了

※出願受付後、今後の手続に必要な書類を『郵送出願宛先用紙』に記入の住所へ送付します。必ず受け取り、募集要項P.6の2と3の手続きを進めてください。
※高校在学中に予約採用が決定している方の手続きは、こちらを確認してください。
※2020年4月に「日本学生支援機構【貸与奨学金】」にも出願される場合、「日本学生支援機構 給付奨学金および立命館大学学費減免」と同時に出願することが可能です。詳しくはこちらを確認してください。

募集要項・願書

<参考> 2020年度 募集要項
  募集要項(PDF)
  願書(PDF)
  大学等における修学の支援に関する法律による授業料減免の対象者の認定に関する申請書(PDF)(両面印刷)
  スカラネット入力下書き用紙記入要領(PDF)
  指定書式【高等学校成績証明書】(PDF)
  指定書式【学修計画書】(PDF)
  指定書式【学修計画書】(Word)
  ※指定書式は該当者のみの提出。
「給付奨学金案内」「スカラネット入力下書き用紙」が必要な方は、日本学生支援機構Webサイトの「給付奨学金案内等(大学等の在学者用)」を確認してください。

※秋採用(二次採用)の詳細はこちら

4. 定期採用(秋)<学部生>

2020年度 秋採用(二次採用)が決定しました。詳細はWhat's Newを確認してください。

5. 予約採用<学部生>

高校在学中に日本学生支援機構奨学金の予約採用者(貸与・給付)に決定している方が、入学後に行う手続きについて掲載しています。
2020年度学部新入生の詳細はこちら。

6. 家計急変<学部生>

生計維持者の死亡、重度後遺障害、勤務先都合による解雇、家屋が被災等の理由により家計に急変が生じ、経済的に修学困難となった学部生を支援する奨学金制度です。
採用された場合は、日本学生支援機構 給付奨学金および国の授業料等減免の受給対象となります(立命館大学学費減免での「大学の減免割合および本学の独自区分」は適用されません)。また、採用後は家計急変事由の発生から15か月を経過するまで、3か月毎に支援区分の見直しがあります。

出願方法などの詳細は、所属キャンパスの学生オフィスにお問合せください。

7. 各種願(届)ダウンロード

準備中。

8. お知らせ(随時更新)

*対象者にはmanaba+Rにも配信していますので確認してください(manaba+Rは学生本人のみ閲覧可能です)。