体育会サッカー部の小松拓幹選手がJリーグ・カマタマーレ讃岐に入団内定

TOPICS

  • 男子サッカー部

  • SPORTS

  1. home
  2. SPORTS REPORT & TOPICS
  3. 体育会サッカー部の小松拓幹選手がJリーグ・カマタマーレ讃岐に入団内定

体育会サッカー部の小松拓幹選手がJリーグ・カマタマーレ讃岐に入団内定

 1月10日、体育会サッカー部の小松拓幹選手(産業社会学部4回生)が、Jリーグ・カマタマーレ讃岐に入団内定することが決定しました。

 小松選手は、阪南大学高等学校から体育会サッカー部へ入部。長身を武器に、空中戦やカバーリングを得意としています。大学でのプレーが最後となる2019シーズンは、守備の要としてリーグ戦や天皇杯に出場し、サッカー部の中心選手として活躍しました。

小松拓幹選手のコメント

 このたび、カマタマーレ讃岐に入団することになり、身の引き締まる思いです。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアをカマタマーレ讃岐でスタートできることを大変嬉しく思います。また、これまで支えてくださった指導者、チームメイト、そして家族には大変感謝しています。プロの舞台は一日一日が勝負です。プレーに磨きをかけ、多くの方に夢や希望を与えられる選手になれるよう頑張りたいと思います。

写真提供:立命スポーツ編集局

関連情報

ページトップへ