立命館大学人文科学研究所は、グローバリズムが、政治や経済、文化や社会の諸領域に生み出している諸問題を理論的に解明し続けています。

立命館大学人文科学研究所

人文科学研究所について

トップ > 人文科学研究所について > 所長あいさつ

所長あいさつ

 人文科学研究所は、立命館大学のもっとも歴史ある研究所であり、1948年の発足以来、学内外の研究者を組織し、社会科学や人文諸科学の学際的共同研究を精力的に推し進め、その成果を社会に還元する取り組みを積み重ねてきました。
 21世紀に入って10年以上が過ぎた現在、世界はグローバリズムの余波を受けた貧富の格差の増大、度重なる内戦・民族紛争、飢餓、差別の広がりなど人間の尊厳や生存条件を大きく阻害する深刻な危機に見舞われています。
 そうした中にあって人文・社会諸科学に対する期待は高まりつつありますが、はたしてこの事態に人文・社会科学はどのように対応できるのかという点に関しては、誰も明確な答えはもっていません。一見、社会の動静とは直接関係がないように見える地道な研究の蓄積を継続するとともにその意味を捉え返し、各分野の研究者が総力をあげてその答えを見つける努力をする以外に有効な手立てはありません。まさに、これまでの伝統の継承とともに、より充実した学祭研究への取り組みが求められています。
 本研究所は一切の妥協を排して、こうした未来を見据えた研究に取り組んで生きたいと考えています。そのために、学内外の研究者の豊富な研究蓄積と旺盛な問題関心、未来を担う若い世代の研究者の斬新な視座やイマジネーションを最大限に生かし、あらたな可能性を秘めた「人間の学」を追求していきます。

人文科学研究所所長

人文科学研究所所長
小関 素明

所在地・お問い合わせ

〒603-8577
京都市北区等持院北町56-1
TEL 075-465-8225(直通)
MAIL jinbun@st.ritsumei.ac.jp

お問い合わせ

Copyright © Ritsumeikan univ. All rights reserved.