学生インタビュー

INTERVIEW

INTERVIEW 01

食産業・食文化に貢献すべく、貪欲に学んでいきたい。

平畑 友貴 さん

食マネジメント学部 食マネジメント学科 2回生
兵庫県立長田高校出身

INTERVIEW

01

 子どもの頃、兄や姉と一緒に母の手伝いをするなかで料理の楽しさを知ったことが、食に興味を持つようになったきっかけです。兄はバリスタに、姉はパティシエになりましたが、自分はどのように食に関わっていくのか、進むべき道を見極めたいとの思いから、食を総合的に学べる食マネジメント学部を志望しました。

 現在はマネジメント、カルチャー、テクノロジーの3領域を広く学んでいます。心に残っているのは「経営学入門」です。学びを通して今まで意識したことのなかった、容易に食材が手に入る便利さを、日本の食の供給システムの成果として捉えられるようになりました。そして、スーパーでダシを選ぶ時、各種の特徴を把握するだけではなく、「それぞれがなぜこのような味になったのか」ということまで考えるようになるなど、食品に対する視点も変わりました。

 現在は、食に関わる活動にも積極的に参加しています。一つにはユネスコの無形文化遺産にも認定されたナポリピッツァの職人の技術を、学部が提携している「真のナポリピッツァ協会」の指導のもと学習しています。協会から寄贈されたピッツァ窯をキャンパスで活用し、本物のナポリピッツァ作りに挑戦しています。また、オーガニック食材の認知度を高めることを目的とする学生農業団体「ORGANiC」では、地元の農家の方々の指導のもと有機野菜の栽培・収穫を体験しました。

 こうした日々のなかで、「食産業・食文化に貢献したい」という目標が定まってきました。今後も講義やあらゆる活動を通して得られる新たな発見、出会い、コミュニティを糧に、食に対する見識を深め、感性を磨いていきたいと思っています。

INTERVIEW 02

“食”を知れば知るほど、自分自身の可能性が広がっていきます。

橘髙 陽香 さん

食マネジメント学部 食マネジメント学科 2回生
愛知県立刈谷高校出身

INTERVIEW

02

「食べることが好きだから、食に関わる仕事に就くのもいい」。そんな漠然とした思いで入学しましたが、食マネジメント学部で学び、食に対する意識が変化してきました。福井県小浜市で行われたフィールドワークでは、漁業やホテル経営、食育など、様々な形で食に携わる人がいることを知り、食という分野の幅広さや可能性の大きさを感じました。テクノロジー分野の授業では、鼻をつまんでチョコレートを食べ、おいしさに果たす嗅覚の重要性を体感するなど、新たな発見の連続です。最も印象に残っているのは、カルチャー分野の授業で学んだ、食べられる食品が廃棄されるフードロスの問題です。最初は「提供量を少なくすればいいのでは」と考えましたが、マネジメント分野の授業で知った企業経営の知識を踏まえると、そう単純な問題ではないことが見えてきました。消費者には、量の多さに魅力を感じる人もいるでしょうし、メーカーや飲食店にとって、量の変更は価格やパッケージの変更など、多大なコストを要します。そうした複雑な問題であることに気づき、何事も多角的な視点で捉えることの大切さを実感しました。こうした学びを通じて、食による地域再生やインバウンド事業における日本食のアピールにも興味が芽生えてきました。これからも幅広く食と向き合い、自分の可能性を広げていきたいです。

INTERVIEW 03

多角的な側面から食を学ぶおもしろさを実感。

黒坂 ヒカル さん

食マネジメント学部 食マネジメント学科 2回生
福岡県立福岡高校出身

INTERVIEW

03

 食を学ぶおもしろさを身をもって実感したのが、1回生の「基礎演習」でゼミナール大会に出場した時です。グループに分かれて自分たちで決めたテーマで研究に取り組み、論文にまとめた成果を発表しました。私たちのグループは、食材をムースのようなきめ細かい泡状にする「エスプーマ」に焦点を当てて調査を実施。醤油のエスプーマを作って官能評価や食味調査を行い、幼児から高齢者まであらゆる世代での活用可能性を検討しました。調査・研究を通して「食」の多様な側面を知り、「食っておもしろい!」と改めて感じました。

 3月には、先生に随行して米国で開催された最先端テクノロジーのイベントSXSWに参加。イベントでは先生が企業と共同で開発している日本酒を使ったゼリーを来場者に紹介する役割を任せられました。多くの人に興味を持ってもらい、海外の人に日本の食を伝えることにも関心が広がると同時に、語学力やコミュニケーション力の必要性も痛感しました。そのため今後は英語の勉強にも力を入れたいと考えています。さらに視野を広げるため、夏休みにはベトナムでの海外研修に参加する予定です。

 2回生になった今は、「入門演習」で細胞の培養や化学実験に挑戦し、新たなおもしろさを発見したところです。関心を持ったことがあれば、どんなことにでも挑戦できるのが食マネジメント学部の魅力。これからも食の多様な面を学び、興味や可能性を広げたいと思っています。

※SXSW:South by Southwest、サウス・バイ・サウスウェスト

INTERVIEW 04

実践的な学びで「強み」が
増えたことを実感

正岡 碧海 さん

食マネジメント学部 食マネジメント学科 2 回生
滋賀県・立命館守山高校出身

INTERVIEW

04

高校3年生の時に、立命館大学のオープンキャンパスで『グローバル・カリナリーアーツ・アンド・マネジメントプログラム』の講義を受け『絶対にこのプログラムを受けたい』と思い食マネジメント学部を志望しました。

 1回生の春休みに受講した『実践カリナリー基礎(実習)』では、フランス人シェフの方から正しい調理技術を学ぶだけでなく、料理方法や衛生管理に対する考え方から日本とフランスの文化の違い、コミュニケーションの大切さや組織のマネジメント方法などを学びました。授業は実践的な方法で進むことが特長だと思います。春休みの4週間、集中的に授業が実施されるので受講前は頑張れるかなと不安でしたが、毎日が発見の連続であっという間でした。専門的な知識を身につけることができ私の強みが増えたと実感しています。