教員紹介

阿良田 麻里子

Mariko ARATA 阿良田 麻里子 教授

  • 専門分野食文化研究、文化人類学、言語人類学、
    言語学、インドネシア地域研究
  • 所属学会日本認知言語学会、日本文化人類学会、東南アジア学会、
    日本インドネシア学会、日本家政学会、日本栄養学教育学会、
    国際人類学・民族学科学連合(IUAES)

これまでの研究の概要

日本語教師としてインドネシアの大学で勤務した後、インドネシアの言語文化の研究を始め、修士論文(東京外国語大学)ではインドネシア語・日本語の調理動詞・料理名称の対照研究から、料理の通文化研究の方法論を提言しました。

博士課程(総研大)では西ジャワ農村で長期調査を行い、言語人類学的アプローチからスンダの食文化を研究しました。その後、都市部へと対象を広げつつ、国立民族学博物館、東京工業大学「ぐるなび」食の未来創成寄附講座等で、生活文化としての食文化、食に関わる認識・選択・行動、食生活の変容等について研究してきました。現在はおもに、ハラール食をはじめ、食の禁忌をもつ人々の食選択に関心をもっています。

食マネジメント学部における今後の研究の方向性

生活文化としての食文化や、食に対する認識が、消費者の行動に与える影響について、文化人類学的なアプローチから研究します。食のハラール研究を国際共同研究へと発展させるほか、基礎研究として、世界各地の食ビジネスや食生活の変容・現状について国内諸機関の研究者と共同研究を行い、情報を集積したいと思います。

主な研究業績

  • 『世界の食文化6 インドネシア』農文協、2005年
  • 『文化を食べる 文化を飲む グローカル化する世界の食文化とビジネス』ドメス出版、2017年(編著)
  • 『食のハラール入門 今日からできるムスリム対応』講談社サイエンティフィク、2018年