ニュース

最新のニュース

2017.11.21

2017/11/21 スポーツ健康科学研究科博士後期課程の街勝憲さんらの研究が「Phsyiological Reports」に原著論文として掲載されました。

 スポーツ健康科学研究科博士後期課程の街勝憲さんが、徐宇中さん、劉辛さん、田畑泉先生と共同で取り組まれた研究が“Physiologica Reports"にに原著論文として掲載されました。

 この論文は、立命館大学びわこ・くさつキャンパスのインテグレーションコアに世界に1台しかない、ダグラスバッグによる酸素摂取測定装置を併設した代謝測定室を用いた初めての研究論文です。

 この研究により、最大酸素摂取量の170%の強度の20秒間の運動を10秒に休息を挟み67セットで疲労困憊に至る高強度・短時間・間欠的運動(HIIE)を午前1030から開始した後の安静時酸素摂取量は、運動終了後1.5時間までは、で運動を行わない条件と比べて高いこと、昼食及び夕食差がなくなること、両食事後の酸素摂取量の増加(食事誘発性熱産生)がHIIE後に多くなり、その量は被検者の最大酸素摂取量と有意な相関関係があることをが明らかとなりました。本研究の結果より、中等度強度の長時間運動に比べてHIIEによる酸素摂取量の増加量(エネルギー消費量)は高くないことがわかりました。しかし、食事誘発性の酸素摂取量のHIIEよる増加は、運動中の酸素摂取量、運動後1.5時間の安静時の酸素摂取量の増加(EPOC)と同程度であり、それが最大酸素摂取量に強く関係していることは、このようなHIIEを用いたトレーニングを行い最大酸素摂取量を増加させることで,さらに食事誘発性の酸素摂取量を増加させることが出来る可能性を示唆した結果と考えられます。


http://physreports.physiology.org/content/5/22/e13506

/file.jsp?id=357829

続きを読む

2017.11.20

2017/11/17 本学部助教の寺田昌史先生の研究が国際誌「Gait & Posture」に原著論文として掲載されました。


本学部助教 寺田昌史先生がケンタッキー大学大学院健康科学・リハビリテーション学研究科准教授 Phillip A. Gribble先生、Nate Johnson先生、同研究科の博士課程研究員のKyle Kosik 氏と共同で取り組まれた研究が、「Gait & Posture」に原著論文として掲載されました。

 

この研究論文は、若年期に足関節捻挫を経験したことのある高齢者では、立位姿勢の安定性を保つ能力が制限されていることを明らかにしています。これは、若年期に受傷した足関節ねんざが高齢者にみられるバランス機能低下の要因である可能性が考えられ、足関節ねんざが人々の「生活と健康」に与える長期的な影響を解明するうえで重要な知見となるものです。

 

Terada M, Kosik K, Johnson N, Gribble P. (2017). Altered Postural Control Variability in Older-Aged Individuals with A History of Lateral Ankle Sprain. Gait & Posture. 2017. In Press.

http://dx.doi.org/10.1016/j.gaitpost.2017.11.009

続きを読む

2017.11.14

「大学院ウィーク」本研究科独自企画を実施しました(11/7・9・13)!


       
  

11
6日から19日まで、“大学院から見える未来は今よりずっと広い”というキャッチフレーズのもとに、全学的に「大学院ウィーク」という企画が実施されています。
スポーツ健康科学部でも小集団科目の2回生を対象とした「研究入門」と3回生を対象とした「専門演習」にて、現役の大学院生、また大学院を修了し、社会で活躍しているOBOGを招いて、「大学院から見える未来」について、学部生に考えてもらう機会を設けました。

117日と9日(写真 左・中)は、「キャリアを拓く大学院」というテーマにて、学部3回生を対象にパネルディスカッションを実施し、7日には、株式会社リクルートアドミニストレーションの田原結さん、ミナト医科学株式会社販売推進センターの中塚惇さん、9日には、株式会社オズマピーアール関西支社の辻本哲郎さん、日本シグマックス株式会社医療企画開発部の吉田章吾さん、そして、株式会社バンダイホビー事業部の奥野彰文さんに登壇いただきました。OBOGの先輩方は、後輩となる学部生に大学院に進学したきっかけや学部生と大学院生の違いなどについて、熱心に語り、大学院時代に身につけた能力として、論理的な思考や物事を客観視することが現在の仕事における問題解決力や計画性、仕事の遂行力に役立っているということでした。

1113日(写真 右)は、「社会とつながるスポーツ健康科学」というテーマにて、学部2回生を対象に現役の大学院生が大学院に進学したきっかけだけでなく、大学院生活の様子や研究のおもしろさについて話してくれました。登壇者は、博士課程後期課程1回生の角大地さん、博士課程前期課程2回生の武中沙葵さん、仲山七虹さん、日比健人さんが登壇してくれました。学部生の時には、単位修得をはじめ、決められたことややるべきことを淡々とこなしていたのに対して、大学院に進学してからは、授業、課題、研究など、自らがスケジュール管理も含め、1から組み立てなければならず、様々な活動から生み出される成果は、全て自分自身に委ねられていることの厳しさとともに、やりがいを感じているということを、大学院生は総じて話してくれました。その上で、豊かな学生生活を過ごすキーワードは、「主体性」。自分のキャリアや人生を捉え、自分がどうなりたいのかを自分自身でプロデュースすることが重要だと、学部生に熱く語りかけてくれていました。

「大学院から見える未来」、皆さんも大学院に進学して、それを感じ取って下さい。


続きを読む

2017.11.15

研究科合同入試説明会を開催します(11/23 OIC、12/11 衣笠)!


全学合同で実施する入試説明会に、スポーツ健康科学研究科も参加いたします。

社会人の方にも参加しやすい日程・場所も設けています。

進学をお考えの方、スポーツ健康科学分野の研究に興味のある方は、ぜひご参加ください。

 

【大阪いばらきキャンパス(OIC)】

日時:1123日(木祝)18002100

 

【衣笠キャンパス】

日時:1211日(月)16201920

 

※詳細は以下URLを参照ください。

http://www.ritsumei.ac.jp/gr/exam_event/briefing/index.html/

続きを読む

2017.10.10

(本研究科進学希望者向け)2017年度スポーツ健康科学研究科「オープン研究室」開催(10/28、12/9)


6月17日(土)、7月15日(土)8月5日(土)10月28日(土)、12月9日(土)に立命館大学大学院ス ポーツ健康科学研究科にて「オープン研究室」を開催します。スポーツ健康科学研究科の概要、大学院生・教員の研究説明、施設見学等、研究科所属教員と直接 話をしながら、研究科について知る事ができます。社会人の方など平日なかなか来学できない方は、この機会に、ぜひご参加ください。
参加を希望される方は、申込先メールアドレス宛に下記の必要事項を記載の上、お申込みください。なお、申込締切およびキャンセル期限は、開催日より3日前までとさせていただきます。

<<2017年度スポーツ健康科学研究科 オープン研究室>>
  開催日 :2017年6月17日(土)、7月15日(土)8月5日(土)10月28日(土)、12月9日(土)
  開催時間:13:00~17:00(の内、1時間程度)
  開催場所:立命館大学びわこくさつキャンパス インテグレーションコア

申込先メールアドレス:spoken3@st.ritsumei.ac.jp
件名:●月●日スポーツ健康科学研究科「オープン研究室」参加申込み
内容:
■氏名
■連絡先(携帯電話等、連絡のつきやすいもの)
■現在のご所属(大学名等)
■受験を考えている場合:受験予定入試(課程<前期・後期>、時期、方式)
■希望する研究テーマ(できる限り詳細に)
■希望する研究指導教員
 (もしくは話を聞いてみたい教員、ただし当日対応する教員についてはご希望に沿えない場合があります。)
■13:00~17:00の間で参加を希望する時間

を必ず記載の上、メールをお送りください。頂いたメールアドレス宛にご返信させて頂きます(ご返信に日数がかかる場合があります)。携帯電話のメールアドレスの場合、パソコンからのメールを受信できるように設定しておいてください。

※頂いたメールをそのまま当日対応する教員にも転送します。ご了承ください。
※大学主催の秋季研究科合同説明会についてはこちら外部リンクを参照してください。

続きを読む

2017.10.11

11/6(月)~11/19(日)2017年度「大学院ウィーク」のイベントスケジュールが公開されました!


大学院は研究だけではない!
自分の「可能性」と「成長」を広げることができる場です。

企業就職を考えている方も含め、
将来のビジョンを明確にするために、
全学で開催される「大学院ウィーク」の企画にぜひ参加してみてください。

☆大学院ウィークホームーページ
http://www.ritsumei.ac.jp/gr/exam_event/information/

☆スポーツ健康科学研究科企画ページ
http://www.ritsumei.ac.jp/gr/exam_event/information/bkc/#gs_shs

続きを読む

2017.11.13

2017/09/22 本学部2回生の森本晃央さんの研究が「The Journal of Physical Therapy Science」に原著論文として掲載されました。


スポーツ健康科学部2回生森本晃央さんが同学部教授 伊坂忠夫先生、助教 菅唯志先生と共同で取り組まれた研究が、「The Journal of Physical Therapy Science」に原著論文として掲載されました。

これまでに握力やそれに関連する前腕の筋サイズが全身の骨格筋量を反映し、加齢や慢性疾患依存性の骨格筋委縮を評価する有効な指標であることが明らかにされています。一方、握力は、前腕のみならず手掌の筋サイズに影響されます。この研究論文は、健常若年男性において、前腕の筋厚に加えて、手掌の虫様筋と掌側骨間筋の筋厚が全身ならびに四肢の骨格筋量に関連することを明らかにしました。これらの結果は、手掌の筋厚が加齢や慢性疾患依存性の骨格筋委縮を評価するための指標として役立つ可能性を示唆しています。

 

Morimoto A, Suga T, Tottori N, Wachi M, Misaki J, Tsuchikane R, Isaka T. Association between hand muscle thickness and whole-body skeletal muscle mass in healthy adults: a pilot study. Journal of Physical Therapy Science 29(9), 1644-1648, 2017

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpts/29/9/29_jpts-2017-168/_article/-char/ja/

続きを読む

2017.11.10

2017/11/06本学部博士前期課程1回生の上野弘聖さんの研究が「International Journal of Sports Medicine」に原著論文として掲載が決定しました。


スポーツ健康科学部博士課程前期課程1回生の上野弘聖さんが同学部教授 伊坂忠夫先生、教授 長野明紀先生、助教 菅唯志先生と共同で取り組まれた研究が、「International Journal of Sports Medicine」に原著論文として掲載が決定しました。

この研究論文は、磁気共鳴画像法を用いて、陸上長距離走選手および一般者の第1趾および第2趾の足趾骨長を測定し、長距離走選手は、一般者よりも第1趾および第2趾の足趾骨が長いことを明らかとしました。さらに、長距離走選手では、第1趾の足趾骨が長いほど5000m自己記録が高いことを明らかにしました。したがって、長距離走選手における長い足趾骨は、高いランニングパフォーマンスを獲得するための有益な形態的因子である可能性を示唆しました。

 

Ueno H, Suga T, Takao K, Tanaka T, Misaki J, Miyake Y, Nagano A, and Isaka T (2017). Association between forefoot bone length and performance in male endurance runners. Int J Sports Med, in press.


続きを読む

2017.10.30

A mechanism underlying preventive effect of high intensity training on colon cancer



 大腸がんは、近年患者数が増えており、我が国において、登録患者数が男女とも2位となっています。疫学的研究から身体活動・運動は大腸がんの予防効果があることが知られていますが、その機序(仕組み)は明らかではありません。従来、中等強度の身体活動・運動により大腸がん発症の最初の段階である前がん細胞(異常腺窩(Aberrant Crypt Foci; ACF))を増加させ、将来の大腸がん発症抑制させる可能性があることが報告されていますが、本研究では、高強度・短時間・間欠的運動(いわゆるタバタトレーニングで用いられる運動)が大腸が発症の最初の段階である前がん細胞を減少させ、将来の大腸がんの発症を予防する機序を明らかにしました。

 前がん細胞の発生から、大腸がん発症には20年以上かかることを考えると、この研究の結果は、サッカー、ラグビー、バスケットボールのような嗜好性が高く、人生で長く続けられるようなスポーツが将来の大腸がんの発症予防効果を期待することが出来ることを示していると考えられます。また この研究で用いられている20秒の運動を10秒の休息を挟み6から7回で疲労困憊に至る高強度・短時間・間欠的運動を用いたトレーニング、すなわちタバタトレーニングは従来、スポーツの競技力を高めることが知られていましたが、本研究により疾病の予防にも有効である可能性が示されました

この論文は アメリカスポーツ医学会の会員向けメーリングリストで配信されました
http://www.multibriefs.com/briefs/acsm/active102417.htm

立命館大学
スポーツ健康科学部
田畑 泉
ホームページ tabatatraininglabo.com


続きを読む

2017.10.25

2017/08/08 本研究科博士課程後期課程1回生鳥取伸彬さんの研究が「Pediatric Exercise Science」に原著論文として掲載されました。


 スポーツ健康科学研究科博士課程後期課程1回生鳥取 伸彬さんが同研究科の助教・菅唯志先生、教授・伊坂忠夫先生、教授・藤田聡先生、と共同で取り組まれた研究が、「Pediatric Exercise Science」に原著論文として掲載されました。

 この研究論文は、小学生スプリンターの疾走速度は体幹部の大腰筋、大腿部の大腿四頭筋および内転筋群の大きさと関連することを示しました。このことから、小学生の疾走能力には股関節の屈曲に関わる筋と膝関節の伸展に関わる筋肉が重要であることが示唆されました。

なお、本研究内容は915日に読売新聞地方版26(京都)及び917日に読売新聞地方版25(滋賀)にて掲載されました。

 

Nobuaki Tottori, Tadashi Suga, Yuto Miyake, Ryo Tsuchikane, Mitsuo Otsuka, Akinori Nagano, Satoshi Fujita, and Tadao Isaka. Hip flexor and knee extensor muscularity are associated with sprint performance in sprint-trained preadolescent boys. Pediatric Exercise Science. Aug 8 ; Epub ahead of print.


続きを読む

2017.10.25

2017/8/7 本研究科博士課程後期課程3回生阿藤聡さんの研究が「Physiological Reports」に原著論文として掲載されました。


スポーツ健康科学研究科博士課程後期課程3回生 阿藤 聡さんが同研究科教授の藤田聡先生と共同で取り組まれた研究が、「Physiological Reports」に原著論文として掲載されました。

この研究では動物モデルを用いて、運動時の力積(筋の発揮張力と収縮時間の積)が等しい条件下では、レジスタンス運動の際の筋収縮様式(例えばダンベル運動における挙上、下ろす、静止などの異なる動作における筋肉の活動)が異なっても、運動後の筋タンパク質の分解に関与する分子制御の応答が同様となることを示しました。

 

Satoru Ato, Yuhei Makanae, Kohei Kido, Kohei Sase, Naomi Yoshii, Satoshi Fujita. The effect of different acute muscle contraction regimens on the expression of muscle proteolytic signaling proteins and genes (2017) Physiological Reports. August.


続きを読む

2017.10.02

2017/10/6~ 研究科博士課程前期課程・後期課程入学試験(11月実施)の出願を開始します


スポーツ健康科学研究科
博士課程前期課程・後期課程11月実施入学試験の出願開始についてお知らせいたします。


試験日:2017年11月11日(土)
出願期間:2017年10月6日(金)~2017年10月20日(金)
     ※出願は郵送のみ。締切日消印有効。

※詳細は「立命館大学大学院 入試情報サイト」へ。
入試要項および過去問題などが確認できます。


【お問合せ】 立命館大学スポーツ健康科学部事務室 研究科担当
        TEL:077-561-3760(平日10:00-17:00)

続きを読む

2017.10.11

2017/10/09本研究科博士課程後期課程2回生水野沙洸さんの研究が国際誌「Frontiers in Physiology」に原著論文として掲載されました。


スポーツ健康科学研究科博士課程後期課程2回生水野沙洸さん(日本学術振興会・特別研究員DC2)がスポーツ健康科学部教授後藤一成先生と共同で取り組まれた研究内容が、「Frontiers in Physiology」に原著論文として掲載されました。

本研究論文では、成人男性30名を対象に、低強度・長時間ランニング中におけるコンプレッションウェアの着用が下肢筋群の筋パワーおよび筋損傷に及ぼす影響を、着用部位の差異に着目して検討を行いました。その結果、低強度・長時間ランニング中における大腿部に15mmHg着圧を施したコンプレッションウェアの着用は、通常のタイツを着用した条件と比較して、運動終了後における血中の筋損傷マーカーの上昇を有意に抑制することが明らかとなりました。

 

Sahiro Mizuno, Mari Arai, Fumihiko Todoko, Eri Yamada and Kazushige Goto. Frontiers in Physiology, 2017; doi: 10.3389/fphys.2017.00834


続きを読む

2017.10.10

2017/3/23 本学部博士課程前期課程修了生の田中貴大さんの研究が「Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports」に原著論文として掲載されました.


スポーツ健康科学研究科博士課程前期課程修了生の田中貴大さんが同研究科教授伊坂忠夫先生および教授長野明紀先生,スポーツ健康科学部助教菅唯志先生および助教大塚光雄先生と共同で取り組まれた研究が「Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports」に原著論文として掲載されました.

この研究論文は,磁気共鳴画像法を用いて,陸上短距離走選手および一般者の第1趾および第2趾の足趾骨長を測定し,短距離走選手は,一般者よりも第1趾および第2趾の足趾骨が長いことを明らかとしました.さらに,短距離走選手では,第2趾の足趾骨が長いほど100m自己記録が高いことを明らかにしました.したがって,短距離走選手における長い足趾長は,高いスプリントパフォーマンスを得るために有益な形態的因子である可能性を示唆しました.

 

Tanaka T, Suga T, Otsuka M, Misaki J, Miyake Y, Kudo S, Nagano A, Isaka T. Relationship between the length of the forefoot bones and performance in male sprinters. Scand J Med Sci Sports, Epub ahead of print

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/sms.12857/full

/file.jsp?id=353427


続きを読む

2017.10.10

2017/6/23本学部博士前期課程1回生の上野弘聖さんの研究が「Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports」に原著論文として掲載が決定しました。


スポーツ健康科学研究科博士課程前期課程1回生の上野弘聖さんが同研究科教授 伊坂忠夫先生および教授 長野明紀先生、スポーツ健康科学部助教 菅唯志先生と共同で取り組まれた研究が「Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports」に原著論文として掲載が決定しました。

 この研究論文は、陸上長距離走選手を対象として、磁気共鳴画像を用いて測定した腓腹筋内側頭のアキレス腱長がランニングパフォーマンスに関係することを明らかにしました。この結果から、長距離走選手における長いアキレス腱は、高いランニングパフォーマンスを獲得するための有利な形態的因子であることが示唆されました。

 

Ueno H, Suga T, Takao K, Tanaka T, Misaki J, Miyake Y, Nagano A, Isaka T. Relationship between Achilles tendon length and running performance in well-trained male endurance runners. Scand J Med Sci Sports, in press.

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/sms.12940/full


続きを読む

2017.10.10

2017/10/03本学部博士前期課程1回生の上野弘聖さんの研究が「International Journal of Sports Medicine」に原著論文として掲載が決定しました。


スポーツ健康科学研究科博士課程前期課程1回生の上野弘聖さんが同研究科教授 伊坂忠夫先生および教授 長野明紀先生、スポーツ健康科学部助教 菅唯志先生と共同で取り組まれた研究が「International Journal of Sports Medicine」に原著論文として掲載が決定しました。

 この研究論文は、長距離走選手における足関節底屈スティフネスがランニングパフォーマンスに関係することを明らかにしました。この結果から、高い足関節底屈スティフネス(つまり筋腱複合体の低い柔軟性)は、優れたランニングパフォーマンスを獲得するために有利に働くことが示唆されました。

 

Ueno H, Suga T, Takao K, Tanaka T, Misaki J, Miyake Y, Nagano A, Isaka T. Potential relationship between passive plantar flexor stiffness and running performance. Int J Sports Med, in press


続きを読む

2017.10.03

2017/09/15 本学部博士課程後期課程4回生の和智道生さんの研究が「The Journal of Physical Therapy Science」に原著論文として掲載されました。


スポーツ健康科学部博士課程後期課程4回生の和智道生さんが同学部教授 伊坂忠夫先生、同学部助教 菅唯志先生と共同で取り組まれた研究が、「The Journal of Physical Therapy Science」に原著論文として掲載されました。

この研究論文は、これまでに一般者を対象として、超音波法を用いて測定した体幹筋の筋厚が磁気共鳴画像法を用いて測定した筋断面積と強い相関関係を示すことを明らかにしてきましたが(Wachi et al. J Phys Ther Sc, 2017)、さらに野球競技選手を対象として、超音波法を用いて測定した体幹筋の筋厚が磁気共鳴画像法を用いて測定した筋断面積と高い相関関係が得られることを明らかにしました。これらの結果から、スポーツ競技者においても体幹筋サイズの評価に超音波法が有用であることが明らかとなりました。

 

Wachi M, Suga T, Higuchi T, Misaki J, Tsuchikane R, Tanaka D, Miyake Y, Kanazawa N, Isaka T. (2017). Applicability of ultrasonography for evaluating trunk muscles size in athletes; a study focused on baseball batters. J Phys Ther Sci, 29: 1534–1538.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28931982

続きを読む

2017.09.19

2017/09/13 本研究科博士課程前期課程2回生 生友明穂さんの研究論文の「European Journal of Sports Science」への掲載が決定しました。


 スポーツ健康科学研究科博士課程前期課程2回生 生友明穂さんがスポーツ健康科学部教授 後藤一成先生、博士課程後期課程2回生笠井信一さん(日本学術振興会・特別研究員DC2)と共同で取り組まれた研究論文の「European Journal of Sports Science」への掲載が決定しました。この論文は、間欠的な全力ペダリング時のセット間に比較的長い休息を挟むことで、従来の方法に比較してより一層のトレーニング効果が生じることを報告したものです。

 

Ikutomo A, Kasai N, Goto K. Impact of Inserted Long Rest Periods during Repeated Sprint Exercise on Performance Adaptation. Eur J Sports Sci, 2017 (In press)


続きを読む

2017.09.15

2017/09/11 本学部・後藤一成教授の研究の「Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism」への掲載が決定しました。


 スポーツ健康科学部・後藤一成教授が同研究科・笠井信一さん(博士課程後期課程2回生、日本学術振興会・特別研究員DC2)、小島千尋さん(博士課程後期課程2回生、日本学術振興会・特別研究員DC2)、石橋彩さん(博士課程後期課程3回生)と共同で取り組まれた研究内容の「Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism」への掲載が決定しました。

 

 この研究は、間欠的な全力ペダリング運動に対するヘプシジン(鉄代謝を抑制するホルモン)の分泌動態を、通常酸素環境下と低酸素環境下で比較したものです。

 

Kazushige Goto, Nobukazu Kasai, Chihiro Kojima, Aya Ishibashi

Post-exercise serum hepcidin response to repeated sprint exercise under normoxic and hypoxic conditions. Appl Physiol Nutr Metab, 2017 (ahead of print)


続きを読む

2017.09.11

2017/8/18-20日本スポーツ栄養学会第4回大会にて、スポーツ健康科学研究科博士課程前期課程修了生、佐藤 愛さんの「日本スポーツ栄養学会誌」奨励賞の受賞式が行われました。


2017/8/18-20東京都千代田区にて開催されました日本スポーツ栄養学会第4回大会にて、スポーツ健康科学研究科博士課程前期課程修了生の佐藤 愛さんが、博士前期課程在学中に同研究科教授 海老久美子先生の指導の下で行われた論文で「日本スポーツ栄養学会誌」奨励賞を受賞されました。

 

論文のタイトルは、「大学生アスリートの食生活における変容ステージ及びセルフエフィカシー尺度の作成」です


続きを読む