研究科の特徴

研究科の特徴

プロデューサー・マインドを備えたビジュアル・ディレクターの育成

特徴

  • 立命館大学という総合大学において、多岐化・多様化を続ける映像世界を、包括的・構造的に測定する能力、複眼的あるいは柔軟に考察する能力を養う
  • 一分野に特化し狭い範囲で専門的技術習得者を養成するのではなく、多面的な視点を携え、専門性が高いレベルの中でも汎用性の高い技能、技術、知識を持ち、変化の激しい映像文化において弾力的な対応ができる能力を育む
  • 社会の求める課題を発見し、調査し、その上で自らの研究・制作・開発を深める

4つのサブジェクト・ゾーン

リニア映像(Linear Image Production)

映画を含めた実写映像およびCGアニメーションの作品制作において、自らの制作意図を広い観点から関連分野の中で位置づける視野、および必要な技法、特殊な機材運用法やアプリケーションの使用法を身につけます。また、あらたな表現技法を模索しつつ、突出した個性を持つリニア系映像作品を制作していくことができる能力を獲得します。

インタラクティブ映像(Interactive Image Production)

インタラクティブ映像の特質に基づいたナラティブ・デザインの研究・企画・活用を基盤力として、実用に耐えうるクオリティと国際マーケットでの位置づけを意識したコンテンツを企画する能力を磨きます。また、従来型のゲームコンテンツやハードウェアおよびソフトウェア技術の枠を超えて新しい映像体験コンテンツを制作実践する専門性を獲得します。

映像デザイン(Image Arts Design)

科学技術および人文学・芸術学の観点からのメディア表現可能性に対する基礎研究をおこなう能力を培いま す。また、視覚情報の伝達と受容に関する知識を有し、非視聴覚情報のビジュアリゼーション・視聴覚化、メディアアート作品の制作などをおこなっていくことができるビジュアリゼーションとメディアデザインの技能・技術を獲得します。

映像文化資源(Cultural Image Resources)

人間の文化的活動によって生み出された有形・無形の文化的所産を科学映像や民族史映像といった映像資源として記録する知識と技能、および映像を社会的に活用できる資源管理の方法論を学びます。また、社会還元や国際貢献を視野に入れた営利・非営利的な活動に適応可能な資源運用と資源開発の企画・調整をおこなうことができる能力を獲得します。

カリキュラム

テーマ・プロジェクト型制作・研究とディシプリン・リサーチ型学修の融合

  • 映像学に素地のある学生が早期から研究活動の実質化に注力でき、また基礎的な知識・教養の補強が必要な学生はその獲得を集中的な機会で得られる導入・基幹科目を配置
  • 授業科目群の複合的な結合が特徴
「テーマ・プロジェクト型」授業科目群
  • 自ら課題を見出して制作あるいは研究に結実させていく
  • 「映像学入門」「映像研究論」など映像関連分野の制作・研究にとって背景となる知識を獲得する授業科目を配置し、「プロジェクト演習」で修士論文・制作に向けた準備を進める
「ディシプリン・リサーチ型」授業科目群
  • 講義・実習形式により、映像に関わる諸分野の研究に必要な知識・分析法・技能・技術を習得