Specialization/Discipline

Comparative Politics, Anglo-Irish Political History

Research Topic

My project is comparative politics, Anglo-Irish political history. The aims of my research are to make clear the nature of political power, its legitimacy and nationalism in Northern Ireland, and to examine the political and international consequence of world of nation-states. Currently, the centre part of my research is to examine a structure of political violence in Northern Ireland and to rethink activities, organization and background of the Irish Volunteers (1913) as a movement of Irish political nationalism in the early 20th century."

Advised Master’s Thesis (Last 5 years)

  • EU加盟交渉下のクロアチアにおけるマイノリティ問題の変容―難民政策の「国民国家化」と「ヨーロッパ化」を通して―
  • 「ベルファスト和平合意」以降のロイヤリスト準軍事組織の動向についての一考察
  • ナチス・ドイツの強制売春に関する一考察 ―その特殊性とドイツにおける議論の現状―
  • 日本における教育政策とその学校教育に与える影響―1990年代以降の教育政策の変化を中心に―
  • 教育基本法改訂をめぐる一考察 -戦後教育政策の中の「日本人」-
  • 韓国におけるナショナリズムとナショナル・アイデンティティに関する一考察 -民族の近代形成による「我ら」と「彼ら」への線引きについて-
  • 近代英国における国内統合とアイルランド ―民衆教育の観点から―
  • 紛争後のボスニア・ヘルツェゴヴィナにおける「ネイション」と「ナショナル・アイデンティティ」についての考察

Advised Doctoral Dissertations

  • フェリブリージュ運動の再検討
  • 近代朝鮮における抵抗運動とネイション形成に関する研究
  • ロシア政治における「南クリルの問題」に関する研究 -ロシアから見た「北方領土問題」-
  • 現代クロアチアにおけるマイノリティ保護政策に関する研究 ―ネイション化とヨーロッパ化の弁証法的相互作用を通して―