文字サイズ
  • 髙木 一好教授
  • Kazuyoshi Takagi
  • 応用化学科
  • 研究室生物機能分析化学研究室
  • 専門分野生物分析化学、生物電気化学
  • 担当科目生化学2
    • エネルギー変換
    • バイオテクノロジー
    • 微生物
Q1研究の内容を教えてください。

 21世紀は、既に、比較的穏やかに20年近くが過ぎましたが、少なくともエネルギーや地球環境に関して、非常に大きな課題に取り組まなければならないことも明らかになりました。今後、様々な分野・視点からの議論が必要ですが、その中で、化学反応を深く理解し、利用することは不可欠です。
 化学反応をコントロールするためには触媒が必要です。生物は、細胞の中で、酵素とよばれるタンパク質でできた触媒を利用して、エネルギー変換や物質変換を行っています。
 我々の研究室では、特に、新しいエネルギー変換技術の創出とCO2の削減を念頭において、酸化還元(レドックス)反応の触媒として作用する酵素について理解を深め、利用することに取り組んでいます。

Q2研究に興味を持ったきっかけを教えてください。

 大学に入る際に、漠然と、化学と生物に関わることがしたいと思い、農学部農芸化学科というところを選びました。入ってみると、周りには、かなり真剣に分子生物学や生化学を学びたいと思っている人が多く、完全に圧倒されました。落ちこぼれましたが、最終的には、比較的人気がなかった研究室に落ち着きました。結局、その研究室で7年間過ごし、いろいろなことを学びました。

Q3高校生へメッセージをお願いします。

 大きな戦争がない21世紀の日本で、何かを目標に定めて努力することは非常に難しいことだと感じます。しかし、おそらく、10年後、20年後の日本は、今とは大きく変わっているでしょう。できるだけ若いうちに、国際的な感覚を身につけて、異なる文化や習慣を理解できるようになることが必要だと思います。日本の大学に入学して、のんびり過ごしていいのでしょうか?

おすすめの書籍

榎木 英介 著『嘘と絶望の生命科学』