文字サイズ
  • 越山 友美准教授
  • Koshiyama Tomomi
  • 応用化学科
  • 研究室生命無機反応化学研究室
  • 専門分野生体関連化学、錯体化学
  • 担当科目分析化学、生物無機化学、無機材料化学実験、分析化学実験
    • 機能材料
    • ナノテクノロジー
    • 生体親和性材料
Q1研究の内容を教えてください。

 私たちの研究室では、脂質二分子膜から成る「リポソーム」と呼ばれるナノ〜マイクロサイズの球状の構造体を反応容器とみなし、様々な化学反応の制御に取り組んでいます。特に、金属イオンに配位子(有機分子やイオンなど)が結合した金属錯体が担う多様な化学反応に注目しており、リポソームと金属錯体の複合化法の開発や反応制御指針の確立を進めています。例えば、直径が数百ナノメートルのリポソームを小さなフラスコとして、球内部での金属錯体の合成と機能発現に成功しています。このような技術をもとに、リポソームと金属錯体の各々の特性を融合した新たなモノづくりに繋げていきます。

Q2研究に興味を持ったきっかけを教えてください。

 小中高と理系科目が好きでしたが、何故 研究者の道に進んだのか考えてみると、大学での恩師、そして、研究対象との出逢いがあったからだと思います。大学4年生の時に研究室に配属になり、天然のタンパク質と人工の金属錯体を融合する研究に出逢い、研究に対して妥協しない先生方にご指導いただきながら、実験室にこもって夜遅くまで実験をしていました。これまでにないものを設計して実際に創り出すことが楽しく、多くの失敗はありましたが、狙った通りのものができた時の達成感は格別で、その時の経験がきっかけとなり現在も研究に携わっています。

Q3高校生へメッセージをお願いします。

 私たちの研究では、化学のみならず、生物、物理、数学などの知識を使うことにより、様々な視点から観測された現象を解明しています。ですので、高校時代は大学で研究を行うための基礎学力を身につける大切な時期だと思います。また、研究を行う上で、好奇心や探究心に加えて、失敗してもめげずに問題に取り組む忍耐力も必要です。研究に興味がある学生さんは、どんな事でも良いので目標を設定して、最後までやり遂げる経験を是非してみてください。