文字サイズ
  • 竹田 篤史教授
  • Atsushi Takeda
  • 生物工学科
  • 研究室食料バイオテクノロジー研究室
  • 専門分野植物病理学、植物遺伝子工学
  • 担当科目食料生産科学、植物細胞工学
    • バイオテクノロジー
    • 植物品種改良
    • 微生物
Q1研究の内容を教えてください。

 植物の病気に関する研究をしています。専門分野は、農学の植物保護科学分野中の「植物病理学」になります。植物病原体のうち、ウイルスとウイロイドを中心に研究しています。「ウイルスやウイロイドは、植物でどのように増えるのか?」、また「植物は、ウイルスやウイロイドをどのように撃退しているのか?」を分子レベルで明らかにすることを目指しています。植物とウイルス・ウイロイドのせめぎ合いを知るためには、植物のRNA代謝に関する研究が必要になります。そこで、植物の小分子RNAに関する研究も行っています。最近、ゲノム編集を用いたウイルス抵抗性育種にも取り組み始めました。

Q2研究に興味を持ったきっかけを教えてください。

 研究に深く興味を持ったのは、4年生で研究室に入ってからです。分子生物学の勉強をする過程で、ゲノム上を飛び回るトランスポゾンに興味を持ちました。本当は、トランスポゾンに関する研究をしたかったのですが、残念ながら該当する研究室がありませんでした(実は気づかなかっただけでした。)。血を見るのが嫌だったこともあり、植物ウイルスの研究をしていた研究室を選びました。先生や先輩が本当に楽しそうに研究していたのを見て、自分も研究を生業にしたいと考えるようになりました。世界で自分しか知らない実験結果を得た時の快感を味わってしまい、気づけば自然に研究者を目指していました。

Q3高校生へメッセージをお願いします。

1. まずは、目の前の勉強を必死に頑張って下さい。大学合格が決まっても勉強を続けましょう。さぼってしまうと、大学に入ってから困ります。
2. 周りの空気や偏差値情報に流されて、受験する大学や学部をなんとなく決めていませんか?入学後に、「行きたい大学・学部ではなかった、、、」とならないように、良く調べてから受験しましょう。
3. 色々と疑問を持つ習慣をつけましょう。特に大事なのは「なぜ?」と「どのように?」です。高校の勉強をする時にも常に意識してほしい点です。

おすすめの書籍

仲野 徹 著『なかのとおるの生命科学者の伝記を読む』