1. TOP
  2. イベント(開催案内)
  3. 文学部校友会総会・懇親会 開催報告

文学部校友会イベント

文学部校友会総会・懇親会 開催報告

  • 日時:2019年10月5日(土)
  • 場所:ANAクラウンプラザホテル京都

2019年10月5日(土)ANAクラウンプラザホテル京都にて
2019年度文学部校友会総会・懇親会を開催いたしました。

文学部校友会第7回総会

池坊専好会長のご挨拶の後、2017年度・2018年度活動報告、収支報告、監査報告があり、決算が承認されました。続いて、2019年度事業案および活動方針、校友会役員体制について提案があり、いずれの議題も承認されました。
また報告事項として、文学部校友会費過徴収および新規入会について、文学部校友会事務取扱内規の改定について報告し、ご了承いただきました。

2019年度・2020年度の役員体制

会長   池坊 専好(文学研究科日本史学専修2011年度卒)
副会長  志磨 慶子(哲学専攻1971年度卒)
副会長  河原 典史(地理学専攻1988年度卒)
常任幹事 髙儀 智和(日本文学専攻2000年度卒)
常任幹事 南 健一(東洋史学専攻2012年度卒)
会計監査 長谷川 敦子(日本文学専攻1989年度卒)
会計監査 中山 博文(西洋史学専攻1997年度卒)

幹事は、継続された方59名、新しく就任された方1名の合計60名です。※詳細はこちら

懇親会

【ミニ講演】
株式会社らくたび 代表取締役 山村純也様(1997年英米文学専攻卒)に「いま、京都観光で何が起こっているか」というテーマのもと、ご講演いただきました。
学生時代の体験や思い出をお話いただいたのち、『京都観光の疑似体験』と題して京都観光の写真を用いながら実際のツアーさながらのお話を伺い、京都の歴史、京都の奥深さを感じるご講演を行っていただきました。
アンケートでも「慣れ親しんだ京都の町についての講演だったが改めて気付かされることもあった」など興味深く聞けたという声が多数聞かれました。

【開会挨拶・乾杯・歓談】

池坊専好会長による開会の挨拶でなごやかに幕があがり、続いて上野隆三副総長による乾杯のご発声で歓談がはじまりました。
今年度より新たにビュッフェ形式を採用したことから、専攻・世代を越えて交流されている様子が多く見られました。

【抽選会】
毎年恒例の抽選会では、ご講演いただいた山村様が編集に携わられたものを含む「らくたび文庫」のほか、「立命館大学アメリカンフットボール部パンサーズグッズ」、「立命館オフィシャルグッズ」、「プロ野球横浜DeNAベイスターズ 東克樹選手のサイン色紙」、「ANAクラウンプラザホテル京都のペアお食事券」等がプレゼントされ、大いに盛り上がりました。

【閉会】
最後に米山裕文学部長による閉会の挨拶にて、2020年度の文学部カリキュラム改革や清心館の改修について紹介されました。
2020年度懇親会は、改修後の清心館お披露目企画として2020年6月27日(土)、衣笠キャンパスで開催されることをご案内のうえ、盛会のうちに終えることができました。

フォトギャラリー