教員紹介

専任教員

澤口 学(さわぐち まなぶ) 教授

取得学位
博士(工学, 早稲田大学)
担当課程
博士課程前期課程、博士課程後期課程
研究分野
商品企画・開発マネジメント、イノベーションマネジメント、持続可能なカイゼン活動、デザイン思考型リスクマネジメントなど
研究テーマ
「次世代商品企画開発アプローチの開発とその検証」
「新興国と日本との効率的なモノづくりアプローチの研究」
「AI時代に適したデザイン思考型リスクマネジメントの研究」
「AIからBI(Benefit of inconvenient)の可能性研究」、他

経歴

慶応義塾大学工学部数理工学科卒業後、鉄鋼系商社(一部上場)の総合職を経て、産業能率大学VM(Value management)センターに研究員として入職。その後、産業能率大学総合研究所教授(2004-2009)を経て、同大学経営学部教授(2009-2010)に就任。この間、早稲田大学理工学研究科後期博士課程にて博士(工学)(2005.3)を修得。その後、早稲田大学大学院創造理工学研究科経営デザイン専攻教授(2010-2015)、客員教授(2015-2017)、立命館大学大学院TM(テクノロジーマネジメント)研究科客員教授(2018-2019)を経て、現在、同大学大学院TM研究科教授(2019-)に就任し現在に至る。その他に、早稲田大学理工学術院非常勤講師(2017-)、(有)バリューイノベーション研究所取締役・所長(2017-)、公益社団法人日本VE協会参与・バリュー・デザインラボ所長、NPO法人日本TRIZ協会副理事長、ジオマテック(株)取締役(社外)など歴任。

著書、論文など

  • 『VEとTRIZ 革新的なテクノロジーマネジメント手法入門』単著2002年 同友館
  • 『創造的リスクマネジメント』単著2007年 同友館
  • 『MOTの新展開』共著2008年産業能率大学 出版部
  • 『革新的課題解決法』共著2011年 日科技連出版
  • 『日本式モノづくり工学入門』単著2015年 同友館 他11冊
  • 「価値ある製品設計案選択に有効な意思決定モデル」2000年 日本経営工学会論文誌、Vol.51, No.3,pp.279-292(第一執筆者)
  • 「グループ効用関数を活用した構想設計案評価法」2004年 同上Vol.55, No.3, pp.156-168(第一執筆者)
  • 「日本企業が抱えるモノづくりに関する課題と今後のMOT教育の在り方‐モノづくりに関する調査を通して」2009年 技術と経済(日本MOT学会による査読論文)、NO.512、pp.31-43(単著)
  • 「二律背反視点に着目した改善設計アプローチの提案」2015年 日本経営システム学会誌、vol.32, No.1,pp.49-58(第一執筆者)
  • 「製品改善設計時に有効な機能分析方法の研究」2015年 同上vol.32, No.2,pp.137-147(第二執筆者)
  •   他に論文多数投稿。

所属学会

日本経営工学会、日本経営システム学会、日本MOT学会、日本機械学会、日本VE協会、日本TRIZ協会

受賞学術賞

  • 第35回VE全国大会 優秀論文賞 (社)日本VE協会主催、経産省後援(2001/11)
  • DREAM AWARD200 優秀論文賞 ダイヤモンド国際経営研究所主催(2004/3)
  • 第49回VE全国大会「VE学術功績賞」受賞(公社)日本VE協会主催(2016/10)