社会人の方

技術系管理者、中堅・若手技術者のためのイノベーション大学院

Apple、Google、Facebookなど技術をベースとするイノベーションは企業成長に不可欠です。しかし、技術だけでは、グローバル化、激烈化する企業間競争に勝つことはできません。技術を顧客価値につなげた企業だけが生き残り、反映することができます。
イノベーションを生み出し、それをビジネスにつなげる学問体系、それがMOTです。立命館MOTは、体系的な講義と、企業の現場で実際に起こっている課題を解く研究指導で、技術系管理者、技術者をイノベーションリーダーにします。
MBAが経営トップに役立つ教育をするのに対し、立命館MOTは、現場のリーダーや中堅・若手技術者が、すぐに使える理論や方法について教育をします。立命館MOTに入学すれば、技術戦略、ファイナンス、知的財産管理、マーケティング、オペレーションなどの技術経営能力が得られ、経営者の観点を理解して働けるようになります。

立命館MOTは、専門知識の一方的な伝達の場ではなく、企業や教員や在学生や修了生が知識や経験や問題意識や課題を持ち寄り、いっしょになって新しい価値を創り出す「場」です。学生の大部分は理系です。立命館MOTに入学することで、あなたも、そのコミュニティの一員となり、技術が主導する未来のビジネスで活躍できる価値ある人材になりませんか。

働きながら無理なく修了できる

平日夜間と土曜講義で必要単位が取れます。
さらに、土曜講義が大幅に増えたので働きながらでも、無理なく履修できます。

JR茨木駅から徒歩5分、通学しやすい

立命館MOTは、JR茨木駅から徒歩約5分、阪急電車、大阪モノレールの駅からも徒歩圏内の大阪いばらきキャンパスにあります。大阪梅田にはサテライトキャンパスもあります。

1科目を2カ月で取れる

1年を4期に分けるクォーター制を導入しています。1科目は3時間講義が8回、約2カ月で履修できるので、仕事が比較的忙しくない時にかためて取れます。1年目で講義科目の修了必要単位を取得できるので、2年目は研究に専念することもできます。

年に2回、入学できる

4月と9月、思い立った時に入学できます。4月入学は3月入試で、9月入学は7月入試で受験できるので、ぎりぎりで進学を決めても大丈夫です。

実務経験豊富な教員による体系的な講義

高い技術力がイノベーションにむすびつかないことが我が国の国際競争力低下の一因であるとされています。イノベーションとは新しい技術、製品、サービスを生み出すだけではなく、それを事業化し収益をあげることで持続的な競争優位をもたらすものでなければなりません。立命館MOTは、企業戦略、マーケティング、ファイナンスといった基盤知識の上に、イノベーション・マネジメント、知的財産、技術戦略、R&Dマネジメント、オペレーションズ・マネジメント等の幅広い科目群を、基礎科目、コア科目、展開科目、選択科目に階層化し、体系化して提供しており、コア科目を中心に体系的にMOTを学ぶとともに、研究テーマに関連する分野を展開科目以降で選択学習できます。みなさんの実務上の課題を理論的視点から研究することで新たな視点が得られます。

すべての教員は、メーカー、コンサルティングファームやシンクタンクで実務を経験した強者ぞろいです。最新の技術経営課題を多面的に取り上げるため、現役の企業人を客員教授やゲストスピーカーに招いています。みなさんの所属している企業や業界を超えた俯瞰的な見方を学ぶチャンスがあります。みなさんが技術者や企業人として解決を求められている技術経営課題、その解決に理論面と実践面から応える体系的な講義を提供しています。

講義形式は、ワークショップ、グループプロジェクト、グループディスカッションやプレゼンテーション等インタラクティブな手法を講義に取り入れています。多様なバックグランドをもつ社会人学生どうしの接点が生まれ、一般学生、留学生も入り乱れて議論を戦わせます。

立命館大学MBAをはじめとする他研究科の講義も受講できます。幅広い講義選択肢の中から、あなたの課題を解決するヒントを見つけられます。

業務課題の解決に直結する修士論文研究

立命館MOTの研究は、学生が主役です。みなさんが持っている問題意識や日々の仕事で出会う技術経営課題を修士論文の研究テーマできます。立命館MOTは、学生が主体的に研究を遂行することを期待します。指導教員は決めますが、みなさんが必要だと思ったら、指導教員以外の教員の研究室やゼミに参加して研究指導を受けるのも自由です。また、立命館MOTは、学生が研究成果を国内学会や国際学会、学術誌上で発表するのを補助金なども含め応援します。
修了後も、研修生、研究生として各研究室・ゼミの活動に参加することや博士課程後期課程への進学で、さらに研究を深化させることができます。それが、専門職大学院ではなく、研究大学院の立命館MOTだけができることです。

学位取得後も続くネットワーク

学位を取得したら、もう学べないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。研究生、研修生として、あるいはRIMOTメンバーとして、引き続き、教員や他の学生、修了生と交流しディスカッションできます。
「修了したら萎む」のではなく「修了しても成長する」ネットワークという財産がここにあります。財産は使ってこそ価値が生まれます。自分のペースやテーマに合わせて、ぜひ有効活用してください。300名以上のメンバーを持つRIMOTのネットワークは、大いにあなたに価値をもたらします。

テクノロジー・マネジメント研究科事務室までご連絡いただければ、教員や在学生との面談をアレンジします。