科目等履修希望の方

1科目から受講可能、ゼミ科目も履修可能

技術をベースとするイノベーションは企業成長に不可欠です。立命館MOTは、現場のリーダーや中堅・若手技術者が、すぐに使える理論や方法について教育をします。

こんな方におすすめ

  • 興味がある科目だけ受講したい
  • 時間に余裕が無いので、正規入学するのは難しい
  • 立命館MOT大学院がどんな教育環境かわからないので試してみたい
  • 博士課程後期課程の進学前に、基礎的な知識や研究方法を学びたい など

また、勤務先で持つ課題ついて相談したい方は、受入教員が承認すればゼミ(技術経営演習)への参加も可能です。教員と面談を希望する場合は、事務室までお問合せください。

メリット

  1. 成績評価があり、単位取得が可能
    受講科目について、正規の入学生と同様に成績評価・単位認定します。
  2. 立命館大学・立命館アジア太平洋大学の図書館を利用可能
    正規学生と同様に、図書の貸出とデータベースが利用できます。
    • 貸出:100冊100日(立命館大学)、5冊14日(立命館アジア太平洋大学)
      オープンパソコンルームの利用可能
    • 情報教室やマルチメディアルームでパソコンを利用するためのユーザーIDとパスワードを交付。
  3. 博士課程前期課程に入学された場合、修了要件の単位に充当可能
    上限は6科目(12単位)まで

働きながら無理なく受講できる

多くの講義が平日夜間と土曜講義開講です。しかも、土曜講義が大幅に増えたので、働きながらでも、さらに無理なく受講できます。また、2015年4月からは、大阪いばらきキャンパスに移転。大阪梅田にはサテライトキャンパスもあり、研究室のゼミなどに使われています。

履修できる単位数の上限

12単位(当該年度。複数の研究科にまたがって履修する場合も含む)

費用

出願料、登録料、科目等履修料が必要です。

選考手数料
10,000円(本学所定の証紙)
登録料
立命館大学の卒業生・修了生(中途退学者含む) 18,000円
上記以外の方 36,000円
  • 複数の研究科を科目履修する場合、研究科ごとに登録料を納入する必要はありません。
  • 科目等履修生は単年度の在籍となるため、次年度も継続希望の場合は改めて出願する必要があります。年度ごとに選考手数料、登録料、科目等履修料が必要です。
科目等履修料
1科目(2単位):63,000円