ニュース

最新のニュース

2018.10.15

2018年度 研究会活動支援制度 中間報告会 開催報告

『研究会活動グループの活性化と運営のポイントを知る』

 

102日(火)、衣笠キャンパス究論館にて、研究会企画とマネジメントセミナー「研究会活動中間報告会」を開催しました。本セミナーは大学院キャリアパス推進室が主催する「大学院キャリアパス支援プログラム」の一つです。

 本中間報告会は、本学の複数の研究科に所属する3名以上の大学院生から成る研究会を支援する「立命館大学大学院学生研究会活動支援制度」の採択を受けた16研究会のメンバーが出席しました。

出席した研究会は以下のとおりです。

 

・学民連携地域活性化研究会

・漢文訓読研究会

・現代社会研究会

・言語真理探究研究会

・国際関係研究会

・人間研究会

・戦後文学研究会

・総合政治学研究会

・日本思想史研究会

・明律研究会

・先端技術応用探索研究会

・立命館大学言語学研究会

 

本中間報告会では、今年度研究会活動支援制度に採択された研究会のメンバーが集まり、半年の研究会活動を振り返りました。事前に各研究会より提出してもらった課題シートを使いながらグループワークを行い、研究内容、活動状況、成果、課題、解決策を共有し、改善点を見出しました。

又、今年は外部講師として、る株式会社 代表取締役の大西拓人様をお招きしました。講義では、自社のプロジェクト展開についてのお話しを研究会に当てはめて、アイデアの展開方法、コミュニケーションの取り方、組織運営をうまくする方法など、今後より良い研究会組織運営をしていく上でのポイントを教えてくださいました。

参加者からは、「悩みや改善すべき点を共有できて良かった」「アイデアをどう活かしていくべきかを考える上で参考になった」「アイデアの展開の仕方、メンバー間でのコミュニケーションの話など、研究会運営に役立つ話が聞けて良かった。」などの感想が寄せられました。

大学院キャリアパス推進室HP

http://www.ritsumei.ac.jp/ru_gr/g-career/

原木先生の講義


る株式会社 大西先生による講義


2018.10.05

2018年度春学期 大学院留学生日本語学習支援プログラム 開催報告

 

513日(日)、527日(日)、610日(日)の3日間において、大学院に所属する日本語基準留学生を対象とした日本語サポートプログラム、「2018年度春学期大学院留学生日本語学習支援プログラム」を開講しました。

前年度までは、OICのみで開催していた本プログラムですが、他の2つのキャンパスからも是非、実施して欲しいという要望が多くあったため、14コマ×3日間の計12コマの集中講座をキャンパスプラザ京都にて開催しました。

 

参加した学生達は授業で主に、日本語での論文執筆における技法、多様な場面において適切な日本語会話や表現力、日本での就職活動に活用できる日本語能力を学びました。

実施期間中、回を重ねる毎に参加者の日本語能力は少しずつ上達していき、最終日に実施したテストでは皆、とても良い結果を残しました。

 

プログラムの参加者からは、「各キャンパスでこのプログラムを実施して欲しい」、「毎週やって欲しい」といった満足度の高い声が多く聞かれました。

 

<授業風景>

















 


 

 

 

 

 

 

 


2018.10.05

2018年度春学期日本語日常会話サポートプログラム 開催報告

514()621()の期間において、衣笠、および、びわこ・くさつキャンパスにて、大学院に所属する英語基準留学生を対象とした12回の言語サポートプログラム、「日本語日常会話サポートプログラム」を開講しました。

受講生は5月から6月の間の約6週間、週2回の授業に出席し、日常会話やひらがな・カタカナなどを学びました。

 

実施期間中、回を重ねる毎に参加者の日本語のスキルが少しずつ上達していき、

最終回前に実施した実力テストでは、皆、良い結果を出してくれました。

プログラムの参加者からは、「来学期も是非実施して欲しい!」など前向きな声が多く聞かれました。

 

授業内容:第1回 あいさつ じこしょうかい ひらがな①

2回 しゅみ1 ひらがな②

3回 ばしょ1 カタカナ①

4回 ふくしゅう~スキットをつくります~ カタカナ②

5回 スケジュール1 かんじ①       

6回 しゅみ2 かんじ②

7回 スケジュール2 かんじ③               

8回 ふくしゅう~スキットをつくります~ かんじ④

9回 ばしょ2 かんじ⑤

10回 かいもの 

11回 テスト

12回 フィードバック








2018.10.05

2018年度春学期アカデミックスキルズプログラム(Academic Skills Program) 開催報告

428()615()の期間、衣笠、びわこ・くさつおよび大阪いばらきの各キャンパスにて、主に英語基準の大学院留学生を対象にした「Academic Skills Program」を開講しました。大学院生が英語論文の執筆を本格的に開始するにあたって必要となる計画立案、パラグラフ作成法や文法等の適切な知識やアカデミックライティングの技能を修得し、最終的には自身の力で校閲・添削等の力を身につけること、また学術プレゼンテーションにおける効果的なデリバリースキルを含んだ基本的スキルを身につけることを目的とした講座です。衣笠とBKC1日の集中講座として4コマの講義が行われ、OICは週1回、全5回の講義を行ないました。

 

講義はネイティブ講師により、全て英語で行われています。回ごとに決められたテーマに沿って(第1回:Academic Writing / Presentation SkillsThe Structure of a Paper and Presentation、第2回:Academic Writing Common Errors and Accuracy

3回:Academic Writing Paraphrasing and Referencing、第4回:Presentation Skills

Posture, Gestures, and Eye Contact、第5回:Presentations Skills Voice, Tone, and Q&A)進められました。集中講座は同じ内容を4コマに分けて実施しました。受講者はグループワークやディスカッションを通して、論文執筆やプレゼンテーションに必要な知識とスキルを修得しました。3キャンパスで所属研究科や国籍も異なる49名の大学院生が受講し活発なディスカッションが行われました。

 

セミナー後に実施したアンケートの満足度も非常に高く、「プログラムの期間・時間数をもっと増やしてほしい」、「このようなプログラムは定期的に実施してほしい」といった声も多く聞かれました。



 







2018.10.05

2018年度春学期 大学院生のための学術基礎英語セミナー 開催報告

59日(水)~61日(金)の期間、衣笠キャンパス、びわこ・くさつキャンパス、および大阪いばらきキャンパスにて、「わかる!英語の真実!大学院生のための学術基礎英語セミナー」を開催しました。このセミナーはバイリンガルの前田英樹氏を講師に迎え、将来的に英語で論文を執筆したり、英語で学会発表を行うにあたって必要とされる学術英語運用能力を身につけるために、全4回のオムニバス講義を通して効果的な英語学習方法を学ぶものです。

 

1回目は「日本語を英語に変換する際に起きるずれの解消」、第2回目は「プレゼンテーションにおける効果的なデリバリー法の習得」、第3回目は「聞き取りに必要なリスニングスキルとネイティブの発音方法、ノートテイキングスキルの習得」、第4回目は「論文において一貫性が求められる表記法の習得」をテーマに授業を行いました。4回とも講義に加えペアワークやグループワークを取り入れ、プレゼンのデリバリー法を学ぶ回では、プレゼンにおいて有効的な立ち方、アイコンタクト、ジェスチャーなどの実践もおこないました。

 

参加者からは、「4回の授業では少なすぎる。もっと授業をやって欲しかった。」、

「ネイティブの考え方を理解でき、独学で学べない事も教えてもらった。」、

「大学院に入ると英語の授業がほとんどないので、非常に役に立った。」

などの前向きな声が寄せられました。








2018.09.22

2018年度リサーチプロポーザルコンテスト 応募受付中

立命館大学大学院リサーチプロポーザルコンテスト

自分の研究を他者に伝えるために

みなさんの研究成果は、いずれ論文にまとめられ、社会に問題提起したり、課題の解決策として広く発信されていくことでしょう。しかし、そこに至るためには自分の研究計画をきちんとデザインする力が必要になります。「研究計画をデザインする?」「リサーチプロポーザルはいつも書いている」と思っている大学院生のみなさん、この機会にリサーチプロポーザルを書いて、他者から客観的に見てどのように評価されるのか、チャレンジしてみませんか。たくさんのご応募を心より願っています。

募集概要

目的

①研究構想力の向上
②自身の研究内容や専門知識を、広く社会に伝える力を養う
③汎用的な文章力の向上

応募資格

応募締切日現在、本学大学院に在学する大学院生

募集分野

文系、理系

募集期間

2018年9月26日(火)~2018年11月7日(水) 17:00まで

応募方法

データにて、下記メールアドレスに送付してください。


d-cp@st.ritsumei.ac.jp

審査結果発表

2018年11月下旬
応募者の連絡先住所に審査結果を送付します。

表彰式

2018年12月18日(火)
表彰式では、最優秀賞受賞者のプレゼンテーションを行います。表彰式終了後は、応募者参加による交流会を開催します。

大賞    各分野1名(賞状、Amazonギフト券5万円分)
優秀賞   各分野2名(賞状、Amazonギフト券3万円分)
敢闘賞   各分野3名(賞状)

主催

立命館大学大学院キャリアパス推進室

お問い合わせ先

立命館大学衣笠大学院課
TEL 075-465-8195
Mail d-cp@st.ritsumei.ac.jp

応募について

応募に関して

(1)応募は1人1件とします。(共同研究は不可)
(2)応募内容は応募者本人が作成したものに限ります。
(3)すでにこのコンテストに応募されたことがある方は、同じ内容での応募はできません。その後の研究進捗状況を反映させるなど、内容をブラッシュアップしたものをご提出ください。 
(4)応募書類は返却しません。各自、応募書類をコピーするなどして控えをとっておいてください。
(5)応募の条件を満たしていないもの、提出方法について不備のあるものは審査の対象外とします。
(6)これまでの研究経過および研究成果に関して、研究倫理にもとる重大な虚偽が発見された場合は、「立命館大学学生懲戒規」にもとづき厳しく対処します。
(7)審査に関するお問合せには応じられません。

作成要領

(1)応募用紙は立命館大学大学院キャリアパス推進室ホームページよりダウンロードしてください。応募様式は、本コンテスト所定のものを使用し、本文のフォントサイズは10.5ポイントを使用して作成してください。フォントサイズ、行間、様式の変更、所定様式以外の用紙の追加、添付は認めません。
<書式ダウンロード>
募集要項
応募用紙

(2)設問1「研究の概要図」(応募用紙P2)については、応募用紙に記載した研究の内容を図式を用いて概略図を作成してください。去年の受賞者の図をご参照下さい:http://www.ritsumei.ac.jp/ru_gr/g-career/news/article.html/?id=183

(3)応募書類はパソコンで作成してください。
(4)応募書類は日本語または英語で作成してください。
(5)図表等を用いて、必ずしも専門や前提知識を共有しない読者を想定して作成してください。
(6)応募書類はPDFデータを提出してください。(d-cp@st.ritsumei.ac.jp)

審査について

審査基準

(1)論旨・形式の一貫性

(2)分かりやすさ

(3)独創性

(4)研究計画・計画の魅力

(5)研究業績

(6)研究者を志望する動機、目指す研究者像、自己の長所等

審査方法

(1)審査は、立命館大学大学院キャリアパス推進室のもとに設置する審査委員会において、書類審査により行います。
(2)これまでの研究経過および研究成果に関して、研究倫理にもとる重大な虚偽が発見された場合は、「立命館大学学生懲戒規程」にもとづき厳しく対処します。

【個人情報の取り扱いについて】

主催者が立命館大学大学院リサーチプロポーザルコンテストの実施に際して取得した個人情報は、立命館大学個人情報保護方針に基づき適切に取り扱います。但し、受賞者の氏名・所属(研究科名・課程等)、応募用紙の「研究の概要図」は受賞者の発表時および次回のコンテストの広報時において、ホームページ上で公表・公開します。


2018.08.10

2018年度 スピーチスキルアップセミナーを開催しました

7月31日(火)衣笠キャンパス、8月3日(月)びわこくさつキャンパスにて、スピーチスキルアップセミナーを開催しました。

 本セミナーは大学院キャリアパス推進室が主催する「大学院キャリアパス支援プログラム」の一つです。

  講師は、多くの企業や官公庁、大学等の研修指導の実績をお持ちの、オフィスヤマモト 山本清美先生にご担当いただきました。

  発表する際の身振り手振りや、表情、視線と姿勢、聴き手に分かりやすい発声とスピードなど、実践を中心として身につけておくべき知識を習得しました。

  受講生はその後、1分間のプレゼンテーションとして、自己紹介を行いました。

 講義で習った身振り手振りや、視線の向け方、姿勢、話し方などが上手く出来ているのか自分で確認出来る様、希望者にはプレゼンテーションの様子をスマートフォンを使って動画撮影しました。

最後に、先生と院生による相互フィードバックも行い、自分自身を振返る大変良い機会となりました。

  受講生からは、「先生はとてもすてきな女性だと思った。目指して頑張りたい。」「とても楽しく、勉強になり、先生の人柄も素敵でした。」と満足度の高い感想が寄せられました。

 


大学院キャリアパス推進室HP

http://www.ritsumei.ac.jp/ru_gr/g-career/




2018.08.09

2018年度 PFF(大学教員準備セミナー)を開催しました

大学教員を目指して~Preparing Future Faculty

 

723日(月)・25日(金)の二日間にわたり、衣笠キャンパスの究論館においてPreparing Future Faculty (2018年度大学教員準備セミナー)のワークショップを開催しました。本セミナーは大学院キャリアパス推進室が主催する「大学院キャリアパス支援プログラム」の一つです。

 

大学で教えるために必要な基礎的スキルを養成するこのセミナーは、大学教員を目指す本学大学院生ならびに専門研究員、研修生、研究生を対象に、オンデマンド講義の受講、授業見学会、二日間のワークショップを実施しました。2011年度より毎年開催し、本年度で8年連続の開催となりました。

 

ワークショップは、教育開発推進機構の先生方が下記の講義を担当しました。

1日目は、藤本学先生が「学生とのコミュニケーションに求められるスキル」、薄井道正先生が「大学における授業方法」、山岡憲史先生が「授業設計と模擬授業の実施(マイクロティーチング)」を個人ワークとグループワークを組み合わせて行い、最終日の2日目には沖裕貴先生が「授業の到達目標の書き方」、「成績評価の方法」を行いました。

10分間ずつの模擬授業では、各受講生がホワイトボードを使ってそれぞれのテーマに沿った授業を行いました。模擬授業後、自己評価をした上で、講師や受講生同士で良かった点や改善が望ましい点を指摘し合いました。教員公募の際に行われる模擬授業の練習としても大変有益なものとなりました。その様子はDVDに録画をし、各受講生に配布しました。

実際に自分自身が授業を担当する際に役に立つスキル、知識を習得し、内容の濃い充実した二日間となりました。

修了式では、所定のオンデマンド講義とワークショップを受講した受講生11名に修了証を授与しました。

受講生からは、「大学の授業の作り方の基本が理解出来ました。学生さんと接する時の先

生の気持ち、気の持ち方が理解出来ました。」「異分野の方々と様々な内容の授業について一緒に考えることができ勉強になりました。そういう授業、考え方もあるのかと思い、視野が広がったと思います。」「どの講義も具体的で実践しやすい内容だったのでよかったです。座学と実践の配分もちょうど良い量でした。」等、満足度の高い意見が寄せられました。

 

 大学院キャリアパス推進室HP

http://www.ritsumei.ac.jp/ru_gr/g-career/


 山岡先生の講義を熱心に聞く受講生  


模擬授業の様子  


2018.06.06

2018年度 「研究の楽しみ方」セミナーを開催しました

 昨年開催の「研究の楽しみ方」に続き、2018年度も同セミナーを開催しました。
所属研究科や専門分野を問わず、充実した研究生活を過ごす為に、「研究とは何か」「研究する上で大切なこと」「研究の醍醐味」など研究の本質に関わる重要な考え方、大枠を学ぶことを目的に、本セミナーを開催しました。

講師は共通教育推進機構の原木先生にご担当頂きました。また、外部講師として、ホリエモンを始め、芸能人やその他様々な方の本を執筆し、世に出されているライター兼、漫画家・編集者である小池みき様に、ご自身の様々な経験を交えて、大学院生活、研究の楽しみ方に関わるお話しをして頂きました。

小池様からは、大学院で何を研究し、何を頑張っていくのかは、まず自分に問いかける必要があり、自分を知らなければ、自分に問いかけることはできないことについてお話し頂きました。

自分自身を知るためには、これまでの自分の経歴を書き出し、改めて自分自身を振返ること、また、自分がどんな人間なのか、自分の心の動きについても知ることが重要であると説明された上で、研究を進めていく過程で、自分自身がどう感じているのかをキャッチアップすることで、自分の興味関心を知り、より良い研究ライフを送ることが出来ると説明されました。その上で、自分の中での疑問点など、何か違和感を感じた時は、そのままにせず、解決するための行動を起こすことが必要であると述べられました。

受講者からは、「自分にとってヒントになることが多くあった」、「研究を通して知識を得るだけではなく、自分を知るという ことが大切だと分かり、大学院に進学したいというモチベーションが上がった」と、セミナーに満足した声があがりました。

2018.05.28

日本学術振興会 特別研究員の申請に向けたブラッシュアップセミナーを開催しました。


 立命館大学大学院キャリアパス推進室では、日本学術振興会 特別研究員の採択者増加に向け、「申請書の完成度を高めるための施策」と「将来申請する潜在層に対して研究業績や能力向上を促すための施策」の両面で取り組みを行っています。

 今回は、平成31(2019)年度採用に向けた申請書をブラッシュアップするためのセミナー(申請書ピアレビュー会)を開催しました。特別研究員の採択者の大半は、1次審査である書面審査で決定するため、申請書類をどう仕上げるかが採否を分けるポイントとなります。そこで、普段と異なる視点でフィードバックをもらえるよう、研究科の枠を超えて申請を検討している者同士でグループを組み、評価シートを活用したピアレビュー会を4月24日(火)と5月7日(月)の2回行いました。

 両日ともに、まずは講義を行い、特別研究員の概要、申請書を書く上で軸となる研究計画のデザインの仕方を確認し、申請書作成のレイアウトの工夫点や書き方のポイントを確認しました。5月7日の回では、申請期間締め切りの直前ということもあり、誤字・脱字や図表の使い方など見やすさ・読みやすさなど細かい点まで解説を行いました。

 その後、グループに分かれ、申請書作成のポイントをまとめた評価シートに沿って、お互いの申請書をチェックするピアレビューを行ないました。この際に、特別研究員の採択者も加わり、各申請者に対し、熱心に指導していました。最後のワークでは、採択者の申請書をグループで閲覧し、採択されたポイントは何かを話し合い、自身の申請書と比べることで、書き方のコツについて理解を深めました。