ニュース(経済支援型奨学金)

日本学生支援機構貸与奨学金_返還手続に関するご案内(2022年3月に満期をむかえられる方へ)

学生オフィス奨学金係より、現在、日本学生支援機構貸与奨学金を受給中で、2022年3月をもって満期終了となる方へお知らせします。

2022年3月に日本学生支援機構貸与奨学金の満期を迎える方は、返還に関わる手続きが必要です。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、返還説明会は開催いたしません。
11月上旬に、大学に登録している住所(学部生は「保証人住所」、大学院生は「現住所」)宛てに書類一式を送付いたしますので、内容をご確認の上、必ず返還手続を行ってください。

●返還説明ガイダンス動画はこちら。 ※2021/11/2公開しました。

※返還手続を怠ると、延滞として扱われる恐れがありますので注意してください。
※大学院進学・卒業延期などで、来年度も大学に在籍する場合も、今回の返還手続が必要です。
※過去に奨学金を受けており、すでに辞退・終了している場合は、今回の返還手続は不要です。
 行き違いでのご案内の場合はご容赦ください。
※大学登録の住所(学部生は「保証人住所」、大学院生は「現住所」)が変更になっている場合は、早めに住所変更の手続をしてください。


★<利率の算定方法の変更について>第二種の満期をむかえられる方へ【希望者のみ】
利率の算定方法の変更手続を希望する場合は、以下の締切が最終となります。
変更届をご記入の上、全ての書類を締切日までに提出してください。

【利率の算定方法の変更】
●利率の算定方法を「固定方式」ないし「見直し方式」に変更することができます。
 各方式の内容や利率の実績については、日本学生支援機構のホームページや「奨学生のしおり」を参照してください。
●現在、選択している算定方法は、返還誓約書(控)またはスカラネット・パーソナルにて確認できます。

 第二種奨学金「利率の算定方法」変更届(プリントアウトの上、ご記入ください)

【提出締切】2021年11月26日(金)17:00厳守!(郵送の場合は必着)
 
 ※締切後の提出(書類不備解消も含めて)は、いかなる理由でも申請できません。
 ※人的保証の場合は、連帯保証人・保証人の署名・押印、印鑑登録証明書の提出も合わせて必要です。
  お早めに手続ください。
====================================================

≪問合せ先≫ 平日9:30~11:30・12:30~17:00(火曜のみ12:30~17:00)
 衣笠・朱雀:〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 tel 075-465-8168
 BKC :〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1  tel 077-561-2854
 OIC :〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150 tel 072-665-2135