電子情報工学科TOP
  • ハードウェアとソフトウェアを熟知した電子・情報システムのプロフェッショナルに。

イベント情報:<低回生研究室体験>

2018年4月2日
"2018年度低回生研究室体験について"
実施テーマ等の詳細、及び申し込み方法はこちら
2018年度版に情報を更新しました。

最新情報

2018年4月1日
檜作 彰良 助教が着任しました。
2018年3月28日
本学科 山内寛紀特任教授による芥川龍之介の顔画像鑑定が新聞に掲載されました。
詳しくは、記事1記事2記事3をご覧ください。
2018年3月22日
福井研究室の土田祥生君(M1)が2018年電子情報通信学会総合大会にて、2017年度電子情報通信学会回路とシステム研究会学生優秀賞を受賞しました。 写真
対象の論文は、「土田祥生,伊藤綜一朗,福井正博,"位置ずれに強い磁界共振型WPTシステムの開発" 電子情報通信学会 回路とシステム研究会(CAS), 新潟大学, 新潟, 2017年6月.」です。
2018年3月13日
IPSJ第80回全国大会で、山崎・孟研究室の紙徳君の発表が学生奨励賞を受賞しました。
対象論文は、紙徳直生、多田晃己、伊藤大喜、孟林、山崎勝弘:深層学習を用いた甲骨文字認識、情報処理学会第80回全国大会論文集, 2S-07, 2018.です。
2018年3月7日
福井研究室の本多由宇人君が、米国ワイキキにて開催のNonlinear circuits, Communications and Signal Processing (NCSP) 2018でStudent Paper Awardを受賞しました。 写真1 写真2
対象論文は、Y. Honda and M. Fukui, "A new adaptive efficiency control of the transmitter with remote monitoring of the receiver load for 6.78 MHz class wireless power transfer," in Proc. RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2018, Wikiki, USA, Mar., 2018.です。
2018年1月11日
道関・田中研究室で開発した2.4 GHz帯無線給電による「光るつけまげ」がNHKニュース7等の各種報道機関で紹介されました。 詳しくは 記事1 記事2 記事3 記事4 をご覧ください。
2017年12月16日
電子システム系 (電子情報工学科、電気電子工学科)大学院中間発表会が行われました。 詳しくは こちら をご覧下さい。
2017年10月8日
福井研究室の土田祥生(M1)、藤井春弥(B4)、林磊(研究員)のチームVOL17が、筑波サーキットにて開催のCQ EVミニカート・レースに参戦し、初参加ながら全体で5位、リチウムイオン電池部門では2位(学生1位)を獲得しました。 写真1 写真2 写真3
詳しくは、CQ EVミニカート・レースをご覧ください。
2017年9月22日
中山研究室の櫻井基成くん(M1)が、第36回 日本医用画像工学会大会(JAMIT 2017)にて、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いた超低線量CT(Computed Tomography)画像の高画質化を発表し、大会奨励賞を受賞しました。
2017年9月12日
道関研究室の西橋毅くん(M2)が、東京都市大学で開催された電子情報通信学会ソサイエティ大会無線電力伝送研究専門委員会主催のレクテナコンテスト「とんでる電波を集めよう!」で“Unique MHz Design Rectenna Award”を受賞しました。 写真1 写真2
詳しくはこちらをご覧ください。
2017年7月2日
毎日放送「林先生の驚く初耳学」で、革カバーをかけるとスマートホンのバッテリーの劣化が進むかの話題が取り上げられ、福井教授のリチウムイオン蓄電池の専門家としてのコメントが紹介されました。

過去のニュース一覧へ