電子情報工学科TOP
  • ハードウェアとソフトウェアを熟知した電子・情報システムのプロフェッショナルに。

低回生研究室体験

2016年3月4日up
2016年3月12日更新
2016年7月27日更新
2016年7月28日更新
"低回生研究室体験について"
電子情報工学科では1、2回生を対象に、2016年度後期から低回生研究室体験を実施します。 実施予定のテーマは以下の7テーマです。意欲ある学生諸君の参加を期待しています。 なお、実施テーマは変更になる場合もあります。
実施テーマ等の詳細、及び申し込み方法はこちら
2016年7月28日更新:申し込み期限等を更新しました。
2016年7月27日更新:申し込み方法、道関・田中研究室の情報を追加しました。

最新情報

2016年9月9日
熊木武志准教授の発表論文、“機能メモリベース超並列SIMD型演算コアの提案”が、第15回情報科学技術フォーラムFIT2016にてFIT奨励賞を受賞しました。 詳しくは こちら をご覧下さい。
2016年8月5日
杉山幸平さん、熊木武志准教授の発表、LED照明を用いた盗撮防止空間の構築が、IEEE Metro Area Workshop in KansaiでPoster Presentation Awardを受賞しました。 学会の詳細は こちら をご覧下さい。
2016年7月14日
無線信号処理研究室が,7月14日(木)にリニューアルオープンした滋賀県立琵琶湖博物館に,館内のトンネル水槽における水中音の放送装置を提供しました.
詳細は 立命館ニュース 立命館+Rな人 をご覧下さい。
2016年7月13日
福井研究室の発表論文がスペインのコスタデルソルで開催の熱解析に関する国際学会12th International Conference on Heat Transfer, Fluid Mechanics and ThermodynamicsにてBest Paper Awardを受賞しました。 対象論文は、「M. Fukui, S. Watanabe, T. Omura, Y. Kitagawa, S. Tsukiyama, and I. Shirakawa, "Three-dimensional multi-physics thermal-analysis system for electronic systems," in Proc. 12th International Conference on Heat Transfer, Fluid Mechanics and Thermodynamics, Costa del Sol, Spain, July, 2016.」です.
2016年7月12日
高井俊輔さん、西山直樹さん、谷口一徹講師、冨山宏之教授らの論文、"A Lightweight OpenCL Framework for Embedded Multicore Processors"が International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2015)のBest Paper Awardを受賞しました。 写真1 写真2
2016年4月1日
泉 知論 教授が着任しました。
熊木 武志 准教授が着任しました。
2016年3月22日
3月20日から22日に挙行された立命館大学卒業式で道関教授がプロデュースしたアイドリングストップ機能搭載マウスが 卒業記念品として立命館大学校友会から卒業生(約8000人)に授与されました。 詳細は こちら 写真 をご覧下さい。
2016年3月18日
九州大学で開催された電子情報通信学会総合大会、通信ソサエティーの「移動体への無線電力伝送」デモンストレーションコンペティションセッションで、 道関研究室が開発したバッテリレス・マルチコプタ(リーダ:山口裕之君(M1)、古越隆浩君(M2)、西橋毅君(B4))が14の参加大学および企業の中で第1位に選ばれました。 これは、昨年米国コロラド大学で開催された国際会議IEEE Wireless Power Transfer Conference 2015 のStudent Hardware Demo Competition部門1位に続く成果です。 尚、コンペティション結果は以下の通りです。
第1位 立命館大学、第2位 豊橋科学技術大学、第3位 東京大学
写真1 写真2 写真3
2016年3月10日
真崎世文君(山崎・孟研究室)が情報処理学会第78回全国大会で学生奨励賞を受賞しました。 (対象論文) 真崎世文,孟林,山崎勝弘, "FPGA上でのクアッドパイプラインを用いたBLOB検出," 情報処理学会第78回全国大会, 2H-5, 2016年3月10日, 慶応大学.
2016年3月10日
上口翔大さん、長尾充裕さん、白畑正芳准教授、熊木武志講師、藤野毅教授らの論文、Design of Low Power AFE Circuit supporting IR Array Sensor for Human Detectionと、木村真也さん、渡邊拓磨さん、夕川諒平さん、熊木武志講師、藤田智弘教授、小倉武教授の論文、Evaluation of Ternary Content Addressable Memory with Individuality on FPGAが、Nonlinear circuits, Communications and Signal Processing (NCSP) 2016でStudent Paper Awardを受賞しました。 学会の詳細は こちら をご覧下さい。
2016年2月26日
道関研究室の西橋毅君(B4)が、バッテリレス自転車用スピードレコーダの研究で、大学HP「+Rな人」に紹介されました。 詳細は こちら をご覧下さい。
2016年1月15日
VLSIセンター主催の“第2回VLSIセンターシンポジウム:コネクティッドビークル”が、立命館大学びわこ・くさつキャンパス ローム記念館 5F 大会議室にて開催されました。 シンポジウムの詳細は こちら をご覧下さい。
2016年1月9日
福井研究室の黒川恭平君が、ラスベガスにて開催のコンシューマエレクトロニクスの世界最大の展示会併設の国際学会IEEE International Conference on Consumer Electronics のエネルギーセッションで、 JSTスーパークラスタ滋賀サテライトプロジェクトにて開発した太陽光模擬電源システムを発表.IEEE Consumer Electronics Society East Joint Japan Chapterより、 ICCE Young Scientist Paper Awardを受賞しました. 対象論文は、「K. Kurokawa, T. Inui, L. Lin, and M. Fukui,"Development and Evaluation of a Photovoltaic Emulation System," in Proc. IEEE ICCE, 2016.」 です. 写真1 写真2 写真3 写真4
2015年12月15日
大学受験生を対象とした雑誌「大学ジャーナル」に、道関研究室が進めている「環境発電を用いたバッテリレス技術」が特集記事として紹介されました。 詳細は こちら をご覧下さい。
2015年12月12日
電子システム系 (電子情報工学科、電気電子工学科)大学院中間発表会が行われました。 詳しくは こちら をご覧下さい。
2015年12月9日
道関研究室で開発したハブ発電機を用いた自転車用バッテリレス・スピードレコーダが新聞に紹介されました。 詳細は 記事1 記事2 記事3 をご覧下さい。
2015年12月7日
道関教授プロデュースでエレコム株式会社との産学協同で開発したワイヤレスマウス「WINKS」の開発経緯と道関研究室の研究方針がWebマガジン「ほとんど0円大学」で紹介されました。 詳細は こちら をご覧下さい。
2015年10月16日
立命館大学IEEE学生部主催の英語プレゼンテーション大会が行われました。 詳しくは こちら をご覧下さい。

過去のニュース一覧へ