電子情報工学科TOP
  • ハードウェアとソフトウェアを熟知した電子・情報システムのプロフェッショナルに。

イベント情報:

2019年3月27日up
"2019年度低回生研究室体験について"
実施テーマ等の詳細、及び申し込み方法はこちら
2019年度版に情報を更新しました。

最新情報

2019年11月6日
馬杉研究室の林空良さん(M1)が、電子情報通信学会 ITS・WBS・RCC研究会で「若手研究者奨励賞」を受賞しました。 受賞対象は「ドップラーレーダを用いた死角領域からの飛び出し予測のための実験的検討 」です。
2019年10月21日
冨山研究室の白根健太さん(M1)らの論文が、2019年10月21~22日に台南(台湾)で開催された国際会議SASIMI(Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information Technologies)2019にて、 「Outstanding Paper Award」を受賞しました。受賞対象の論文は「A Case Study on Design of Approximate Multipliers for MNIST CNN」です。写真1
2019年10月16日
道関隆国教授と田中亜実講師がエイブリック(株)と共同研究開発を進めている環境発電用のセンシング機能付き間欠電源変換回路技術(略称「CLEAN-Boost」技術) の論文が、 2019年10月14~17日にアメリカ カリフォルニア州サンノゼで開催された国際会議S3S (IEEE SOI-3D-SUBTHRESHOLD MICROELECTORONICS TECHNOLOGY UNIFIED CONFERENCE)2019において、 「Best Paper Award」に選ばれました。受賞対象の論文は「150-nW FD-SOI Intermittent Startup Circuit for Micropower Energy Harvesting Sensor」です。 関連ページはこちら
2019年10月8日
冨山研究室の野崎竜平さん(2019年3月修士修了)、西川広記さん(M2)らの論文が、2019年10月6~9日に韓国済州島で開催された国際会議ISOCC (International SoC Design Conference)2019にて、「VeriSilicon Award」を受賞しました。 受賞対象の論文は「Function-Level Module Sharing in High-Level Synthesis」です。 写真1 写真2
2019年10月1日
道関研究室がエイブリック(株)と共同研究開発を進めている環境発電用間欠電源変換回路技術(略称「CLEAN-Boost」技術) を搭載した電池レス漏水センサが製品化され、 その開発経緯がチップワントップ社のメーカインタビュー記事で紹介されました。
記事はこちら をご覧ください。
2019年9月28日
マルチメディア集積回路システム研究室の蔭山享佑さん、渡辺健介さん,関野輝さん、濱井彰光さん,熊木武志准教授の研究、“超並列マルチメディア処理CAMベースSIMD型演算コア”が、第9回VDECデザインアワードのアイディアコンテスト部門において、そのアーキテクチャの有効性と将来性を認められ、VDECデザインアワード嘱望賞を受賞しました。 詳細は こちら ,及びこちら をご覧下さい。
2019年8月29日
熊木研究室で実施している,"野菜工場の生育促進の研究"が新聞に掲載されました。詳細は こちら をご覧下さい。

過去のニュース一覧へ