電子情報工学科TOP
コロナ禍における実験講義
感染対策授業の様子
(2020年8月5日)

画像をクリックすると
別ウインドウが開きます
  • ハードウェアとソフトウェアを熟知した電子・情報システムのプロフェッショナルに。

イベント情報:

2022年3月28日up
"2022年度低回生研究室体験について"
実施テーマ等の詳細、及び申し込み方法はこちら
2022年度版に情報を更新しました。
2020年7月23日up
"2020年度Webオープンキャンパスについて"
こちら の資料をご覧ください。

最新情報

2023年2月7日
システムレベル設計方法論研究室(冨山・孔研究室)M2の水野拓己さんらの論文が、 国際会議ICEIC(International Conference on Electronics,Information, and Communication)2023にてBest Paper Award Silver Prizeを受賞しました。 受賞対象の論文は以下の通りです。
Takumi Mizuno, Hiroki Nishikawa, Xiangbo Kong, Hiroyuki Tomiyama,"Empirical Analysis of Side-Channel Attack Resistance of HLS-DesignedAES Circuits," International Conference on Electronics, Information, and Communication (ICEIC), Singapore, February 2023.
2023年2月6日
システムレベル設計方法論研究室(冨山・孔研究室)M2の城千春さんが、情報処理学会SLDM研究会優秀発表賞を受賞しました。 受賞対象の発表は以下の通りです。
城千春, 西川広記, 孔祥博, 冨山宏之, 山下茂, "MEDAバイオチップにおける形依存の速度モデルを利用した複数液滴ルーティング問題," 情報処理学会SLDM/電子情報通信学会VLD/RECONF研究会, 横浜, 2023年1月.
2023年1月12日
道関隆国教授が京都新聞の「探求人」に紹介されました. 記事
2022年12月21日
道関・田中研究室の山口大輔くん(M2)の成果が立命館大学HPのNEWS&TOPICS欄で紹介されました。 記事
2022年12月1日
道関・田中研究室の山口大輔くん(M2)らのチームが2022年12月1日に横浜市パシフィコ横浜で開催された国際会議 2022 Asia-Pacific Microwave Conference の Student and Young Engineer Design Competition、WPT Track に参加し2位を受賞しました。 受賞タイトル:Railroad Model with 13.56-MHz WPT System from Rails to Distributed Small Receivers. 賞状写真。 詳細はこちらをご覧ください。
2022年8月25日
本学VLSIセンター主催の国際会議International Symposium on Advanced Technologies and Applications in the Internet of Things (ATAIT) 2022にて、 システムレベル設計方法論研究室(冨山・孔研究室)M2の佐野正樹さんらの論文「An Accuracy-Controllable Approximate Adder for FPGAs」がBest PaperAwardを受賞しました。 また、ネットワークLSIシステム研究室(藤野・吉田研究室)M1の佐孝心さんらの論文「Deep Learning Side-Channel Attacks againstHardware-Implemented Lightweight Cipher Midori 64」がBest Student PaperAwardを受賞しました。 詳細はこちらをご覧ください。
2022年8月15日
2022年3月に博士号を取得した西川広記君(現・大阪大学助教)の博士論文が、情報処理学会・システムとLSIの設計技術研究会に推薦され、学会誌「情報処理」note版で紹介されました。 詳細はこちらをご覧ください。
2022年8月4日
無線信号処理研究室、久保 博嗣 教授が実施してきた水中音響通信の研究が「shiRUto」で紹介されました。 記事

過去のニュース一覧へ