TOPICS & EVENTS

12.18

EVENT

2018

ル・コルドン・ブルー・インターナショナル アジア代表とグローバル・カリナリーアーツ・アンド・マネジメント・プログラム第1期生との懇談会を開催

126日(木)、びわこ・くさつキャンパス(BKC)でシャルル・コアントロ氏(ル・コルドン・ブルー・インターナショナル アジア代表)の表敬訪問にともない、グローバル・カリナリーアーツ・アンド・マネジメント・プログラム第1期生との懇談会を開催しました。

コアントロ氏は、「ガストロノミーを学ぶことは、美味しく調理することや楽しく食べることについてのみ学習すると思われることがあります。しかし『食』という要素は幅広い分野に関わるもので、多種多様な職業とつながっています。みなさんの将来が、ホスピタリティー・フード・マネジメントなど、様々な分野に広がることを願っています」と述べられました。受講生らは「シャルルさんの話を伺い、将来のビジョンがより明確になった。受講が楽しみです」などと語り、2月のプログラム開始に胸を膨らませていました。

■グローバル・カリナリーアーツ・アンド・マネジメント・プログラム

食マネジメント学部開講の指定12科目と、ル・コルドン・ブルーがこのプログラムのために開講する7 科目を修了すると、食マネジメント学部卒業と同時にラ・フォンダシオン ル・コルドン・ブルー発行の“Advanced Diploma of Culinary Arts and Management”が授与されます。また、このプログラムを修了することで、全世界に広がるル・コルドン・ブルー卒業生ネットワークの一員になることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.ritsumei.ac.jp/gast/can/program01-a/

news_20181206_02


news_20181206_01


news_20181206_03


BACK