Rasit Huseyinのプロフィール写真

准教授

Ph.D. in Sociology, Yale University

Email:
hrasit [at] fc.ritsumei.ac.jp ([at]を@に置き換えてください)
Office Location:
AC5308
Office Hours:
金曜日11:00-12:00 (追って通知があるまでオフィスアワーはZoomで行います)

学歴

  • Ph.D. in Sociology, Yale University
  • M.A. in Political Science, Sabanci University
  • B.Sc. in Computer Engineering, Bogazici University

2021年にイェール大学で社会学の博士号を取得しました。博士論文のタイトルは 「Contending Futures in the 21st-Century Middle East: Ideology and the Emergent Political Formations of ISIS, Kurdistan-Iraq and Kurdistan-Syria」です。イェール大学に博士入学する前は、Sabanci大学で政治学の修士号を取得し、Bogazici大学でコンピュータ工学の学士号を取得しました。また2020年から2021年にかけて、ハーバード大学ケネディスクール ベルファー・センターで、国際安全保障の研究員に任命されています。

学生のみなさんへ

21世紀を生きる私たちは様々な課題を抱えています。人類の発展にもかかわらず、互いに関連しあった複数の危機に直面しているのです。貧富の差が拡大するとともに、国内外で不平等が広がっており、依然として、世界中で内戦や、国境をまたぐ軍事紛争が起こっています。自己と異なる相手やマイノリティーに対する不寛容がはびこっています。また、気候危機はすぐそこまで迫っています。一連の課題に立ち向かうため、これまで以上に、包括的、批判的で勇敢な思考が必要とされています。GLAの学際的な環境の中で、世界の諸問題を常に意識しながら、多元的なカリキュラムを学び、まさに今、必要とされている思考力を身につけましょう。

担当科目

  • Sociological Theories: Classics and Contemporary
  • Globalization and International Relations: An Introduction
  • Introduction to Global Liberal Arts I
  • Introduction to Global Liberal Arts II

Sociological Theories: Classics and Contemporary

理論は、社会科学の基本的な構成要素の一つです。私たちを取り巻く社会を理解するためのツールであり、優れた研究の指針でもあります。また、理論は、分野を超えて研究者を共通のテーマで結びつけ、研究のテーマが異なる研究者同士であっても、意思疎通を可能にする共通言語でもあります。この科目では、共通言語としての理論を包括的に紹介します。また、マルクスやウェーバーなどの主要な社会科学者の理論的枠組みを学び、資本主義、人種、ジェンダー、植民地主義などの重要なトピックについて議論します。大国間関係と西洋中心主義の問題が主要テーマです。科目修了時には、自分を取り巻く社会を、社会学的な幅広い視点から解釈できるようになります。また、社会科学における共通言語の修得においても、大きな進歩を遂げることができるでしょう。

Globalization and International Relations: An Introduction

本科目では、「グローバル化の時代に国際関係はどのように概念化できるか」、「国民国家は衰退しているのか」、「政治における暴力の役割とは何か」、「植民地主義と帝国主義が現在の世界秩序にどのような影響を与えたか」、「国際関係における非西洋的なアプローチはどのように理論化されるのか」といった問題を取り上げ、グローバルかつ批判的な視点から国際関係を包括的に紹介します。そして、歴史的背景と現代の国際秩序について議論したうえで、国際関係の主流派理論と批判理論のアプローチを学びます。これらのツールを用いて、植民地主義、国民国家、帝国主義、戦争と性暴力、国際安全保障、革命などの多様なトピックについて議論していきます。また、国際関係論における根強い西洋中心主義的偏向と、それに代わるアジア的なアプローチについても議論します。科目修了時には、国際関係論の重要なアプローチや、現代の国際社会を形作る様々な構造やプロセスについての理論的な知識を習得することができます。

研究領域

Revolutions and Revolutionary Movements, State-Building, Ideologies, Middle East Studies, Political Sociology, Comparative-Historical Social Science, Social Theory

革命プロセス、国家建設、イデオロギーが交わる分野が私の研究対象です。博士論文のテーマとして、21世紀初頭にシリア・イラクで起こった関連しあう政治危機の結果生じた3つの国家建国プロジェクト(クルディスタン・シリア、クルディスタン・イラク、ISIS)を研究しました。これら3つのプロジェクトは、その重要性が注目され始めた当初は、類似した状況下にあったものの、今や、全く異なるものを目指す政治プロジェクトへと変貌を遂げました。これら三者三様の変化を見ると、イデオロギーが明らかに重要な要因となっていることは、私の博士論文でも論じている点です。つまり、イデオロギーが、新しい制度や関係、慣習が作り出される際の青写真となり、新しい政治を形作っているのです。一方、私の次のプロジェクトでは、視点をイデオロギーが及ぼす影響から、イデオロギーの形成とその原因へシフトしています。具体的には、なぜ、ある種のイデオロギーが、極右であれ、極左であれ、保守であれ、革新であれ、ある特定の時代と場所においては支配的となるのかという点に着目しています。さらに、この2つの研究に加えて、イデオロギーの統合理論の構築、革命政治における様々な組織形態の理論化と理解、革命組織の反帝国主義的枠組みの検討など、複数の研究にも取り組んでいます。

指導領域

革命、社会運動、国家、イデオロギーに関する分野に関心がある方を歓迎します。

主な著書と出版物

  • Rasit, H. 2020. “Competing Revolutionaries: Legitimacy and Leadership in Revolutionary Situations” The British Journal of Sociology. https://doi.org/10.1111/1468-4446.12875
  • Rasit, H. and A. Kolokotronis. 2020. “Decentralist Vanguards: Women’s Autonomous Power and Left Convergence in Rojava.” Globalizations 17(5):869-883.https://doi.org/10.1080/14747731.2020.1722498
  • Rasit, H. 2020. “Imperialism, Revolution, and the Desire to Lecture the Kurds: How Should We (Not) Analyze U.S.-Kurdish Relations.” Pp. 225-41 in Kurdish Autonomy and U.S. Foreign Policy: Continuity and Change, edited by V. Eccarius-Kelly and M. M. Gunter. New York: Peter Lang.https://www.peterlang.com/view/9781433168048/html/ch21.xhtml