研究科紹介Introduction

3つのポリシー

Ⅰ. 人材育成目的

研究科全体

食マネジメント研究科は、経済学・経営学の専門的知見を用いて、食に関わる経済活動を研究し、実践的なマネジメント能力を備えた高度専門職業人および研究者の育成を目的とする。

博士課程前期課程

食に関わる多様な視点を、経済学・経営学を軸として社会実装に導入し、食に関わる経済活動をめぐる諸課題の解決へ向けて応用することができる高度専門職業人を育成する。

博士課程後期課程

食マネジメント研究の発展に寄与する研究活動を行い、ここで培ったマネジメント能力を用いて研究成果を社会に還元するとともに、研究倫理を有しつつ学術的手法を用いることができる研究者を育成する。

Ⅱ. ディプロマ・ポリシー

博士課程前期課程

人材育成目的の達成に向けて、以下のとおり、修了時点で身につけている能力(教育目標)を定める。所定の単位の修得と下記の修士論文評価基準に基づく審査の合格をもって教育目標の達成とみなし、修士(食マネジメント)を授与する。

<教育目標>
  • 1)食に関わる経済活動の諸課題の解決のために、経済学・経営学に基づくマネジメント能力を獲得することができる。
  • 2)経済学・経営学を軸として食に関する複数の学術分野の知見をもつことができる。
  • 3)食に関わる経済活動の諸課題の解決に向けて、研究倫理を有しつつ学術的手法に基づき研究し、社会において高度に実践することができる。

博士課程後期課程

人材育成目的の達成に向けて、以下のとおり、修了時点で身につけている能力(教育目標)を定める。所定の単位の修得と博士論文評価基準に基づく審査の合格をもって教育目標の達成とみなし、博士(食マネジメント)を授与する。

<教育目標>
  • 1)経済学・経営学を基盤に食に関する複数の学術分野の知見を有し、学術研究の発展に貢献することができる。
  • 2)食に関する経済活動の諸課題の解決に向けて、経済学・経営学を通して培ったマネジメント能力を活用して、その成果を社会に還元することができる。
  • 3)食に関する経済活動の諸課題解決に向けて、研究倫理を有しつつ学術的手法に基づき複合的に研究できる。

Ⅲ. カリキュラムポリシー

博士課程前期課程

  • 1)食に関する経済活動の諸課題解決に向けて、マネジメントの基盤となる産業・企業・消費・政策の基礎理論を学ぶために基礎科目を置く。
  • 2)基礎科目で取得するマネジメント能力をさらに発展させ、実践的マネジメント能力を身につけるために、展開科目A群を置く。
  • 3)食の課題を深く理解し食の分野についての幅広い知見を得るために、展開科目B群を置く。
  • 4)食の諸課題解決に向けて、研究倫理と学術的手法に基づき研究し、社会において高度に実践できる研究能力と応用力を養成するために、演習科目を置く。

博士課程後期課程

  • 1)食に関わる高度な専門知識を有し、経済学・経営学を基盤に食に関する複数の学術分野の知見を有し、食に関する学術研究の発展に貢献することができる能力を養成するために、講義科目を置く。
  • 2)食に関する経済活動の諸課題の解決に向けて、経済学・経営学を通して培ったマネジメント能力を活用して、その成果を社会に還元できる能力を養成するために、研究実践科目を置く。
  • 3)食に関する経済活動の諸課題解決に向けて、研究倫理を有しつつ学術的手法に基づき食を複合的に研究できる力を養成するために、研究指導科目を置く。

Ⅳ. アドミッション・ポリシー

博士課程前期課程

人材育成目的、ディプロマポリシーおよび教育課程を踏まえ、以下を満たす者を受け入れる。

  • 1)食に関わる学術分野についての基礎知識を有する者。
  • 2)経済学・経営学の専門的知見と食に関わる多様な視点を有して、食に関わる経済活動を研究し、食マネジメント研究を切り拓こうとする者。
  • 3)食関連の社会課題の解決に関心を持つとともに、その課題解決のために実践的なマネジメント能力を備えることに意欲を有する者。

博士課程後期課程

人材育成目的、ディプロマポリシーおよびカリキュラムポリシーを踏まえ、以下を満たす者を受け入れる。

  • 1)食に関わる学術分野についての専門知識を有し、食に関する学術研究の発展に寄与する意欲を有する者。
  • 2)食の諸課題解決にむけて、経済学・経営学の視点を基盤としたマネジメント能力を活用し、実践的に研究成果を社会に還元することに意欲を有する者。
  • 3)研究倫理を有しつつ学術的手法に基づき複合的な研究をする意欲を有する者。