入試・学費・奨学金

この情報は立命館大学で学修を開始する学生(RU Home Students)についてのものです。
アメリカン大学で学修を開始する学生(AU Home Students)は、アメリカン大学のウェブサイトを確認してください。

財政証明書の提出について (Certification of Finances for International Students:CFIS)

立命館大学から履修を開始する学生(RU Home Students)は、アメリカ入国における査証(ビザ)取得のために、アメリカン大学での履修前に財政証明書(Certification of Finances for International Students:CFIS)を提出する必要があります。
なお、アメリカン大学の2020-2021年学年暦では、口座残高として必要な額は70,231ドルとなっています。ただし、この金額は学費およびその他関連費用にもとづき毎年算出されるため、高くなる可能性があります。

アメリカン大学での科目履修に必要な英語力について

アメリカン大学での科目履修にはTOEFL iBT ®テスト85点以上(各セクション20点以上)/ IELTS(Academic Module)Overall Band Score 6.5以上(各パート6.0以上) / PTEアカデミック60以上 / SAT Reading Test Sub-score 30点以上 / ACT English Test 25点以上 /Duolingo English Test 115点以上の英語力が必要です。1回生終了時までに、これらのスコアに到達できなければ、2回生秋学期からのアメリカン大学での履修が許可されず、4年間での卒業ができなくなります(2回生時の5月1日から遡って2年以内に受験したものを有効とします)。なお、その場合、本人の希望にもとづき、選考を経て国際関係学科への転学科が許可されることがあります。

AP・IBの単位認定について

JDP(アメリカン大学・立命館大学国際連携学科)では、入学前に修得したAdvanced Placement (AP)、International Baccalaureate (IB)の成績をアメリカン大学で開講する科目として単位認定を受けることが可能です。
詳しくはこちら

履修に関する制約等について

アメリカン大学・立命館大学国際連携学科においては、カリキュラムの構造と履修スケジュールの関係上、教職課程科目や日本語以外の外国語科目、全学の教養科目等が履修できないなどの制約があります。在学中における本学の他の海外留学プログラムへの参加を通じた単位の取得も、原則として認められません。また、休学については、1セメスター単位ではなく、1年(2セメスター)単位での休学のみとなります。

2019-2020年学費(参考)
1回生 2回生 3回生 4回生
入学金
¥200,000 ¥631,900 ¥631,900 ¥631,900 $25,271 $25,271 $25,271 $25,271 ¥631,900
立命館大学 アメリカン大学 立命館大学

※立命館大学の学費は2021年度以降変動する可能性があります。2021年度以降の学費は決定次第、立命館大学 の「入試情報サイト」に掲載されますのでご確認ください。

※アメリカン大学の学費は1学期(セメスター)に「12~17.5単位」を履修する際の学費額です。18単位以上履 修する場合は追加の学費が発生します。

※アメリカン大学の学費・寮費等は毎年変動しますので最新情報はアメリカン大学HPをご確認ください。

アメリカン大学HP

立命館大学に支払う諸費用(2020年度実績)
学費の他に支払う諸費用(父母教育後援会費や校友会費など)

学友会費 学会費 父母教育後援会費 校友会費
入会金 年会費 入会金 年会費 立命館大学
校友会費
国際関係学部
校友会費
¥3,000 ¥5,000 年会費¥8,000
(学期分¥4,000)
¥5,000 ¥10,000 ¥30,000 ¥10,000

*学友会入会金、父母教育後援会入会金は、入学年度のみ納入してください。

*学友会(入会金、年会費)、父母教育後援会(入会金、年会費)は一括納入のみとなります。

*学会費は学期ごとに納入してください。ただし、春学期・秋学期の授業料を一括して納入する場合は、年会費を納入することになります。

*校友会費は4回生時に1回のみ納入します

① 学友会

立命館大学学友会は、正課の学修や課外活動の発展・向上、学園の進展に寄与することを目的として、立命館大学の全学生で構成されている学生の自治組織です。学友会は、会員が納める会費のほか、大学からの各種補助金、支援金等により、新入生歓迎や学園祭、学術・学芸・スポーツ・ボランティアなど多様な課外活動の取り組み、正課の学修環境の改善、学生生活のアメニティを高める取り組みを行っています。

② 学会

立命館大学国際関係学会は学術研究およびその成果の発表・普及を目的として、国際関係学部の学生・大学院生・教員等によって構成される組織です。各学会は、会員の納める会費のほか寄附金等により、各学会機関誌の編集発行や研究会・講演会開催、調査・見学会実施等の事業を行います。

③ 父母教育後援会費

立命館大学学友会は、正課の学修や課外活動の発展・向上、学園の進展に寄与することを目的として、立命館大学の全学生で構成されている学生の自治組織です。学友会は、会員が納める会費のほか、大学からの各種補助金、支援金等により、新入生歓迎や学園祭、学術・学芸・スポーツ・ボランティアなど多様な課外活動の取り組み、正課の学修環境の改善、学生生活のアメニティを高める取り組みを行っています。

アメリカへの渡航にかかる諸費用

予防接種 約6万円〜10万円
  • アメリカン大学で履修を開始するには、所定のワクチンを接種する必要があります。
  • 過去の予防接種歴によって金額は異なります。
学生ビザ取得費用 約4万9千円
海外旅行保険料・健康保険料 平均64万円程度(2年間合計)
  • アメリカン大学で履修を開始するにあたり、立命館大学が指定する海外旅行保険とアメリカン大学が指定する健康保険にそれぞれ加入する必要があります。
  • 立命館大学の海外旅行保険料は2年間で20万円から25万円(加入プランによる)。
  • アメリカン大学の健康保険料は1年間で$1960(約22万円)。

※ 金額は2019年度実績です(変更の可能性あり)

アメリカン大学に支払う諸費用(2019年度実績)

Undergraduate Students Full-Time (mandatory fees per semester, as of 2018-2019 Academic Year)
Sports Center Fee $65.00
Undergraduate Activity Fee $88.50
Student Technology Fee $120.00
Metro U- Pass $136.00

※ 2019年度の実績です。2020年は新型コロナウィルス感染症の蔓延によるキャンパスでの活動制限に伴い、一時的に諸費用が減額されています。

アメリカン大学で学修する期間(2年間)の寮費

アメリカン大学で学ぶ2年間は、基本的にキャンパス内にある寮で生活することになります。
寮は部屋のタイプによってかかる費用が異なりますが、平均的なタイプ(2人部屋)で、年間約$10,000程度です。
別途、食事プランも選択できますが、平均的な費用(週10~11食)で、年間約$5,000程度です。
アメリカン大学の寮の詳細は以下のHPより最新の情報をご確認ください

アメリカン大学の寮のHP

Ⅰ.「立命館サクラ・オナーズ奨学金」

  1. 支給額および支給期間
    • 年間150万円×アメリカン大学で学修する2年間
  2. 支給対象人数
    • 毎年最大3名
  3. 受給対象者
    • アメリカン大学・立命館大学国際連携学科の入学試験時の「総合点」にもとづく総合順位における最上位者3名。対象者は入学試験の合格発表後に本人宛の通知を行ないます。
  4. 受給条件
    • ①入学後、第2学期終了時までの累積GPAが3.2以上、且つ、第2学期終了時までに卒業要件単位32以上を修得していること。
    • ②第2学期終了時までに、アメリカン大学の定める英語スコア【TOEFL® iBT85点相当以上】に到達済であること 。
  5. 留意事項
    • 後掲の「立命館大学海外留学チャレンジ奨学金」との併給は不可。
    • 本奨学金への採用決定後に、米国入国に必要な査証の取得ができないなど、本奨学金の採用者がアメリカン大学での学修を開始することが不可能となった場合には採用を取り消します。
    • アメリカン大学での学修期間中において本奨学金の採用者が休学した場合、休学期間中の本奨学金の支給を中断します。また、本奨学金の採用者がアメリカン大学における学修期間中に累積GPAが3.0(AU基準では4.0満点)を下回った場合や、本学もしくはアメリカン大学が定める懲戒対象となる行為を行なった場合には、奨学金の全部または一部を取り消し、既に支給した奨学金の全部または一部の返還を求めることがあります。
    • 本奨学金の採用者は、本学およびアメリカン大学・立命館大学国際連携学科の今後の広報等に関わり、本学からの協力依頼に対して積極的に応じることとします。

Ⅱ.「立命館大学海外留学チャレンジ奨学金」

  1. 支給額および支給期間
    • 年間100万円×アメリカン大学で学修する2年間
  2. 受給条件
    • ①入学後、第2学期終了時までの累積GPA3.0以上、且つ、第2学期終了時までに卒業要件単位32以上を修得していること。
    • ②第2学期終了時までに、アメリカン大学の定める英語スコア【TOEFL® iBT85点相当以上】に到達済みであること。
    • ③「立命館サクラ・オナーズ奨学金」受給対象者ではないこと
  3. 留意事項
    • 前掲の「立命館サクラ・オナーズ奨学金」との併給は不可。
    • 本奨学金への採用決定後に、米国入国に必要な査証の取得ができないなど、本奨学金の採用者がアメリカン大学での学修を開始することが不可能となった場合には採用を取り消します。
    • アメリカン大学での学修期間中において本奨学金の採用者が休学した場合、休学期間中の本奨学金の支給を中断します。また、本奨学金の採用者がアメリカン大学における学修期間中に累積GPAが3.0(AU基準では4.0満点)を下回った場合や、本学もしくはアメリカン大学が定める懲戒対象となる行為を行なった場合には、奨学金の全部または一部を取り消し、既に支給した奨学金の全部または一部の返還を求めることがあります。
    • 本奨学金の採用者は、本学およびアメリカン大学・立命館大学国際連携学科の今後の広報等に関わり、本学からの協力依頼に対して積極的に応じることとします。
アメリカン大学へ直接進学した場合 JDP
AU学費(4年間)約2,220万円
(各種奨学金を受給する場合はこの限りではありません)
RU学費(2年間):約273万円
AU学費(2年間) :約1,110万円

奨学金

立命館大学海外留学チャレンジ奨学金 200万円
アメリカン大学授業料減免 約330万円

寮費(4年間)約440万円 RUでの家賃 ※(2年間) 約165万円
AUでの寮費 (2年間) 約220万円
学費・寮費 合計 約2,660万円 学費・寮費 合計 約1,240万円

※京都衣笠キャンパス周辺で1人暮らし(家賃月額 約7万円)を想定して試算

※アメリカでかかる費用は1ドル110円で試算

※寮費や家賃は選択する部屋によって価格は変動します

※奨学金・授業料減免を受給するには上に記載の通り、受給条件を満たす必要があります。