JDPとは

ジョイント・ディグリー・プログラムJoint Degree Program

卒業時に両大学の共同学位を取得

卒業時は両大学連名の学位を手にすることができ、立命館大学およびアメリカン大学の卒業生として卒業後のキャリアを歩んでいくことになります。
(立命館大学・アメリカン大学両校の卒業生のネットワークを活用することが可能です)。

アメリカ・京都で2年ずつ学ぶ

立命館大学で2年間、アメリカン大学で2年間学ぶJDPの学生生活。学生は1つのカリキュラムを両大学で体系的に学びますので、両大学が緊密に連携して教育・学生支援を展開します。学生は4年間、両大学のシステムやサポートプログラムを活用することが可能です。

両大学の学生として4年間を過ごす

JDPの学生は、立命館大学に入学すると同時にアメリカン大学に入学することになりますので、入学試験も立命館大学とアメリカン大学が共同で審査を行います。

グローバルリーダーの精神を育成

京都と国際政治の中心に位置するワシントンD.C.。
二つの都市での学びは、歴史・文化そして国境を超えた多くの人との交わりを可能にし、世界中の人々とのネットワークを築き、グローバル・リーダーの精神を育みます。

JDPと大学入学後の留学、海外大学への直接進学、デュアルディグリープログラム(DUDP)はどのような点が違うのですか??

JDPでは両大学の連名の「学位」を取得できることが通常の留学との一番の違いです。卒業時は両大学連名の学位を手にすることができ、立命館大学の卒業生だけでなく、アメリカン大学の卒業生となります。


JDPは2つの大学を行き来することを前提とした、両大学が共同で作成した4年間のカリキュラムとなっていますので、2つの大学で学びながらも、卒業に向けて体系的に学ぶことができる点が大きな特徴です。
卒業研究に向けた指導を例にとっても、1回生の段階から4回生で取り組む「卒業研究」に向けた指導を両キャンパスで段階的・体系的に進めていきます。JDPでは両大学間で学生1人ひとりの履修状況などがキャンパスを移動しても引き継がれますので、2つの大学で学びながらも一貫性を持って4年間学ぶことが可能です。


海外大学への直接進学の際には、入試出願時に入学先大学が指定するレベルの英語スコア取得が必要になる一方で、JDPでは1回生終了時までにアメリカン大学が指定するレベルの英語スコアを取得することが求められており、大学入学後もアメリカ渡航に向けた準備ができます。


また、2つの大学から2つの異なる学位を4年間で取得するデュアルディグリープログラム(DUDP)では、2つのカリキュラム・異なる専門分野を学んだ上で2つの学位を取得するため、極めて多くの単位修得が必要になりますが、JDPでは1つのカリキュラム・専門分野を学び、1つの共同学位を取得するため、DUDPに比べて修得必要単位数が少なくなっています。そのため、1つ1つの授業により時間を費やすことができ、日米両キャンパスでの学生生活をゆとりをもって学ぶことが可能になります。

海外大学への直接進学
(アメリカン大学の例)
JDP 交換留学 DUDP
(アメリカン大学と 立命館大学の例)
海外で学ぶ期間 4年間 2年間 半年~1年間 2年間
取得できる学位 海外大学の学位 アメリカン大学・
立命館大学の共同学位
日本の大学の学位 海外大学の学位
日本の大学の学位
単位数 120単位 124単位 124単位 160~170単位
留学先で修得した
単位の扱い
アメリカン大学で修得したものと同じ科目名・単位数で卒業に必要な単位として扱う 基準に基づいて学生の所属学部で審議し、承認されれば所属学部の開講科目名で単位が認定される 基準に基づいて学生の所属学部で審議し、承認されれば所属学部の開講科目名で単位が認定される
学修支援の
両大学間の連携
個々の学生の学修状況を相互に共有
学費 海外大学の学費を4年間 海外大学の学費を2年間、日本の大学の学費を2年間 日本の大学の学費を4年間 海外大学の学費を2年間、日本の大学の学費を2年間
海外大学への留学を
決定する時期
大学入学前 大学入学前 大学入学後 大学入学前(もしくは大学入学後)
留学に必要な
英語スコアの
取得時期
入試出願時に入学先大学が指定するレベルのスコア取得が必要 入試出願時にも一定のレベルのスコアが必要だが、1回生終了時までにアメリカン大学が指定するレベルのスコアに到達すればよい 留学プログラムへの出願時に留学先大学が指定するレベルのスコア取得が必要 留学プログラムへの出願時に留学先大学が指定するレベルのスコア取得が必要
渡航に関する
手続のサポート
全て自分自身で行う 大学がサポート 大学がサポート 大学がサポート