Top

立命館大学生命科学部応用化学科 小林研究室では、有機フォトクロミック化合物から無機ナノ粒子まで、様々な光応答をする機能性材料を開発し、未知の光化学現象の発見を目指して研究を行っています。





2021/8/19
真田君(2021年度M1)の研究成果がACSのJournal of Physical Chemistry Lettersに掲載され、ジャーナルカバー(Supplementary Journal Cover)にも選定されました。カバーアートは真田君自身が作成した力作です。

 

 

同学科 前田先生、愛媛大学、筑波大学、東京都立大、JASRIとの共同研究が英国王立化学会のChemical Scienceに掲載されました。

同学科 前田先生、JASRIとの共同研究がWileyのChemistry A European Journal に掲載され、ジャーナルカバー(Cover Picture)に選定されました(Link)。



川西君(2020年度M1)の研究成果がWileyのAsian Journal of Organic Chemistry に掲載されました。




韓さん(2019年度修士)の修士論文研究がアメリカ化学会(ACS)のJournal of the American Chemical Society に掲載され、ジャーナルカバー(Supplementrary Journal Cover)に選定されました(Link)。




吉岡君(M1)、福田君(M1)の研究成果が英国化学会会(RSC)のNanoscaleに掲載されました。



川西さんが2020年9月9日~11日、オンラインで開催されたweb光化学討論会において優秀学生発表賞(Journal of Materials Chemistry A - Presentation Prize)を受賞しました(Link)関係者の皆様に感謝申し上げます。


同学科 前田先生、理研、筑波大、JASRI、関西学院大との共同研究がアメリカ化学会(ACS)のJournal of the American Chemical Society に掲載され、ジャーナルカバー(Supplementrary Journal Cover)に選定されました(Link)

 

臼井君(2019年度修士)の修士論文研究がアメリカ化学会(ACS)のJournal of the American Chemical Society に掲載され、ジャーナルカバー(Supplementrary Journal Cover)に選定されました(Link)

 

ニュース

2020年08月15日
前田先生(立命館大)、筑波大、理研、JASRIとの共同研究が論文として掲載されました。のコピー
2020年05月02日
臼井君(2019年度修士)の研究が論文として掲載されました。
2019年10月11日
青山学院大学在籍時の研究が論文として掲載されました。
2019年05月07日
前田先生(立命館大)、筑波大、理研、JASRIとの共同研究が論文として掲載されました。
2019年04月01日
臼井君の研究が論文として掲載されました。
» 続きを読む