文字サイズ

学部コンセプト

「生命科学からより豊かな社会へ」

生命科学は、化学、生物学、情報科学、医科学といった多様な分野の連携と融合により、
環境、資源、エネルギー、食糧、医療・健康といった地球規模の問題解決に貢献をします。

物質・生体分子の機能解明から新物質創成へ

原子・分子レベルの理論と技術を駆使し、物質・生体分子の機能解明・新物質創製を行う現代化学を展開しています。化学を中心に、生命から材料科学まで幅広く学ぶことにより、生命系への応用、エネルギーやナノテクノロジーなど、社会の重点課題に果敢に挑む人材を育成します。

応用化学科

生命現象の探究から食料・環境・資源・エネルギーへ

生物工学科では、食料・環境・生物資源・エネルギーなどの人類の基盤となる多角的な分野を対象にしています。本学科で化学・生物学を基盤とした最新のバイオテクノロジーに関する知見・技術を身につけて、あなたも人類が直面する諸問題の解決に貢献しませんか?

生物工学科

ビッグデータ解析・ゲノム編集から食料・創薬へ

生命は、ゲノム・タンパク質・細胞・器官など生体の構成要素を網羅的に追求し解析することにより初めて理解されます。生命情報学科はそのような構成要素の網羅的な追及と、コンピューターによる解析により生命を理解する、いわば未来の生命科学を目指します。

生命情報学科

生命の理解から疾病の克服へ

「健康とはどのような状態か」「病気の原因とメカニズムは」など、生命と医療の根源的な問いにアプローチ。基礎生物学や生物工学、基礎医学を重点的に学ぶことで複雑精緻な生命現象を解明し、早期発見や疾病予防など予防医学を中心に生命システムの探求と医科学研究を展開しています。

生命医科学科