立命館大学文学部は、英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・イタリア語を学ぶ
高校生の皆さんを対象にAO選抜入学試験を実施します。
国際化が進む中、多様な国・地域や人を理解し、多文化環境の中で協働できる人材が社会に必要とされています。
文学部では、語学力を活かして、大学入学後、積極的に様々な国の文化や歴史、人、
そして社会等を知りたい・学びたいという皆さんを求めています。

Features文学部の学びの特徴

多様な視点から文化・歴史などを学べる専門教育

欧米やアジアを中心に古代から近代までの各国の歴史や文化、そして哲学、文学、美術、演劇、音楽、言語、地理など、17 専攻100名を超える文学部の教員による多様な専門科目が開講されています。文学部では、所属する学域・専攻以外の科目も受講が可能です。開講されている専門科目の約80%が全文学部生に開かれており、専門を深めながら隣接する学問領域などを興味に合わせて受講することができます。

※本AO 選抜入試を通じて入学した皆さんは、人間研究学域、国際文化学域、コミュニケーション学域のいずれかに所属することとなります。

習熟度に合わせた外国語教育

文学部では、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、中国語、朝鮮語のうち2つの言語を必修科目として位置付けています。更に、外国語の学びを深めたい人は2回生以上で「専門外国語」科目や「全学副専攻」科目などで発展的に学ぶことができます。また、高校での授業や海外生活などで英語以外の外国語を学んできた人など、既に一定の語学力を有する人(既修者)のために、「既修者対応プログラム」も設置されており、培ってきた語学力を一層伸ばすことができます。

充実した海外留学プログラム・交換留学制度

文学部では中国や韓国をはじめとするアジア各国やハワイ、イタリアなどに赴き、現地の文化や歴史を学ぶ「エリアスタディ実習」を実施しています。また大学全体の海外留学プログラムとして、12カ国にコースを展開している短期間の留学プログラムから、30以上の国・地域、の協定校への交換留学をはじめとする1年間以上の長期留学まで幅広いプログラムを設けています。文学部では年間350名以上の学生がこれらの海外プログラムに参加しています。

Learning Model入学後の長期留学・履修のイメージ

本AO入試で入学するメリット

交換留学等の長期留学プログラムに参加するには、出発の約10ヶ月前に応募受付となり、応募時には、一定の語学スコアを満たしている必要があります。本入試で入学された方は、語学力を活かし、要件の語学スコアを満たすことで、長期の海外留学プログラムに早期からチャレンジすることができます。例えば、1回生時に応募・合格すれば、2回生秋学期から1年間留学することが可能です。帰国後は、海外での経験や学習を3回生・4回生での演習(ゼミ)の授業や卒業論文に活かすことができます。

Voices文学部生の声

Major募集学域

本方式では、以下のいずれかの学域への出願となります。

人間研究学域 ※人間研究学域はドイツ語・フランス語でのみ募集します。

人間研究学域は、哲学・倫理学専攻と教育人間学専攻で構成されます。「人間」を根源的な次元でとらえ直し、社会的な諸事情を通して統合的に探究します。「人間とは何か」、「生きる意味」といった問題に迫り、人知の可能性を創造的に切り拓いていくことが課題となります。

2回生から以下のいずれかの専攻に所属します。
●哲学・倫理学専攻 ●教育人間学専攻

国際文化学域

国際文化学域は、英米文学専攻、西洋史学専攻、文化芸術専攻で構成されます。世界の成り立ちを歴史的に理解し、それをふまえて多種多様な文化と向き合う姿勢を培うことが今日、重要課題となっています。国際文化学域では、芸術・文学・歴史・思想といった、人間文化・社会の多岐にわたる諸学問を横断したうえで、このグローバルな課題に対する能力を身につけます。

2回生から以下のいずれかの専攻に所属します。
●英米文学専攻  ●西洋史学専攻  ●文化芸術専攻

コミュニケーション学域 ※コミュニケーション学域は英語でのみ募集します。

コミュニケーション学域は、言語コミュニケーション専攻と国際コミュニケーション専攻で構成されます。コミュニケーション(日本語・英語)の実践を通して、人と社会のかなめとなることばとコミュニケーションについて深く学びます。さらに人と文化、社会に関わる多様な学びから、異文化を理解する力と英語運用能力を身につけ、文化的実践を担うことができる人材の育成を目指します。

2回生から以下のいずれかの専攻に所属します。
●言語コミュニケーション専攻  ●国際コミュニケーション専攻

文学部の学域について詳しく知る

Statue求める学生像

英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・イタリア語の運用能力、コミュニケーション能力、問題発見・解決能力を海外留学や国際交流経験を通じて既に身に付けている。

入学後、文学部での学びの上に、各種留学制度を利用し積極的に海外での学びを志向している。

卒業後、国際的視野で活躍するキャリアビジョンと可能性を有している。

以下のいずれかを出願時点で取得している。

人間研究学域を志望する方
言語 試験名称等 要件
ドイツ語 ドイツ語技能検定試験 4級以上
ゲーテ・インスティトゥートのドイツ語検定試験 スタート・ドイツ語 1 A1 以上
フィット・ドイツ語 1 A1 以上
ÖSD Zertifikat A1 以上
フランス語 実用フランス語技能検定試験 4級以上
DELF・DALF(フランス国民教育省認定フランス語資格試験) DELF A1 以上
国際文化学域を志望する方
言語 試験名称等 要件
英語 実用英語技能検定 2級以上
TOEFL iBT®テスト 57点以上
TOEIC® Listening and Reading テスト 550点以上
IELTS(Academic Module) Overall Band Score 4.5以上
GTEC CBT 1000点以上
GTEC for Students 675点以上
GTEC(3技能版) 675点以上
ドイツ語 ドイツ語技能検定試験 4級以上
ゲーテ・インスティトゥートのドイツ語検定試験 スタート・ドイツ語 1 A1 以上
フィット・ドイツ語 1 A1 以上
ÖSD Zertifikat A1 以上
フランス語 実用フランス語技能検定試験 4級以上
DELF・DALF(フランス国民教育省認定フランス語資格試験) DELF A1 以上
スペイン語 スペイン語技能検定 5級以上
DELE(スペイン政府認定証) A1 以上、または旧 DELE Nivel Inicial 以上
イタリア語 実用イタリア語検定 4級以上
PLIDA イタリア語検定試験(イタリア政府公認) A1 以上
CILS イタリア語検定試験(イタリア政府公認) A1 以上
コミュニケーション学域を志望する方
言語 試験名称等 要件
英語 実用英語技能検定 2級以上
TOEFL iBT®テスト 57点以上
TOEIC® Listening and Reading テスト 550点以上
IELTS(Academic Module) Overall Band Score 4.5以上
GTEC CBT 1000点以上
GTEC for Students 675点以上
GTEC(3技能版) 675点以上

*TOEFL ITP®テスト、TOEIC® IP テストは対象となりません。
*GTEC for Students、GTEC(3技能版)は、検定実施、通常実施ともに可とします。
*TOEFL iBT ®テスト、TOEIC® Listening and Reading テスト、IELTS(Academic Module)および各 GTECの成績評価は、
 出願開始日よりさかのぼって 2年以内に受験したものを有効とします。
 ※受験時期の指定のないものは、受験時期を問いません。

Schedule2019年度
出願・入試スケジュール

出願期間

2018. 9/3(月)~ 9/7(金)

〈簡易書留速達扱いの出願期間最終日消印有効〉
第1次選考(書類選考)
  • 合格発表日2018. 10/11(木)10:00
第2次選考
  • 試験日2018. 10/20(土)
  • 合格発表日2018. 10/31(水)10:00

出願資格・要件などの詳細は必ず「2019年度AO選抜入試要項」で確認してください。

国際文化学域入学

出願語種フランス語

Voice1

大学ではヨーロッパの歴史や音楽等の芸術、文化について学びたいと考えており、さらには語学力の向上も視野に入れて大学選びをしていたときに、文学部のこのAO入試を知りました。高校でのフランス語学習や交換留学の経験を活かして受験が可能である点に加え、国際文化学域での学びが私の自己実現にとって最適な学習が出来る環境が整っている点から受験を決めました。
入学後は外国語の既習者に対応したプログラムを受講し、高校で修得した語学力を更に伸ばしたいです。さらに、多彩な分野の授業を受講することが出来る文学部のカリキュラムを最大限に活用し、専門的な知識やコミュニケーション能力、思考力を高めていきたいです。

国際文化学域入学

出願語種ドイツ語

Voice2

高校3年間で最も力を入れて学んだドイツ語を活かすことが出来る入試であり、また立命館大学には留学プログラムや奨学金制度が多数あり、自ら学ぶことが出来る環境が揃っている点に魅力を感じました。入学した国際文化学域では自分の関心のある分野の講義があり、自分の研究したい分野に対して様々な視点からアプローチ出来る点に惹かれ、受験を決めました。
大学ではドイツへの長期留学をして様々な国の人々との交流を通して、国際的な知識や経験を得たいと考えています。留学後は、留学や立命館大学での学びを通して、ドイツ文学や文化について研究すると共に、資格課程等についても学びたいと考えています。

コミュニケーション学域入学

出願語種英語

Voice2

私は3年間インターナショナルスクールに通っていたこともあり、英語力・国際力には自信がありました。高校生のときに経験したオーストラリアへのホームステイや、高校生模擬国連大阪大会の参加などで培った英語力・国際力を活かすことが出来る入試である点に魅力を感じました。
大学ではコミュニケーション学域で「言語における表現」や、非言語コミュニケーションの中でも特に「ファッション」について学びを深めていきたいと考えています。