成績評価・GPA・単位授与の時期・他大学等で修得した単位の認定

成績評価

 成績評価は、シラバスに記載されている成績評価方法にしたがって行われます。合格した科目は、評価のいかんに関らず、取り消したり、再度受講登録したりすることはできません。

 

【成績表示】

所期の学習目標をほぼ完全に達成するか、または傑出した水準に達している。※100点法では90点以上に対応する。

問題はあるが、所期の学習目標を相応に達成している。 ※8089点に対応。

誤りや不十分な点があるが、所期の学習目標を相応に達成している。※7079点に対応。

所期の学習目標の最低限は満たしている。※6069点に対応。

単位を与えるためにはさらに勉強が必要である。 ※60点未満に対応。

 

 ① 「A」「A」「B」「C」を合格とし、所定の単位を授与します。

 ② 「F」は不合格です。成績証明書には記載されません。

 ③ 成績を段階評価することになじまない科目については、合格を「P」、不合格を「F」とします。

 ④ 編入学、転入学、海外留学、単位互換制度などにより、本学以外で修得した科目を本学で認定する場合は、「T」(認定)で表示します。詳細は学部事務室で確認してください。

 

GPA

 GPAとは、成績評価を数値化したものです。本学独自の換算方法で数値化されており、学内で行われる様々な選考の基準として使用しています。

 【本学の換算方法】


   5×「A」修得単位数+4×「A」修得単位数+3×「B」修得単位数+2×「C」修得単位数


              A+、A、B、C、F評価の合計登録単位数

 ※ 自由科目(卒業要件に算入しない科目)はGPA計算の対象になりません。

 ※ 副専攻科目は、コース修了に必要な単位数を満たしていない場合でも、GPA計算の対象になります。


なお、GPAには「学期GPA」と「累積GPA」の2種類があり、CAMPUS WEB「履修状況確認(受講登録内容・成績一覧)」で確認することができます(成績証明書には記載されません)。

 

単位授与の時期

 単位授与の時期は、授業が開講される期間により異なります。なお、単位授与されるには、単位授与時期に、学籍状態が「在学」または「留学」中である必要があります(「休学」中の場合は、単位授与されません)。


他大学等で修得した単位の認定 

<他大学等で修得した単位認定について>

 海外留学や単位互換制度等他大学で修得した単位は、60単位を超えない範囲で本学における卒業に必要な単位として、学部の教授会で審議のうえ学部長が認めることがあります。なお、60単位の上限は、個々の制度・プログラム毎ではなく、他大学等で修得した単位全体の上限となりますので、注意してください。

  留学先で修得した単位の認定にあたっては、留学先の履修期間および成績が明記された「単位修得願および単位認定書」、その他必要書類を学部事務室(OICは学びステーション)に提出することが必要です。単位認定時期は、留学終了日を含む学期の末日となります。

 ※帰国後は速やかに「留学終了届」を提出してください。

 

<入学前に修得した単位認定について>

 入学前に修得した単位を認定された場合(本学の科目等履修生として入学前に単位を修得した場合、社会人方式または社会人方式<AO方式>)は、①と合わせて60単位(うち入学前単位認定の上限は30単位)が上限となります。

 

<編入学、転入学等における単位認定について>

 編入学者、転入学者は、入学以前の大学等において修得した単位のうち、2年次入学者は30単位、3年次入学者は62単位を超えない範囲で、本大学において履修し、修得したものとして認めることがあります。なお、理工学部・情報理工学部・生命科学部・薬学部については、編入学・転入学時の単位認定の上限が異なります。