立命館大学大学院博士課程後期課程研究奨励奨学金


制度の概要

立命館大学大学院博士課程後期課程研究奨励奨学金は、本大学院に在学する優秀な研究業績を有する者の授業料を援助することにより、当該課程における研究活動を奨励することを目的とする奨学金で、博士課程後期課程在学生を対象とした給付奨学金です。本奨学金は、S・A・Bの三種類に種別されています。


本奨学金における「博士課程後期課程在学者」については、以下のとおり取り扱います。

  • 区分制博士課程にあっては、博士課程後期課程の在学者を指します。
  • 一貫制博士課程にあっては、3年次以上の在学者を、博士課程後期課程在学者として取り扱います。
  • 4年制博士課程にあっては、在学者を指します。 
  • ここでいう「在学」とは、学籍状態が「在学」または「留学」の者を指します。

制度種別


種別 要件 採用数・支給額
研究奨励
奨学金S
非公募 以下のいずれかに該当する者を、研究奨励奨学金Sの給付対象とします。

  1. 日本学術振興会特別研究員DC1・DC2採用者で、当該年度の5月1日現在、本学大学院博士課程後期課程に在学する者。
  2. 本奨学金申請の前年度に当該年度(奨学金申請年度)の日本学術振興会特別研究員DC1・DC2の第1次選考(書類選考)に合格し、第2次選考(面接選考)の候補者となった者で、当該年度の5月1日現在本学大学院博士課程後期課程に在学する者。
本奨学金で不明な点があれば、大学院課までお問い合わせください。

<奨学金支給額>
S…授業料相当額

詳細は該当者に別途お知らせします。




研究奨励
奨学金A

研究奨励
奨学金B

公募  

募集の詳細については、募集要項を必ず確認してください。

以下に該当する者を、研究奨励奨学金A・Bの募集対象とします。
  1. 博士課程後期課程1回生以上の在学者で、各研究科が教育研究上の目的に照らして優れた研究業績をあげた者、あるいはあげることが期待できる者。

A・Bの募集は一括で行います。Aについては優秀者、BについてはAに準ずる優秀者となります。

「各研究科の教育研究上の目的」については、各研究科則に定める「教育研究上の目的」とします。
詳細は、募集要項を参照してください。

すでに奨学金を受給している方は、他の給付奨学金との重複受給ができない場合があります。
本奨学金の申請を考えている方は、重複受給が可能か事前に必ず確認してください。


<採用数上限>
A…5月1日現在の各研究科の博士課程後期課程全在学者総数の5%

B…5月1日現在の各研究科の博士課程後期課程全在学者総数の15%

<奨学金給付額>
A…授業料相当額
B…授業料半額相当額


手続き・申請方法 

研究奨励奨学金S

対象者には、大学より通知が届きますので、手続きを行ってください(6月中旬を予定しております)。
前期セメスター中に給付・振り込みに関する手続きを完了します。
給付は年2回に分割して行われます。

研究奨励奨学金A・B

所定の申請書に基づき申請を受け付けます。詳細は募集要項を確認してください。

2017年度 申請期間

  【春期】2017年6月5日(月)~6月9日(金)
*【秋期】2017年11月1日(水)~11月7日(火)
* 秋期募集を実施するか否かは研究科により異なります。

申請場所・窓口時間
【衣笠キャンパス所属研究科】
大学院課事務室(至徳館2階)窓口時間 10:00~11:30 12:30~17:00

【BKC 所属研究科】
学びステーション(プリズムハウス1 階)窓口時間 8:45~17:00

【OIC 所属研究科】
学びステーション(A棟1 階AC 事務室)窓口時間 8:45~17:00


< 秋期募集を実施する研究科> ※20170529更新

国際関係研究科・先端総合学術研究科・テクノロジー・マネジメント研究科※1と、政策科学研究科※2

※1 国際関係研究科・先端総合学術研究科・テクノロジー・マネジメント研究科については、原則春期募集は4月、秋期募集は9月入学者を対象とします。

※2 政策科学研究科については、2017年度から秋期募集を新規で実施するため、2017年度については2016年度以前の入学者は春期・秋期ともに申請可。ただし、春期・秋期の募集を行う場合、連続する2期への申請はできません。




博士課程後期課程研究奨励奨学金A・B 募集要項(PDF) *2017/10/5更新 

※研究奨励奨学金A・B申請受付チェック票をダウンロード、記入のうえ、
申請書類の一枚目に添付して申請してください。


申請にあたっては、Ri-SEARCHの利用により様式を作成することが必要です。

様式作成の方法は、次のマニュアルを確認してください。


<2018年度以降について>

2018年度以降については、標準修業年限超過者は本奨学金の対象となりません。


取り扱い課

大学院課 衣笠:至徳館 2階(075)465-8195g-schol2@st.ritsumei.ac.jp