博士課程後期課程 インターンシップ奨学金


※インターンシップ奨学金は事前申請制です。必ずインターンシップ参加前に申請をしてください。申請書に基づき審査を実施した上で、奨学金の支給可否を決定します。

制度の概要

本奨学金は企業等が実施するインターンシップに参加する博士課程後期課程の大学院学生を経済的に支援することにより、インターンシップを通じたキャリア形成を奨励することを目的とする。

※インターンシップとは、国内外の民間企業、公的機関、非営利団体、国際機関、初等・中等教育開発機関等において研究または実習を目的とした就業体験を行う制度であり、大学院生のキャリア形成に資するものとする。日数については1年度内に通算15日(受入先への移動日および休日ならびに当該年度外に参加する日数は含めない)以上行うものをいう。ただし、給与が支払われるインターンシップは対象としない


資格要件

博士課程後期課程在学者もしくは一貫制博士課程(3年次以上)在学者、4年制博士課程の在学者で、企業等おいて通算15日(受入先への移動日および休日ならびに当該年度外に参加する日数は含めない)以上のインターンシップを行うもの。ただし、給与が支払われるインターンシップは対象としない。

※ 在籍期間中において本奨学金を受給したことがないこと(在籍期間中、本奨学金を受給できるのは1回限りとする)

※休学者および休学期間中のインターンシップ参加者は申請できない。

※詳細については、必ず募集要項をご確認ください。


奨学金の対象となる費用・金額


金額:採用者1名につき活動日数に応じて以下の奨学金を支給する  

インターンシップ活動通算日数*

金額

15日~30

100,000

31日~59

150,000

60日以上

200,000

 

*インターンシップ活動通算日数とは、在学期間中に、申請のインターンシップを実施した日数のうち、受入先への移動日および休日ならびに当該年度外に参加する日数を除いた日数のこと。

   本奨学金は、申請時点の日数をもとに決定するため、インターンシップ活動終了時に日数変更によって申請時点より日数が減った場合は戻入が必要となる。ただし、日数が増えた場合は追加支給しない。



申請

所定の申請書及び添付書類の提出により申請を受付
※申請にあたっては、以下の「募集要項」をよく読んで申請書を作成し、必要書類を添付のうえ提出してください。

申請先  : 

下記メールアドレスあてに、以下の書類を一括したファイルをメールに添付して提出する。

提出先メールアドレスg-schol2@st.ritsumei.ac.jp

※申請書類を一括したファイルにパスワードを設定し、メールに添付して提出すること(パスワードは「intern」にしてください)。

申請時期  :  2017417日(月)~ 2018年131日(水)(日本時間1700メール必着)

※メールの提出は、日本時間1700までに指定メールアドレスに届いた申請書のみを有効とする。

時間外の提出は認めないため、締め切り時間前に相当の余裕をもって提出すること。


申請にあたっては、Ri-SEARCHの利用により様式を作成することが必要です。

様式作成の方法は、次のマニュアルを確認してください。

手続き<採用後>

申請受付後約3 週間以内 採否通知送付 ※メールにて通知
採用通知後3 週間以内 誓約書と申請書類の原本提出
※期日までに提出がない場合は本奨学金を支給しません。


インターンシップ終了後は、1 ヶ月以内に「インターンシップ奨学金振込口座届(様式2)」、「実施状況報告書(様式3)」、「終了報告書(様式4)」の3点を提出してください。詳細は、手引きをご確認ください。

インターンシップ成果報告会

本研究費採用者は、年度末までに成果報告しなければいけません。所定の成果報告書を作成のうえ、提出してください。また報告書提出後、口頭報告又はポスターセッションなどの成果発表会を開催いたします。積極的に参加してください。

お問い合わせ先

大学院課
大学院課(衣笠) 至徳館2F 075-465-8195