博士論文出版助成制度

【助成金支給時期の変更について】

2019年秋学期募集より、刊行後の「領収書」に基づく支給から、「請求書」に基づく支給へ、助成金支給時期の変更をいたしました。これにより、出版費用を助成金受給前に全額負担する必要がなくなるため皆さまの経済的負担を軽減することができます。


<具体的な流れ>

(1)刊行までの手続

「請求書(申請者本人名義)」ならびに「振込先口座届」を大学院課(衣笠)に提出してください。提出された資料を確認の上、受理日()より約2ヶ月後を目処に指定の口座(申請者本人名義に限る)に助成金を支給します。

※受理日とは、申請に必要な資料の内容に不備がなく、全ての資料を大学に提出できた日を指します

(2)刊行後の手続

「刊行された書籍5部」および「領収書(申請者本人名義)」「出版物完成届」を202135日(金)までに大学院課(衣笠)まで提出してください。上記(1)で支給した助成金額が領収書の金額を上回る場合は、差額分を戻入する必要があります。

また、2021331日(水)までに全ての事務手続を完了できない場合は一旦支給した助成金は全額返還していただきます。


本制度は、本学大学院博士課程後期課程の院生の博士論文の研究成果を学術図書として公刊することを促進するものです。専門分野における優れた研究業績を積極的に公表することを目的とし、本学大学院博士課程後期課程にて博士学位を授与された方々が、当該博士学位論文を出版する際、その経費の一部を助成するものです。  

詳細については、募集要項で確認してください。

2020年度春学期 募集要項   

2020年度春学期 出願書 

 2019年度秋学期募集については、受付を終了しています。 

◎助成対象・助成対象経費・出願資格・対象研究科  

(1)助成対象

本学の博士学位(甲号)申請論文を出版物として刊行<単著のみ>
※助成対象は出版社の事業として刊行される出版物に限る。
※次のいずれかに該当する場合は、助成対象外とする。
①出版社の企画によって刊行するものであり、出版社が出版にかかる経費全額を負担するもの
②出版社ではなく印刷会社が刊行するもの

(2)助成対象経費

・出版に係る経費

※出版に係る経費とは、組版代・製本代・印刷代・用紙代および製本代や翻訳・校閲経費を指す。
 打ち合わせ等で使用する交通費などは含まない。


(3)助成金額

・1件あたり100万円を上限とする(採択上限予定数:年間10件程度) 


(4)出願資格

以下の1)~3)いずれかの出願資格を満たすこと

1)申請時に下記に定める本学研究科の博士課程後期課程、一貫制博士課程に在籍しており、学位授与日が2020年3月31日となる博士学位(甲号)請求の手続きを終えているもの

2)2019年度秋学期に在籍しており、2020年3月31日までに博士学位(甲号)請求の手続きを終え、その後満期退学したのち、2020年3月31日に遡って博士学位が授与されることとなったもの、もしくは授与される予定のもの(遡及適用者)


(5)対象研究科

法学研究科・経済学研究科・経営学研究科・社会学研究科・文学研究科・国際関係研究科
政策科学研究科・先端総合学術研究科・テクノロジー・マネジメント研究科・スポーツ健康科学研究科
人間科学研究科


(6)受給要件

次のすべての受給要件を満たすこと
①申請した博士学位請求論文にて、博士学位を授与されたもの
②2021年9月25日までに博士論文を刊行し、手続きを完了させたもの

 

◎助成対象期間・出願期間・出願書類等

助成対象期間 2021年3月31日までに刊行するもの
出願期間

 

2020年6月22日(月)~2020年7月17日(金)17:00
(郵送の場合は大学院課(衣笠)に提出。ただし、申請期間内に必着となるよう送付してください。)

出願期間終了後に、審査委員会にて審査のうえ、2020年9月下旬に申請者に文書で採否を通知する。

 

提出書類

 


①2020年度春学期募集 立命館大学大学院 博士論文出版助成制度出願書 
②博士学位論文及び要旨の写し
③出版社からの見積書、翻訳の場合は翻訳経費の見積書
 ※出版社は日本国内に拠点をおく法人のみ
(原則、2社以上の見積書を提出すること。1社の場合は申請書に理由を記載すること。)※やむを得ない理由により見積もりが1社のみの場合は、申請書に理由を記載すること。

④出版社からの出版承諾書(様式適宜)
⑤研究業績報告書(Ri-SEARCHより出力)  ※1
⑥学位授与申請書のコピー <修了生の方は提出不要です>


※1:既に修了したものが申請する場合、フォーマットをダウンロードして作成するか、Ri-SEARCH研究業績報告書を出力してください。なお、Ri-SEARCHから入力する場合、事前に継続利用申請手続きを大学院課に申請する必要あります。以下のページより申請手続きを行ってください。なお、申請から利用までは2週間ほど必要になりますのでご注意ください。

研究業績報告書フォーマット
立命館大学大学院 キャリアパス推進室HP 「Ri-SEARCHについて(システムの利用権限)」


 

 ◎留意事項等(必ず募集要項も確認すること)

※日本学術振興会の特別研究員の採択者や他の奨学金の受給者で、受給が可能か判断に迷う方は、大学院課(衣笠)まで問い合わせてください。
※本助成金は所得税法上「課税」扱いになる場合があります。必要に応じ、受給者本人の自己責任において税務上の手続きを行ってください。詳細は最寄の税務署に確認してください。
※次のいずれかの場合に該当するときは、助成を取り消します。
(1)当該博士学位論文が期限内に出版されなかったとき、または出版の見込みがなくなったとき。
(2)博士学位申請論文により博士学位を授与されなかったとき。
(3)出願書類、証憑その他の提出書類に虚偽の記載その他の不正の事実が判明したとき。
(4)募集要項に定める必要な手続きを行わなかったとき。
(5)博士学位論文の内容に盗用、不正等があったとき。
(6)上記のほか、出版に対する助成が不適切であると教学部長が判断したとき。


出願書提出先

※各研究科が所属するキャンパスでのみ受理します。所属キャンパス以外での受理は行いません。
※提出先は、出願書類の受理を行うのみです。問い合わせは担当の大学院課(衣笠)にご連絡ください。

キャンパス
提出先
衣笠キャンパス
大学院課(衣笠) 至徳館4階
びわこ・くさつキャンパス
BKC学びステーション プリズムハウス1階
(回収BOXに提出)
大阪いばらきキャンパス
OIC学びステーション A棟1階AC 事務室
(回収BOXに提出)



お問い合わせ先・郵送先

大学院課(衣笠) 至徳館 4階
「博士論文出版助成制度」担当
〒603-8577
京都市北区等持院北町56-1
TEL: 075-465-8195  / 内線:511-4537
Email: g-schol2@st.ritsumei.ac.jp