大学院博士課程前期課程学生学会奨学金

本奨学金は、学会への参加または学会での研究成果の発表を奨励し、援助することを目的としています。修士課程・博士課程前期課程・一貫制博士課程1~2年次在学者で、指導教員の承認を得て当該年度に学会に参加または発表を行う者を対象としています。2011年9月以前入学者も本奨学金が適用されますが、回数制限について経過措置があります。 詳しくは募集要項を確認してください。

※2018年度より、制度が大きく変更になりました。

※申請にあたっては、募集要項を熟読の上、 適切かつ適正に手続きをおこなってください。 詳細については、募集要領で確認してください。

【主な変更点】
① 支給方法が、実費から一律金額の給付※となりました。
② 申請に必要な提出資料を変更しました。(募集要項 P.6参照)
③ 申請書類一式を郵送でも提出できるようになりました。

※ 国費留学生・日本学術振興会特別研究員を除く。


2018年度 募集要項   2018.03改訂

学会(参加・発表)奨学金申請書式はこちら (両面コピー)

 学会(参加・発表)報告書こちら


◎種類・支給額・支給回数  

(1)奨学金の種類

  国内学会参加奨励・国内学会発表奨励・国外学会発表奨励


(2)支給額

種類
支給金額
国内学会参加奨励
10,000円
国内学会発表奨励
30,000円
国外学会発表奨励
100,000円

 ※国費留学生を除く。国費留学生は、実際にかかった経費を大学院課にて計算し、支給金額を上限とした実費を支給します。

(3)支給の回数上限

  奨学金の支給回数は、国内学会参加奨励が在籍期間中1回限り、国外学会発表奨励が各年次につき1回限り、という条件のうえ、年次ごとに以下の回数上限があります。

1年次
 国内学会参加奨励・国内学会発表奨励・国外学会発表奨励の中から年次1回まで
2年次(以上)
 国内学会参加奨励・国内学会発表奨励・国外学会発表奨励の中から年次2回まで

 

◎支給の対象となる期間・申請期間・提出書類・支給基準等

対象期間 当該年度の4月1日〜3月31日
申請期間

 

当該年度の4月2日〜翌年2月28日(学会参加後1ヶ月以内に要申請)

(申請期間終了後から3月末までに開催される学会については2月28日までに事前申請を行なって下さい。  ※3月に入ってからの受付はできません。)

支給時期 申請書受理日より約2ヶ月後

 

提出書類

 


学会(参加・発表)奨学金申請書   申請書式はこちら (両面コピー)

A:当該学会の開催がわかるもの(案内・要領等/学会名、開催地、会場、開催日が記載されたもの)

B:当該学会での発表がわかるもの(報告者、報告テーマ、報告日が記載されたもの)

C:当該学会での発表資料(発表時に利用したスライド、ポスター、原稿等)

D:学会(参加・発表)報告書     ◆報告書こちら 



※以下の書類は、大学院課に提出する必要はありません国費留学生・日本学術振興会特別研究員の方のみ大学院課への提出が必要です。 他の予算と合算する場合は、合算先により必要な提出資料や提出先が違うため、合算先の要項に従ってください。

E:当該学会の開催地、会場の地図、アクセスがわかるもの

F:学会登録料・参加費の領収書(署名・押印要)

 【領収書が無い場合/外貨払いをした場合】
 登録料・参加費支払いのクレジットカード利用明細書(署名・押印要)

G:学会登録料・参加費の明細書

H:航空賃の領収書(原本/署名・押印要)および明細

 【領収書が無い場合/外貨払いをした場合】
 航空賃支払いのクレジットカード利用明細書(署名・押印要)

I:フライトスケジュールが記載された書類(航空賃見積書、明細書など)

J:航空賃の搭乗券の半券(原本)


【他の予算と合算する場合】

合算先が指定する必要な提出書類(合算する予算によって異なる)

 

【問い合わせ先】

大学院課  (衣笠): 至徳館4階      TEL:075-465-8195    Email: g-schol1@st.ritsumei.ac.jp