研修制度

TAガイダンス・研修について

立命館大学では、TA(TA希望者も含む)を対象とした、業務に必要な授業運営支援機器等の利用方法に関する説明会やTA業務を考えるワークショップなどを企画しています。これらの機会を積極的に活用し、TAとしての活動をさらなる有効な経験としてください。

TAガイダンス・研修一覧

以下の4つのガイダンス・研修を予定しています。

1.TAガイダンス

TA制度の趣旨、やりがいやTAの具体的な業務、TAガイドラインなどについて説明します。

2.TA manaba+R・ICカードリーダー 研修

manaba+Rのよく利用されるメニューの使用方法、ICカードリーダーの使用方法を習得します。

3.TAスキルアップ研修

TA経験を振り返り、TAをする上で困ったことや悩み、その解決方法などを共有し、実例に応じた対処方法を学びます。また、担当する授業の形式ごとにグループワークを行うことで、より具体的な解決策を見出せるようにするとともに、TA間のネットワークを形成します。

4.TAハラスメント防止研修

TAは、教員の指示のもと学生に指導・助言を行い、さらに教える実践の過程で授業運営方法などを学びます。つまり常にハラスメントの被害者にも加害者にもなりうる立場にあると言えます。TAが勤務するにあたり、ハラスメントを行使しないことはもちろんのこと、ハラスメントを受けないという自らを守るための知識も必要となります。本研修では、ハラスメントの基礎的な知識から、それを防止するための方策をワークを通じて学びます。

  • ページトップへ
  • 写真
  • 写真