カリキュラム

「リーダーに求められる、生きる指針としての「哲学」の獲得を目指します。

「立命館西園寺塾」の講座概要

講座展開の骨格

講座展開の骨格

講義のタイムスケジュール
<基本パターン>
  • 13:00~14:30 講義
  • 14:45~17:00 質疑応答・ディスカッション

2018年度 開催スケジュール

講義・フィールドワーク
開催予定日
講師・訪問先など
課題図書・レポート課題
4月21日(土)~22日(日) 開講式 @京都
奈良フィールドワーク(1泊2日) 立命館大学 教授 本郷 真紹
▼特別講義<西園寺 裕夫>
『元老西園寺公望―古希からの挑戦』 伊藤之雄【著】文春新書
▼特別講義<本郷 真紹>・奈良フィールドワーク
『天皇の歴史2 聖武天皇と仏都平城京』 吉川真司【著】講談社学術文庫
稲盛生き方コース(5月~)
講義・フィールドワーク
開催予定日
講師・訪問先など
課題図書・レポート課題
5月12日(土) 金丸 泰輔(日本経済新聞社 京都支社長)
『安藤忠雄 仕事をつくる―私の履歴書』 安藤忠雄【著】日本経済新聞出版社
5月19日(土) 山下 範久(立命館大学国際関係学部 教授)
『デジタルエコノミーはいかにして道を誤るか 労働力余剰と人類の富』
 ライアン・エイヴェント【著】東洋経済新報社
5月26日(土) 安田 洋祐(大阪大学大学院経済学研究科 准教授)
『資本の世界史 資本主義はなぜ危機に陥ってばかりいるのか』
 ウルリケ・ヘルマン【著】太田出版
『ゲーム理論はアート 社会のしくみを思いつくための繊細な哲学』 松島斉【著】日本評論社
6月2日(土) 薮中 三十二(立命館大学国際関係学部 客員教授・元外務事務次官)
『日本の針路―ヒントは交隣外交の歴史にあり』 薮中三十二【著】岩波書店
6月16日(土) 小川 さやか(立命館大学大学院先端総合学術研究科 副研究科長)
『実践日々のアナキズム ―世界に抗う土着の秩序の作り方』
 ジェームズ・C.スコット【著】清水展・日下渉・中溝和弥【訳】岩波書店
『「その日暮らし」の人類学 ―もう一つの資本主義経済』 小川さやか【著】光文社
6月23日(土) 堂目 卓生(大阪大学大学院経済学研究科 教授)
『アダム・スミス―「道徳感情論」と「国富論」の世界』 堂目卓生【著】中公新書
6月30日(土) 出雲 充(株式会社ユーグレナ 代表取締役社長)
『経営学』 小倉昌男【著】日経BP社
『ムハマド・ユヌス 自伝 上・下』
 ムハマド・ユヌス/アラン・ジョリ【著】猪熊弘子【訳】早川書房
『ロケットボーイズ 上・下』 ホーマー・ヒッカム・ジュニア【著】武者圭子【訳】草思社
※参考:映画「遠い空の向こうに」ジョー・ジョンストン【監督】
(原作『ロケットボーイズ』)
7月7日(土) 垣内 俊哉(株式会社ミライロ 代表取締役社長)
『バリアバリュー 障害を価値に変える』 垣内俊哉【著】新潮社
7月13日(金)~15日(日) 九州フィールドワーク(2泊3日)
『極上の酒を生む土と人 大地を醸す』 山同敦子【著】講談社
『混ぜる教育 -80カ国の学生が学ぶ立命館アジア太平洋大学APUの秘密』
 崎谷実穂・柳瀬博一【著】日経BP社
7月21日(土) 入交 昭一郎(有限会社入交昭一郎 代表取締役)
『リーダーシップの旅 ―見えないものを見る』 野田智義・金井壽宏【著】光文社新書
7月28日(土) 石塚 邦雄(株式会社三越伊勢丹ホールディングス 特別顧問)
『自由からの逃走』 エーリッヒ・フロム 【著】日高六郎【訳】東京創元社
『人工知能の核心』 羽生善治【著】NHK出版
『日の名残り』 カズオ・イシグロ【著】土屋政雄【訳】中央公論社
『われ敗れたり- コンピュータ棋戦のすべてを語る』 米長邦雄【著】中央公論新社
8月4日(土) 大田 嘉仁(元 京セラ株式会社取締役執行役員常務)
『JAL再生―高収益企業への転換』 引頭麻実【編】日本経済新聞出版社
『稲盛和夫の実学―経営と会計』 稲盛和夫【著】日本経済新聞出版社
『心を高める、経営を伸ばす』 稲盛和夫【著】 PHP研究所 新装版
梅原文明コース(10月~)
講義・フィールドワーク
開催予定日
講師・訪問先など
課題図書・レポート課題
10月13日(土) 山口 周(コーン・フェリー・ヘイグループ シニア・パートナー
     一橋大学経営管理研究科非常勤講師、株式会社ライプニッツ代表)
事後課題:『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』 山口周【著】光文社
10月27日(土) 川勝 平太(静岡県知事)
『文明の海洋史観』 川勝 平太【著】中公文庫
『日本思想の古層』 梅原 猛、川勝 平太【共著】藤原書店
11月10日(土) 中川 毅(立命館大学総合科学技術研究機構 教授・古気候学研究センター長)
『禁断の市場フラクタルでみるリスクとリターン』
 ベノワ・B・マンデルブロ、リチャード・L・ハドソン【共著】東洋経済新報社
『チェンジング・ブルー 気候変動の謎に迫る』 大河内 直彦【著】岩波現代文庫
11月17日(土) 松井 孝典(千葉工業大学惑星探査研究センター 所長・東京大学 名誉教授)
『文明は<見えない世界>がつくる』 松井孝典【著】岩波新書
11月23日(金)~25日(日) 京都フィールドワーク(2泊3日)
 上賀茂神社・西本願寺 特別拝観、光悦寺・高台寺 拝観
 池坊専好先生による講義・華道体験
 畑元章様による講義・組香体験(松栄堂)、法話・座禅体験(建仁寺・霊源院)
 植治 次期十二代 小川勝章先生による講義・お庭見学(平安神宮)
 裏千家 倉斗宗覚先生による講義・お茶席 など
『花戦さ』 鬼塚忠【著】角川文庫
12月1日(土) 中島 岳志(東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 教授 )
『ナショナリズム ― その神話と論理』 橋川文三【著】ちくま学芸文庫
『アジア主義 西郷隆盛から石原莞爾へ』 中島岳志【著】潮文庫
12月15日(土) 東長 靖(京都大学大学院 アジア・アフリカ地域研究研究科 教授)
『イスラームのとらえ方』 東長靖【著】 山川出版社
『イスラーム神秘思想の輝き―愛と知の探求』 東長靖・今松泰【著】*1
 *1:前半部分にある東長先生部分(序章~第3章)のみ
『スーフィー ― イスラームの神秘主義者たち』
 ティエリー・ザルコンヌ【著】東長靖【編】遠藤ゆかり【訳】創元社
12月22日(土)~23日(日) 福島フィールドワーク 開沼 博(立命館大学准教授)
『はじめての福島学』 開沼博【著】イースト・プレス
『福島第一原発廃炉図鑑』 開沼博 他【著】太田出版版
1月12日(土) 木村 幹(神戸大学大学院国際協力研究科 教授)
『日韓歴史認識問題とは何か』 木村幹【著】ミネルヴァ書房
『だまされないための「韓国」』 浅羽祐樹、木村幹、安田峰俊【著】講談社
1月19日(土) 川島 真(東京大学 教授)
『中国のフロンティア――揺れ動く境界から考える』 川島真【著】岩波新書
『21世紀の「中華」- 習近平中国と東アジア』 川島真【著】中央公論新社
1月26日(土) 中島 隆博(東京大学 東洋文化研究所 教授)
『ホモ・デウス:テクノロジーとサピエンスの未来 上・下』
 ユヴァル・ノア・ハラリ【著】河出書房新社
2月2日(土) 修了式

※お役職は、ご講演いただいた当時です。

「立命館西園寺塾」募集要項へ


文字サイズ