Ritsumeikan Tokyo Cumpus

講座案内

2020年度 孔子学院中国語講座

主催:立命館孔子学院

はじめに

 立命館孔子学院は、年間約80クラスの中国語講座や、発音・文法を中心とした弱点克服講座を実施するほか、中国理解講座、中国語スピーチコンテストの開催、各種講演会、中国現地における語学研修の実施や中国への留学支援にも積極的に取り組み、中国語を習得したい方、中国をもっと知りたい方をサポートしています。
 立命館孔子学院東京学堂でも入門者から上級者まですべてのレベルに対応した中国語講座を開講しています。職業も学習動機も様々な老若男女数名が週一度ひとつの教室に集い、ともに中国語を学ぶというのは得がたい経験です。ぜひ受講をご検討ください。

募集概要

        
定員初級Ⅰ各クラス12名(先着順)
初級Ⅱ
準中級Ⅰ
準中級Ⅱ
中級
準上級
上級
チャレンジHSK4級
対象初級Ⅰ
・初学者
・学習経験はあってもほとんど忘れた方
・発音の基礎からもう一度学びなおしたい方
初級Ⅱ・中検準4級~4級をめざすレベル
・学習歴1年(50時間~100時間)程度
・発音を一通り習いピンイン、声調を理解している方
準中級Ⅰ
・中検4級~3級をめざすレベル
・学習歴2年(100時間~150時間)程度
・基礎的な中国語を習得した方
準中級Ⅱ・中検3級をめざすレベル
・学習歴3年(150時間~200時間)程度
・基礎的な中国語を応用・活用する力をつけたい方
中級・中検3級~2級をめざすレベル
・簡単な日常会話、基本的な文章の読み書き、聞き取りができる方
準上級・中検2級をめざすレベル
・日常的な話題の会話ができ、やや高度な文章を読み、
 準中級レベルの文章を書くことができる方
上級
・中検準1級をめざすレベル
・日常的な話題の会話は習熟しており、より高度な内容の
 会話(ディベート)、読解、文章作成能力を身につけたい方
チャレンジHSK4級
・HSK4級の受験を考えている方
・HSK4級合格に必要な語彙、文法、読解力などを習得したい方

講座内容

・チャレンジHSK4級は前期のみ全14回、その他は各クラス1年間かけて学ぶ「通年制」(全28回=前期14回+後期14回)です。
・チャレンジHSK4級はじめ後期から新規に開講する講座につきましては7月頃にあらためて募集概要を発表します。
・「通年制」の各クラスは、定員に余裕がある場合、後期に追加募集をおこないます。


■基礎講座
 中国語の基礎を学ぶ講座です。レベルや学習目的に応じてお選びください。
中国語・初級Ⅰ
木曜クラス

中国語の入門クラスです。中国語の発音はとても大切です。伝わる中国語を目指し、前期は発音記号(ピンイン)の読み方を学びながら発音の基礎をしっかり作り、会話につなげていきます。一冊の教科書を2年間をかけてじっくり学んで中国語の基礎を固めます。テキストでは日常出会える様々な場面が設定されています。同じような場面に出会ったとき教科書のフレーズが口をついて出るように繰り返し練習をします。

詳しくはこちらをご覧下さい。PDF
中国語・初級Ⅰ
金曜クラス

発音の基礎を復習し、ピンインに対する理解を深めながら、実践的な会話につながるよう練習をしていきます。
発音の復習が終わった課から、毎課解説をしたのちに発音、実践練習をします。楽しく続けられる基礎をつくりましょう。

詳しくはこちらをご覧下さい。PDF
中国語・初級Ⅱ
水曜クラス

本講座では、初級Ⅰで学んだ基礎知識を土台に、日常よく使う表現と初級文法を学びます。基礎知識に多少差のある方も心配いりません。すでに学んだ箇所を復習しながら、無理なく着実に会話力を高めていきます。また、発音の基礎を復習しながら、たくさん声に出して練習します。会話を通して基礎を固め、応用力を鍛えていきます。中国語で自分の気持ち・ニーズを伝えることができ、中国語母語話者と身近な話題について会話のキャッチボールができることを目指します。

詳しくはこちらをご覧下さい。PDF
中国語・初級Ⅱ
木曜クラス
詳しくはこちらをご覧下さい。PDF
中国語・準中級Ⅰ

この講座は、初級で基礎的な中国語力を身につけた方が、さらなる中国語力を身につけ、1年間の学習を終えた時には、中国語で簡単な日常的コミュニケーションができるようになることを目標としています。対話体に記述体を加えた形式の本文で、初級段階で学習していない文法項目を補いながら、リスニングとスピーキングも強化していきます。中国の文化を取り入れた本文で語彙力を増やし、それらを使って表現できるように練習します。

詳しくはこちらをご覧下さい。PDF
中国語・準中級Ⅱ

本講座では初級で学んだ言語知識を土台に、さらに一歩発展した文法や表現を学び、自分に必要な表現を増やすと同時に、中国語でのコミュニケーション能力の養成に重点を置きます。中国の様々な社会現象について、中国語で考え、中国語でディスカッションすることによって、相手の気持ちを理解し、分かりやすい発音で自分の考えを伝える能力を身につけていきます。

詳しくはこちらをご覧下さい。PDF
チャレンジHSK4級

中国の基礎文法を一通り習ったが、まだ上手く活用できない、もっと自由に言いたい話を口にしたい、少しでも中国人の普通の話を聞き取りたい・・・・と思う人は少なくないはずです。さあ、初心に戻って、もう少し高い目標に向けて、一緒に頑張りましょうか。HSK4級レベルに相応しい聴解と読解の練習を焦らずにじっくりおこないます。クラスメートと互いに刺激しあうように、発表したり、会話したりして、自分なりに進歩しましょう。

詳しくはこちらをご覧下さい。PDF


■発展講座
 基礎を学び終えた中級者~上級者向けの講座です。長く学習されている方にもおすすめです。
中国語・中級
火曜クラス

本講座では、「聞く、話す、読む、書く」という四技能をバランスよく学び、初級で習った内容を復習しつつ、さらなるレベルアップを目指します。一課の内容は、単語、文法、本文、練習問題という流れですが、少し予習していただくと著しい学習効果がえられます。まずリズムよく読む練習をしたうえで、本文内容をしっかりと理解し、応用会話、リスニング練習など総合的に学んでいきます。ミニ発表なども含め、なるべくアウトプットの練習を多く取り入れる予定です。

詳しくはこちらをご覧下さい。PDF
中国語・中級
水曜クラス

今までに学んできた基礎を確認しながら、さらに一歩進んで、中国語の深みをのぞいてみましょう。いずれの段階においても、中国語発音練習は必要です。適宜プリント等配布しますので、息抜きがてら練習をしていきます。

詳しくはこちらをご覧下さい。PDF
中国語・準上級

準上級では、中検準一級合格レベルを目指し、一般的な生活で自由に中国語を使いこなせるようになることが目標です。中国社会の時事問題を取り扱ったテキストを使用し、本文の暗記、朗読を通して正しい発音・文法を身につけられるように指導します。その他、穴埋め問題でリスニング力を養い、練習問題の中国語訳、また各課の終わりにその本文の内容に関して中国語でディベートを行い、複文での表現ができるように練習します。

詳しくはこちらをご覧下さい。PDF
中国語・上級

中国の基礎文法を習って、まだ上手く活用できない、もっと自然に、自由に言いたい話を口にしたい、中国人の普通の会話を聞き取りたい、或いは中国で滞在した経験を持ち、折角身につけた中国語のレベルが後退しないようにしたい・・・・と思う人はこのクラスには多数いらっしゃる。中国の時事話題の本文を朗読したり、毎週のリアルな話題を話したり、作文の宿題をお互いに確認したり、本文に関連する感想文を発表したりして、一層中国語らしいレベルに向かいます。

詳しくはこちらをご覧下さい。PDF

講師紹介

  • 李振溪(日本外国語専門学校、跡見学園女子大学、日本大学などの語学非常勤講師)
  • 馮曰珍(東京学芸大学、日本女子大学、独協大学等で中国語を教える)
  • 楊敏(早稲田大学、東洋大学にて非常勤講師として言語教育に携わる)
  • 承春先(昭和女子大学、大東文化大学で中国文化史、中国語などを教える)
  • 金子真生(専門学校、大学等で中国語を教える、通訳翻訳にも携わる)
  • 金鮮栄(神田外語学院、日中学院にて中国語を教える)

申込方法

申込受付は 2020年2月1日(土)正午 開始です。 


立命館孔子学院の中国語講座へのお申込は、下記リンク(URL)よりお願いいたします。

また、講座に関するお問合せは、立命館孔子学院事務局までお願いいたします。

立命館孔子学院事務局
TEL  075-465-8426
FAX
 075-465-8429
MAIL  koza@st.ritsumei.ac.jp
URL  http://www.ritsumei.ac.jp/confucius/lecture/リンク
開室時間  火~土曜日 10:00~17:00(11:30~12:30はお昼休み)
 ※日・月・祝日はお休み、その他夏季、年末年始は休業します。
   また事業の都合により閉室する場合があります。